Cyclobalanopsis glauca var. ドングリ(団栗、無食子、英: acorn )とは、広義にはブナ科の果実の俗称 。 狭義にはクリ、ブナ、イヌブナ以外のブナ科の果実 。 最狭義にはブナ科のうち特にカシ・ナラ・カシワなどコナラ属樹木の果実の総称をいう 。. さて、ニッポンのどんぐり、いくつ知っているだろうか!, “どんぐり”って、植物のどの部分にあたるもの? 種子? いえいえ、どんぐりはいわゆる果実にあたる部分のことで、正確には「堅(けん)果(か)」と呼ばれる部分のこと。秋の味覚としてよく知られているクリもどんぐりの一種、といえばわかりやすいかもしれない。一般的には食用としてオススメできるどんぐりは多くはないが、リスやクマの大好物といえばうなずく人も多いだろう。, 植物学的には、ブナ科(とくにコナラ属)植物の果実(堅果)の総称。大きさや形状には樹種によってそれぞれ微妙な違いや特徴があるが、基本的には先端が尖った細長い「堅果」を「殻(かく)斗(と)」(「斗」は、ひしゃく状の器という意味)と呼ばれるお椀状の殻が覆っている。, 一般的にどんぐりの種類を見分けることはとても難しい。どんぐり自体から樹種を判別するよりも、木自体、さらには葉っぱを見て判断するほうがわかりやすい。素人目で判別できるのは「属」の違い。植物学的にどんぐりを分類すると、ブナ科「ブナ属」「クリ属」「コナラ属(コナラ亜属・アカガシ亜属)」「シイノキ属」「マテバシイ属」となる。樹種を判別するのはとてもハードルが高いが、「属」を見分けることは比較的わかりやすいだろう(以下の表組内特徴参照)。また、「ブナ属」「クリ属」「コナラ亜属(ウバメガシを除く)」は落葉広葉樹で、「アカガシ亜属」「シイノキ属」「マテバシイ属」と「コナラ亜属」のウバメガシは常緑広葉樹。こんなところもどんぐりの樹種を見分けるヒントとなる。, どんぐりの種類は、日本固有種で22種(交雑種や変種、亜種などを含めるとさらにある)。分布域は北海道から沖縄まで、樹種によっては広範囲にまたがっている。こんなどんぐり、知っているようで知らないことがたくさあるのではないだろうか。以下の表とイラストのどんぐりと葉っぱを参考にして、ぜひ身近なフィールドにどんぐりを探しに行ってみよう。これまでとは違ったどんぐりの世界が見えてくるはず!, どんぐり:1年成。三角錐形状の堅果を、イソギンチャク状の殻斗が全体的に覆っている。落下すると殻斗が4つに分裂し、中に堅果が2つ。堅果には油脂が多く含まれており、冬眠前の動物の格好の食料となる。, 葉:黄色く紅葉(黄葉)し、落葉する。外側はなめらかな線の波のような形が連続しており、側脈が7~11対前後ある。裏側は薄い緑色。, どんぐり:1年成。ブナ同様、堅果は三角錐形状だが、大きさはブナの3分の2ほどで、ソバの実に似ている。殻斗は短く、鱗片状。ブナと形がとても似ているが、殻斗から細長い柄が出ているので判別は容易。, 葉:ブナ同様、外側は滑らかな波のような線が連続しているが、イヌブナは裏側の葉脈に白い毛が生えており、さらに側脈も9~14対と多いので、判別はしやすい。, どんぐり:1年成。イソギンチャク状の鋭いトゲを持つ殻斗は、鱗片が発達したもの。小粒で甘く生で食せる「ヤマグリ」や「シバグリ」と俗に呼ばれているものが本来の野生種で、販売されているものは改良された園芸種。, 葉:薄くて長楕円形をした葉の外側には鋸歯があり、その先端にトゲがある。秋になると黄色く紅葉(黄葉)し、落葉する。, どんぐり:1年成。一般的に堅果は細長い楕円形をしており、いわゆるどんぐりの代名詞的存在。ただし、大きさは個体によってさまざまなので、判別・同定は難しい。鱗片状の短い殻斗が堅果を覆っており、ここが特徴。, 葉:外側全体的に鋸歯があり、長い葉柄があるのが特徴。裏側はやや薄いは白っぽい緑色。黄色や褐色、または真っ赤に紅葉して落葉する。, どんぐり:1年成。堅果は非常に濃い茶褐色で、どんぐりのなかでは大き目。一般的には本州で最も大きなどんぐりで、鱗片状の殻斗を有する。どんぐりのなかでも、いち早く根を出す種としてもよく知られている。, 葉:外側が全体的にウネウネとしており、裏側は薄い緑色。コナラとの見分け方は葉柄。ミズナラには葉柄がほとんどない。, どんぐり:2年成。堅果は非常に濃い茶褐色で、どんぐりのなかでは大き目。一般的には本州で最も大きなどんぐりで、鱗片状の殻斗を有する。どんぐりのなかでも、いち早く根を出す種としてもよく知られている。, 葉:ギザギザとしたトゲが葉の外側に並ぶ。クヌギに似ているが、アベマキの葉の裏側には星状毛が密集しており、かつ白っぽい薄緑色。, どんぐり:2年成。まん丸でダルマさんのような大きな殻斗と、堅果はウネウネとしたイソギンチャク状(鱗片が発達したもの)が最大の特徴。だが、アベマキもほとんど同様な形状なので、判別が難しい。, 葉:鋸歯状の細長い葉の外側には白いトゲが並んでいる。クリとよく似ているが、クリのトゲは緑色なので見わけられる。, どんぐり:1年成。クヌギやアベマキ同様、イソギンチャク状の殻斗を有すが、カシワのトゲは紙のように薄いうえ、とても柔らかいのが最大の特徴。堅果の頭部分がとんがっているのも判別する際のポイントになる。, 葉:ウネウネと波のような形状をした葉の外側が特徴。裏側は薄い緑色。落葉するが、次の新芽が出るまではほぼ落ちない。, どんぐり:1年成。鱗片状の底の浅い殻斗を持ち、堅果は大きな太鼓のような形をしている。堅果のてっぺんの部分が白い毛で覆われているので、判別しやすい。葉での判別が難しいので、どんぐりで判別したほうがわかりやすい。, 葉:外側はウネウネとした波のような形で、裏側は薄くて白っぽい緑色。カシワと似ているが、ナラガシワは鋸歯の先端がカシワよりも鋭い, どんぐり:2年成。浅くて小さな鱗片状の殻斗を持ち、すぐに脱げ落ちてしまうのが特徴。堅果はへその部分が非常に小さく、これも殻斗が脱げ落ちやすい要因となっている。堅果の先端部分の周囲には白い毛が生えている。, 葉:ブナ科のなかで最も小さい葉を有し、外側に小さなギザギザがあり、裏側に反り返っている。葉は堅く、乾燥に強い。, どんぐり:2年成。殻斗には輪層状(横島)の模様があり、ビロード状の毛で覆われている。形状は細長いものもあれば、丸みを帯びたものもあり、かつシラカシやツクバネガシとよく似ているので見わけにくい。葉に特徴があるので、葉で判別する。, 葉:葉の軸の部分である葉脈がとても長く、裏側にはっきりと見えるのが最大の特徴。外側にギザギザがなく、なめらかなカーブを描く。, どんぐり:2年成。アカガシ同様、輪層状(横島)の模様が殻斗にあり、ビロード状に毛が覆う。アカガシととても良く似ているが、最大の違いは縦の縞模様が堅果にあること。これが判別の最大の目印。また、カシ類のなかで最も堅果が大きい。, 葉:葉の外側の先端部分のみに鋸歯があり、テカテカとした緑色をしている。かなりはっきりとした側脈も特徴で、判別のポイント。, どんぐり:2年成。細長い楕円形嬢で、ラグビーボールのような堅果が一般的だが、なかには球状のものもある。小さくて浅い殻斗には輪層状(横島)の模様がある。殻斗は脱げ落ちやすく、落下しているものは別々の場合が多い。, 葉:名前の通り、葉の裏側が白っぽい。外側がウネウネと波打っており、どんぐりよりも葉の形状で判別するほうがわかりやすい。, どんぐり:1年成。殻斗にはだいたい6段ほどのはっきりとした輪層状(横島)の模様があり、毛は生えていない。堅果の半分程度を覆う大きな殻斗が最大の特徴なので、ここで判別するのがわかりやすい。, 葉:葉の外側には、見わけにくいほど小さなウネウネとした鋸歯がある。葉の裏側は、白っぽい薄い緑色をしている。, どんぐり:1年成。無毛の殻斗には、輪層状(横島)の模様がある。樽のような形状のものが一般的な堅果には、白い縦縞模様が入っている。1~2月といった冬季になっても落果させない個体もあり、どんぐりのなかで実りが最も遅い。, 葉:葉の半分あたりから上側だけがギザギザとした鋸歯状。表側は濃い緑色で、裏側は白っぽく、はっきりとした葉脈を持つ。, どんぐり:2年成。自生地が非常に狭い範囲に限定され種で、環境省レッドデータブックの絶滅危惧種に指定されている。輪層状(横島)の模様がある堅果は、樽型形状のものが多く、縦ジワがある。殻斗は、まさにお椀型。, 葉:名前の通り、細長い形状の葉を持ち、カシの仲間のなかでいちばん細長い。外側先端が鋸歯状。裏側はテカテカとした緑色。, どんぐり:1年成。ビロード状の毛で覆われた殻斗には、輪層状(横島)の模様がある。堅果の半分近くを覆っている。堅果にははっきりとした縦縞模様が入っており、先端部分に白い粉上のような毛が生えている。, 葉:葉の外側半分ぐらいから上がギザギザとした鋸歯。裏側は薄い白褐色で、綿毛が密生しているので判別しやすい。, どんぐり:2年成。最大の特徴は大きさで、日本でいちばん大きなどんぐり。本州に分布するウラジロガシとは大きさはもちろん、形状もまったく異なる。殻斗には横縞模様がある。とても珍しく、見つけるのが非常に難しい。, 葉:名前の通り、裏側は粉っぽい白い色をしていて、外側に緩やかなウネウネがある。長さが8~15cmほどあり、どんぐり同様大きい。, どんぐり:2年成。細長くて先の尖った堅果全体を殻斗が包んでおり、落下時期になると3つに裂ける。堅果は、アーモンドのような形状の三角錐型が一般的。個体差があり、なかには球形のものもある。, 葉:外側の先っぽ部分のみにわずかな鋸歯があり、先端が細く尖っている。その他は滑らか。裏側は白っぽく、主脈がはっきりとしている。, どんぐり:2年成。名前の通り、小粒でまん丸な堅果が特徴。どんぐりのなかでいちばん小さいその形状から「コジイ」とも呼ばれる。殻斗が堅果全体を包み込み、熟すと3~4つに裂けるところも大きな特徴。, 葉:裏側が白っぽく、先端が細く尖り、スダジイの葉とよく似ているが、外側はほとんど全部なめらかなカーブのラインを描く。, どんぐり:2年成。細長い砲弾型の堅果の形状が大きな特徴。殻斗は白いロウ状の物質が薄く付着している。非常に浅く脱げ落ちやすい。このふたつの特徴から、どんぐりのなかでも判別しやすいもののひとつ。, 葉:外側はギザギザがまったくない滑らかなカーブを描く。裏側は薄い緑色で、はっきりとした主脈を有する。, どんぐり:2年成。マテバシイ同様、殻斗の表面が粉を吹いたような白いロウ状の物質に覆われている。堅果の底(尻)の部分が少しへこんでいることから、尻深樫と名付けられた。落果直後の堅果は、磨くと光沢が出る。, 葉:葉もマテバシイ同様、外側は滑らかなカーブのライン。先端部分のみギザギザした鋸歯を有する個体もときどきある。.

一見どれも同じように思えるかもしれないが、じつは大きさや形など、それぞれに特徴がある。 Quercus glauca var. アラカシ【粗樫/ブナ科コナラ属/常緑広葉樹/ 分布:本州・四国・九州】 どんぐり:1年成。無毛の殻斗には、輪層状(横島)の模様がある。樽のような形状のものが一般的な堅果には、白い縦縞模様が … 島根県松江市のアラカシの花、果実、種子など季節毎の画像による生態を掲載しています。常緑高木。宮城・石川県〜九州の山野に生え、高さ約20mになる。樹皮は暗緑灰色。葉は互生し、長さ5〜13cmの長楕円形〜倒卵状長楕円形。ブナ科コナラ属 どんぐりを発芽させるのに一番大切な条件は、 乾燥させない こと。 木から落ちたばかりで、一度も乾燥していないドングリの発芽率は90%程度。 10個拾ってきたら、9個が発芽することになりますね。 Quercus glauca f. stenocarpa, アラカシ(粗樫、学名: Quercus glauca)は、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹。クロガシ、ナラバガシともいう。, 果実(堅果)は、いわゆるドングリのひとつになる。殻斗(ドングリの入っている台のような部分)は環状である。, 人里近くの雑木林に多く見られる。照葉樹林の構成種であるが、人為的攪乱にも強く、人手が入った二次林に特に多い。そのような森林は大体コジイとアラカシを中心とした森林になるが、極相ではタブノキなどが入るものと考えられる。照葉樹林そのものがほとんど残っていない場所でも、この種は比較的よく見られる。, 大きな木になると、樹皮の傷口から虫が入り、これにカブトムシやクワガタムシが集まることがあり、クヌギほどではないが、そのような昆虫を見るのによい木である。特にヒラタクワガタの大型個体が樹洞に棲むことが多く、愛好者にとって見逃せない木とされている。, National Center for Biotechnology Information, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アラカシ&oldid=78222092, 常陸太田市 : 高宮神社のアラカシ - 茨城県常陸太田市西河内上町877 高宮神社境内. 基本的にシラカシはアラカシに比べて葉が細いです。 しかし、生育環境や日照状況によっては、アラカシのように幅が広い葉になっていることがあるので、注意が必要です。 ALL RIGHTS RESERVED.

Cyclobalanopsis repandifolia

※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。, ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。. 伊藤ふくお『どんぐりの図鑑』北川尚史監修、トンボ出版、2001年、34-35頁。 ISBN 4-88716-144-1 。 いわさゆうこ『どんぐりハンドブック』八田洋章監修、 文一総合出版 、2010年、38-39頁。 Quercus glauca var. 日本で見ることのできる“どんぐり(ACORN)”は、日本固有種で22種といわれている。

kuyuensis Cyclobalanopsis glauca

Quercus glauca f. latifolia kuyuensis

COPYRIGHT © 2007-2020 OKAMURA CORPORATION. 【啓林館のどんぐりずかん(生活科/せいかつか)】8しゅるいの どんぐり を しょうかい するよ。ブナの きの なかまに なる みを どんぐりと いうよ。 どんぐりの みを まもっている おわんや ぼうしの ような ところを かくとと いうよ。 Quercus glauca f. elongata アラカシは、10月~翌年の2月ごろまでどんぐりをつけますが、そのどんぐりを発芽させて育てることができます。どんぐりを植える場合は、庭植えではなく鉢植えがおすすめです。どんぐりは根をよく張るので、建物の土台を侵食するおそれがあるからです。 アラカシの育て方成長早い・剪定に強い・ドングリがなる!雌雄異花・雌雄同株。痩せ地でも育ち、剪定に強いので生垣に利用されてきました。樹高が20mになるのですが、剪定すればそこそこに抑えることは十分可能。西日本以西で自生しよく見かけます。

どんぐりのなるアラカシの剪定は年に1~2回、時期と方法に気をつけておこないましょう。正しく剪定をおこなわないと、翌年に咲く花芽を落としてしまい実(どんぐり)を楽しむことができなくなってしまうからです。, 当記事では、アラカシの剪定時期や方法について解説していきます。また、どんぐりを使ってアラカシを増やす方法についてもご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。, アラカシは樹高が約10m~20mほどにもなる常緑広葉樹です。生け垣や街路樹としても広く使われています。アラカシは生長が早いので、放置していると枝葉が生い茂ってきてしまい、樹形が崩れるので剪定をおこなっていきましょう。この章ではアラカシの剪定時期や方法について解説していきます。, アラカシの剪定は、年に1~2回おこないましょう。剪定に最低な時期は6月~7月ごろと、11月~12月ごろです。とくに暖かく生長が落ち着く6月~7月は枝葉を強く刈り込んでも回復できますので、剪定をして樹形を整えておきましょう。, 生長が早く枝が込み合っている場合はもう一度剪定をしますが、真夏や真冬に剪定をするとアラカシは弱ってしまいます。そのため、2回目の剪定は秋におこないます。, 秋はこれから寒くなるので初夏ほど強くせず、不要な枝を取り除く軽めの剪定にしておきましょう。また、アラカシは8月ごろから花芽ができるので、秋の剪定では新しい芽を切らないように注意が必要です。新芽は、赤みがあるのが特徴です。, アラカシの剪定方法は刈り込みと枝抜きの2種類があります。基本的には刈り込みは初夏、枝抜きは秋におこなうとよいでしょう。, 刈り込みは、刈り込みばさみを使って伸びすぎた枝を切りそろえていく方法です。アラカシは比較的剪定に強いので、表面を刈り込んで樹形を整えていきましょう。, 枝抜きでは、内側の枝を減らしていきます。枝を減らすことで日当たりや風通しがよくなり、病気や害虫の予防にもなるのです。剪定ばさみを使って込み入った枝や葉や徒長枝を根元から切り落として取り除いていきましょう。徒長枝は、極端に勢いよく伸びた枝のことをいいます。徒長枝は樹形を崩すだけでなく、樹木の栄養分を奪ってしまうのです。, まず、刈り込みバサミでは切れない太い枝を切り落としておきましょう。直径2cm程度の枝は剪定ばさみで、それよりも太い枝は剪定のこぎりで切ります。枝は切り口が生け垣の表面から見えなくなるところで切りましょう。, 刈り込みばさみは両手で使いますが、片方の腕は脇を締めて固定し、もう片方の手を動かすようにするとブレずにまっすぐ切ることができます。また、刈り込みばさみの刃にはわずかに角度がついています。側面を刈るときは刃の傾きが手前向き、上面を刈るときには奥向きになるように柄を持つと、作業がしやすいでしょう。, 側面は下から上へと刈っていきます。木は上のほうの枝が伸びるのが早いので、下のほうは浅めに、上のほうは深めに刈り込むのがポイントです。上面を刈るときには生け垣の端から端へタコ糸などを張り、それを目安にして刈るときれいに平らに仕上げることができるでしょう。, アラカシの樹形を小さくしたいときは一気に小さくするのではなく、2年ほどかけて小さくしていくのがおすすめです。太い枝をバッサリと切り落とすと樹木への負担がかかってしまいます。少しずつ切って時間をかけて小さくするのがよいのです。, 1年目には徒長枝などの不要枝を取り除きます。2年目に樹形をイメージしながら枝を短く切り詰めていきましょう。また、樹形を崩してしまう太い枝は切り落としていきます。ただし太い枝は途中で切ると枯れるおそれがあるので、根本近くから切るようにしてください。, アラカシの枝はかたくて太いので、力が必要になる場合もあります。また、アラカシは樹高が高い木です。そのため剪定をするときにはしごなど使って作業しなければいけない場合があり、ケガをするリスクがあります。自分で剪定するのが難しいときは業者に依頼してみるのもよいでしょう。, 弊社では、アラカシの剪定に対応可能な業者のご紹介をおこなっております。お電話またはメールで24時間365日承っておりますので、お気軽にご相談ください。, アラカシは比較的育てやすいといわれています。しかし健康に育てていくためには、適した環境や発生しやすい病気や害虫なども知っておきましょう。, 日当たりがよく風通しのよい場所を好みます。また、水はけがよく栄養の豊富な土壌でよく育ちますので、赤玉土や腐葉土を混ぜた土で育てていきましょう。, 地植えの場合は降雨だけでも大丈夫です。しかし、植え付けたばかりのときには水やりをしたほうがよいでしょう。また、鉢植えの場合は土が乾いたら水やりをおこなってください。, 地植えの場合は、とくに必要ありません。与えるのであれば、2~3月に寒肥として油かすや骨粉など固形肥料を少量施すのがよいです。肥料の与えすぎは、根腐れをおこして枯れてしまう場合があるので注意しましょう。, 葉の表面に白っぽいカビが生える病気です。うどんこ病の発生しやすい時期は、5~6月、9~11月といわれています。うどんこ病を放置していると、光合成がうまくできなくなり、葉が枯れてしまうおそれがあります。予防対策として薬剤を散布したり、枝葉の整理をしたりするのが大切です。, テッポウムシはカミキリムシの幼虫で、幹のなかに入り込み食害する害虫です。テッポウムシの被害にあうと木は元気がなくなり、枯れることがあります。テッポウムシの被害があるかどうかは、アラカシの根元近くを確認してみましょう。もし侵入できるような穴があり、おがくずのようなフンがあればテッポウムシが発生している可能性があります。, アラカシの病気や害虫被害でお困りの際は、業者に相談してみてはいかがでしょうか。弊社では、アラカシの病気や害虫被害に対応が可能な業者の手配をおこなっております。ぜひ業者の力を借りて、アラカシを健康に育てていきましょう。, アラカシは、10月~翌年の2月ごろまでどんぐりをつけますが、そのどんぐりを発芽させて育てることができます。どんぐりを植える場合は、庭植えではなく鉢植えがおすすめです。どんぐりは根をよく張るので、建物の土台を侵食するおそれがあるからです。, どんぐりは、木から落ちたばかりのものを使いましょう。拾ったどんぐりは皮をむいて水に浸けておきます。浮かんできたものは、虫に食われているか乾燥している可能性が高いです。そのため、水に沈んだどんぐりを使うとよいでしょう。, 土は市販の培養土か、赤玉土と腐葉土を混ぜたものを用意してください。どんぐりを横にして土にまき、さらに2~3cmの土をかけます。発芽するまで土が乾燥しないように定期的に水やりをおこなってください。, アラカシの剪定や育て方に関してお困りの際は、業者に相談してみるのもおすすめです。弊社では、アラカシの剪定に対応ができる業者のご紹介をおこなっております。ご相談いただきましたら、お客様のお近くの業者をすばやく手配してまいります。, ※手数料がかかる場合がございます。 アラカシはくすんだ印象を受ける。) ③葉の大きさで見分ける.

nudata