『高血圧をもっと下げる新常識(笠倉出版社)』(渡辺尚彦著) 誰もが気になる「血圧」。今大きく注目されているのが「血圧サージ」という血圧の急上昇現象です。高血圧サージとは、普段から血圧が高めの人はもちろん、正常な人にも起こる現象で、脳卒中の発症率が倍以上にまで上 血圧を下げる方法を独自の視点でたくさん紹介してくれる「ためしてガッテン!」今回は「ためしてガッテン!」で紹介した血圧を下げる方法を4つまとめてみました。・ダッシュ食を食べる・タオルグリップ・超簡単!減塩方法・お酢で血圧を下げる 『誰でもスグできる! その結果、ソバ茶、ドクダミ茶、柿の葉茶、杜仲茶、ハブ茶の5つが、特に高血圧に効くお茶として定評があることが分かりました。 ソバ茶、ドクダミ茶、柿の葉茶、杜仲茶、ハブ茶。この5つのお茶に絞って、詳しく効果を説明していきます。 甘いものの食べ過ぎは体に良くないといわれますが、一方で疲労回復や血圧低下を促す役割のある食材もあります。 たとえば、「ピーナッツ」です。毎日皮付きピーナッツを20粒食べると血圧が8mmHg下がるという研究結果があります。 また、おやつを食べるなら血圧を下げてくれる「チョコレート」 … 昔は低血圧だったのに歳を取るとともに高血圧に・・・・そんな人多くないですか?私も私の母も若い頃は低血圧だったけれど今は高血圧です。そこで血圧を下げる飲み物を長く続けられる順にランキング形式で紹介していきます。血圧を下げる飲み物をランキングで まずは、高血圧に効果的といわれる飲み物を解説していく。 2-1.緑茶(その他お茶) 緑茶または、ウーロン茶を毎日120ml飲むことを、1年以上続けると高血圧の発症リスクが低くなるという報告がある。 血圧をぐんぐん下げる 200%の基本ワザ(日東書院本社)』(渡辺尚彦著), 「塩分摂りすぎ」をおいしく解決!「減塩」無理なく続く食事のコツ&レシピ7選【2020年最新版】, "ミスター血圧"医師が直伝!血圧を下げる「最強の生活習慣」おすすめの食べ物・飲み物をズバリ解説, ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪, 業スーも100均も脱帽【西友69円均一】最強説「まさかの夕飯センター獲得?」斜め上ポテチ5選, 【金運に嫌われる人】意外な5大特徴を発見!1,000人取材の最終結論「お金が貯まらない理由」, 大人気で早くも第3弾【GU】神コラボ爆誕「この冬絶対欲しい!最新型45連発」トレンド爆上げ, 意外と間違ってる!「マスクの表裏」どっちが正解?「正しい付け方・NGな使い方」をおさらい, 【10月21日抽選】シャープ「マスク」応募は10月20日正午締切り!小さめサイズが登場, 300個爆売れも!ダイソー&3COINSで今こそ欲しい「マスクケースBEST12」看護師さんも愛用中!, ガンコな「内臓脂肪」は頑張らなくても減らせる!日常生活で効果的な運動・食べ物まとめ, 【洗えるマスク最終結論】「おしゃれすぎ!無印」「安すぎ!ドンキ」「100回洗える」本命8連発, 「マスクで耳が痛い」なんとかして〜(涙)新たなストレス解消!みんなの役立ちアイデアBEST5, 100回洗える「1枚150円」がバカ売れ!ユニクロ・無印・イオン「今話題!洗えるマスク17選」, 味付け一発!万能調味料「キムチの素」は鍋だけじゃない!お手軽すぎ「意外&絶品アレンジ」9連発, マンネリ&献立づくりの救世主!“家にある食材入れるだけ”で絶品♪「#ごちそうスープ」バリエBEST6, 今「お米マニア」が急増中!?【全国のご当地銘柄米】をこだわりの炊き分け!「究極おいしい食べ方BEST5」. 『血圧を下げる最強の方法(アスコム)30年間×24時間 自分の血圧を測り続けている専門医だからわかった正しい降圧法』(渡辺尚彦著) 特に高血圧改善に定評がある5つのお茶について紹介しましたが、どれを飲むか決まりましたか? 2.高血圧に効果的といわれる飲み物. 解毒作用があるのでニキビや吹き出物の改善・アレルギー疾患・皮膚病・蓄膿症にも効果があります。また、代謝を促進する作用により肥満防止にも効果的です。, カキは果実を食べるだけでなく、種、ヘタ、葉に健康効果があることが古くから知られ、活用されてきました。, また、もう一つの大きな特徴はビタミンCがレモンの約10~20倍と豊富に含まれていること。, このビタミンCはプロビタミンCというビタミンCになる前のもので、熱に強いのでお茶にしても壊れません。, ※この他にも、肌荒れ改善、脳卒中予防、抗菌作用、眼底出血の改善、蛇の毒の解毒などにも効果があります。, 高血圧改善から、便秘解消(整腸作用、緩下作用)、更年期障害まで、効果は広範囲に及びます。, 主成分のアントラキノン誘導体にコレステロール低下作用や抗酸化作用があるので、血圧を正常に戻し、高血圧を改善する効果があります。, また、眼の疲れや充血を取り、眼に活力を与えるお茶です。これは、便秘解消・利尿作用により体毒をすみやかに排出することで肝臓への負担を減らし、肝機能を向上させ目に活力がでるというわけです。, エビスグサの種を使ったものと、ハブソウの種を使ったものが市販されていますが効果は同じです。, ※この他にも、便秘解消作用により肌荒れ解消や腎臓強化にも効果があります。また利尿作用によって尿酸が排出されるので疲労回復、むくみにも効果的です。二日酔い防止、肩こり緩和などにも。, 現在主に流通しているハブ茶はエビスグサの種を使ったものですが、小粒のほうが成分的に優れています。. 緑茶に含まれるポリフェノール酸に強い抗酸化作用があり、血管の老化を防いだり、血管を詰まらせる原因になる悪玉コレステロールを減らしたりする効果があること。, 緑茶に含まれるカテキンには、血管の収縮や血圧の上昇に関わる酵素の働きを抑える働きがあること。また緑茶には、リラックス効果のあるテアニンという成分が含まれていて、緊張による血管の収縮を抑えることも理由と考えられています。, 杜仲茶(とちゅうちゃ)は、中国原産の落葉樹の一種で、杜仲の葉を乾燥し、煎じたお茶のこと。漢方薬の材料にも使われます。, 杜仲茶(とちゅうちゃ)には、副交感神経を刺激するゲニポシド酸という物質が多いため、副交感神経を活性し、神経をリラックスさせて血管を広げる働きがあります。さらにゲニポシド酸には動脈硬化を防ぐ働きもあります。, もうひとつ注目したいのが「ギャバ茶」。ギャバ茶は、緑茶の一種で、アミノ酸を多く含みます。, 抑制系の神経伝達物質として働くため、高めの血圧を改善する作用が確認されています。また、杜仲茶(とちゅうちゃ)と同様に、副交感神経を活性します。, 「血圧 お茶」と検索すると、効果の予測されるお茶がたくさん出てきますが、「植物由来が血圧を下げる」といった因果関係は、研究の途上です。もしかしたら、これから新たな発見が出てくるかもしれません。, 血中の水分が不足すると血液中の水分が減り、濃縮されて流れにくくなり、高血圧や動脈硬化の原因になります。とはいえ、一度にたくさん飲んでも必要な量以上は排出されてしまいますので、1回200ml前後を2時間おきくらいに飲むといいでしょう。, ただの水でもいいのですが、日本の水は欧米の水に比べてミネラルが少量しか含まれていない、いわゆる「軟水」がほとんど。, 血液中のナトリウムの濃度が高い状態となっている高血圧の人は、ミネラルバランスを整えて、この状態を改善することが必要なため、できれば、マグネシウムやカルシウムの含有量が豊富な「硬水」がおすすめです。, 甘酒にも降圧効果があります。甘酒に含まれるポリペプチドという成分が、強力な昇圧ホルモンの生成を抑える作用があり、その結果、血圧を拡張させて血圧をさげてくれます。, お酢に含まれる「酢酸」に血管を広げる働きがあり、お酢を飲むと血圧の上昇を抑えることができます。, お酢は、そのままだと内臓への刺激が大きいため、酸味のまろやかなリンゴ酢などを使い、お酢を水やお湯などで薄めたお酢ドリンクを作って、毎日飲むといいでしょう。, コーヒーを飲むと、血圧は一時的に少し上がります。これは主にカフェインが交感神経を刺激するためです。ただしその状態が続くのは通常1時間以内で、繰り返し摂取すると身体に慣れ(耐性)が生じ、血圧の変化は小さくなるため、必ずしも高血圧に大きな悪影響があるとはいえないとされています。, ただし飲みすぎはカフェインや糖分の過剰摂取につながるため、注意しましょう。適量を心がけるようにしてください。, アルコールと高血圧の関係はよく知られていますよね。お酒の飲み過ぎは、それ自体が血圧を上げるとともに、降圧薬が効きにくい「治療抵抗性高血圧」の原因にもなります。健康な人や高血圧の患者さんを対象とした研究でも、アルコールによって血圧が上昇し、飲酒を制限すると血圧が下がることが報告されています。, またアルコールそのものの悪影響に加え、アルコール飲料によるカロリーが高血圧を悪化させる肥満の原因になったり、つまみの塩分が血圧上昇の要因となったりする点からも注意が必要です。, 一方、アルコールは、適量であればリラックス効果も期待できます。飲酒している時期の血圧は、飲酒を制限している時期と比べて、日中は高くても夜間は逆に低く、24時間の平均値はほとんど変わらないという報告もあるほど。摂りすぎは良くありませんが、あくまでも「適量であればOK」。, ただし、急激な温度の変化は交感神経を強く刺激するため、末梢血管が収縮して、血圧が上がるので注意が必要です。お酒を飲むときは、キンキンに冷えたビールは避け、人肌ぐらいのぬるめの日本酒がおすすめです。, 私たちは、お水にお茶、コーヒー、ジュース、お酒など、様々な飲み物を口にしています。, 飲み物は、調理が必要な食べ物と比べれば、暮らしの中で取り入れやすいものです。普段から血圧を意識する飲み物を意識的に選んだり、決まった時間に飲むことをルールにしたりと、心がけ次第で血圧をコントーロールすることができます。, 【参考文献】 好みは人それぞれですが、一般的に飲みやすいと言われている順で並べてみましたので参考にしてください。, この5つのお茶は、基本的にはどれも飲みやすいです。ハブ茶とドクダミ茶が少しクセがある程度です。, いくつか健康茶の文献を見たところ、特に「杜仲茶」と「ソバ茶」が血圧降下の効果が強いようです。, ストレス解消・抗うつ効果のあるハーブティーを3つご紹介します。病院に行くほどでもないストレスを手軽にハーブティーでリラックスしましょう。. 「血圧を下げる飲み物」と聞くと、特定保健用食品(トクホ)のドリンクをイメージし、「毎日続けては摂りにくい」と感じているかもしれません。でも意外と、私たちにとって身近で毎日取り入れやすい飲み物の中にも、血圧を下げる効果が高いものが、実はたくさんあります。, 高血圧には、遺伝や生活習慣などさまざまな原因があります。たとえば、ストレス過多で交感神経が過敏に働いているため、血管が収縮して高血圧となっている場合は、飲み物だけでは改善は難しいものです。, ですから単純に「ある特定の飲み物を飲んだから下げることができる」と考えず、日常生活のさまざまな要因を見直すことも大切です。, また高血圧は、生活習慣が大きく関わっているため、血圧を下げる働きのある飲み物を気まぐれに時々飲むだけでは、大きな効果は期待できません。そのためにも血圧が高めな方は、「血圧を下げる効果がある」だけでなく、「毎日、手軽に飲み続けることができる」飲み物を選ぶことが重要なのです。, 台湾・国立成功大学による疫学調査で、「緑茶かウーロン茶を毎日120ml(湯のみ1杯程度)、1年以上飲み続けている人は、高血圧の発症リスクが低い」という結果が発表されています(※)。, この調査によると、お茶を1日に120ml〜599ml飲む人は、お茶を飲む習慣がない人に比べて、高血圧の発症リスクが46%低かったそうです。さらにお茶を1日に600ml以上飲む人の場合は、65%も同リスクが低かったのだそう。, これには、いくつかの理由が考えられます。 「血圧を下げる飲み物」と聞くと、特定保健用食品(トクホ)のドリンクをイメージし、「毎日続けては摂りにくい」と感じているかもしれません。でも意外と、私たちにとって身近で毎日取り入れやすい飲み物の中にも、血圧を下げる効果が高いものが、実はたくさんあります。 東京医科歯科大学教授の藤田紘一郎 著「健康茶入門」や、「からだにいいお茶のすべて(大森正司 著)」などの専門書籍を引用しつつ紹介します。, 高血圧になると、血管に負担がかかって動脈硬化を起こしやすくなったり、ポンプ役の心臓に障害を起こしてしまいます。, このような高血圧症には、以下の成分を含むお茶が良いと「からだにいいお茶すべて(大森正司 著)」、「健康茶入門(藤田紘一郎 著)」に書かれています。, 例えば、フラボノイドの一種である「ルチン」は、毛細血管を丈夫にし血管を拡張して血流をスムーズにするので、血圧を安定させ、高血圧に効果があります。, 私たちがよく飲む煎茶などの緑茶にも、タンニンやγ-アミノ酸が多く含まれるので、おすすめです。, この4冊の専門書籍で「血圧を下げる」と紹介されていたお茶を、一覧表にまとめました。, そこで、4冊のうち3冊以上で「血圧を下げる効果がある」と紹介されているお茶をピックアップしました。, その結果、ソバ茶、ドクダミ茶、柿の葉茶、杜仲茶、ハブ茶の5つが、特に高血圧に効くお茶として定評があることが分かりました。, ソバ茶、ドクダミ茶、柿の葉茶、杜仲茶、ハブ茶。この5つのお茶に絞って、詳しく効果を説明していきます。, ソバは、良質のたんぱく質を多く含み、必須アミノ酸のトリプトファン、リジン、ルチンが含まれているのが特長です。, 特にフラボノイドの一種であるルチンは、毛細血管を丈夫にし、血管を拡張して血流をスムーズにするので、血圧を安定させ、高血圧に高い効果があります。, また、最近ではダッタンソバが普通のソバの約80倍のルチン、ケルセチン(抗酸化作用がある)を含んでいることが分かりました。, ダッタンソバ茶は苦味がありますが、高血圧の方はできれば普通のソバ茶よりダッタンソバ茶を選びたいですね。, 岡山にある創業昭和6年の昔ながらのお茶専門店「ほんぢ園」のダッタンそば茶が、人気でおすすめです。国産100%だし老舗なので安心です。, ※その他にも、末端冷え性改善(ルチンの血流促進作用により)、肥満予防(ミネラル、ビタミンB1、B2がエネルギー代謝を促す)、糖尿病予防、疲労回復、心筋梗塞防止、脳卒中防止、免疫力強化の効果もあります。, 杜仲は、中国に生える落葉樹で、その樹皮は5大漢方薬の一つで不老長寿の強壮薬として使われてきました。, 杜仲の葉を裂くと、断面が粘って白い糸が引きます。このいかにも体に効きそうな粘液質こそグッタペルカという血圧降下や血管強化に強い効果がある物質で、高血圧や動脈硬化の改善効果があります。, また、発ガンのもとになる細胞突然変異を抑制する作用があるので、がん予防の効果もあると言われています。, ドクダミは古くから民間薬といて使われ、効果が広範囲に及ぶため、 “十薬” と呼ばれています。, クエルシトリンとイソクエルシトリンの血圧降下作用と利尿作用により、高血圧にも効果があります。, また、主な作用として抗菌・抗カビ作用や、体の熱や毒を排出する作用があり、インフルエンザなどの感染症の予防、アレルギー疾患、皮膚病などにも効果的。, ※その他にも、