どんぐりは種類によって、花が咲いた年の秋に実を結ぶもの(1年成)と、花の翌年の秋に実を結ぶもの(2年成)がある。1年成にはブナ・コナラ・シラカシ・クリ、2年成にはクヌギ・アカガシ・スダジイ・マテバシイなどがある。 どんぐりの中身が虫食いされる確率は、その木の種類にもよります。どこにでも見かけるクヌギのどんぐりが、一般的に多くの割合で虫食いされています。クヌギの木の周辺に落ちているどんぐりの80%程度が虫食いである場合があります。 クヌギ (Quercus acutissima) は、ブナ科コナラ属の落葉高木。古名はつるばみ[1]。漢字では苗字などを含め、櫟、椚、橡、栩、椡、㓛刀、功刀などと表記する。 クヌギの語源は国木(くにき)または食之木(くのき)からという説がある[2]。 食べられるどんぐりの種類は?一口に『どんぐり』と言っても、その種類はかなり豊富です。日本に自生するものだけでも20は軽く超えます が、食べられるどんぐりの種類は何かと問われると・・・答えはズバリ、 全部 食べられます! どんぐりの大きさや種類によって、揺れ方の違いも楽しめる さーて、誰が1番長く持っていられるかな!? 詳細はこちら 6. 子どもにとって地面に落ちているどんぐりは、まるで宝物!皆さんも子どものころに夢中になって拾った覚えがあるでしょう。ところで、いろいろあるどんぐりの見分け方をご存知ですか?日本に20種類以上あるドングリの中から代表的な4種類と見分け方をご紹介します。 どんぐりの種類 日本では20種類近くのどんぐりがあることを 初めて知ったときは衝撃的でした。 木の種類によって分かれていて、 ブナ属 コナラ属 マテバシイ属 シイ属 大きさも違えば、 どんぐりの帽子も違います。 どんぐりの帽子とずっと言っていましたが、 どんぐりの実を付ける木にも多く種類がありますが、落葉樹と常緑樹に大別できます。落葉樹にはコナラ・ミズナラ・クヌギなどがあり、常緑樹にはアラカシ、シラカシ、マテバシイなどがあります。お近くの公園の木々をチェックしてみてください。