【医師監修】家族がインフルエンザにかかり、感染の可能性が高いと、インフルエンザの予防投与を受けられることもあります。この記事で、インフルエンザの予防投与とは何か?から、かかる費用や効果まで解説します。 予防で特に重要なのは日々の手洗い、うがいです。最近では夏場にもインフルエンザと診断される場合や、夏場に流行するウイルス(パラインフルエンザウイルスなど)もありますので、一年中、手洗いやうがいをしっかりと行う必要があります。 Clin Infect Dis.

施設内のインフルエンザoutbreakにおける抗ウイルス薬の予防内服について、ガイドラインをもとに、まとめてみました。 ★IDSAガイドライン:施設内outbreak時の対応.

新型インフルエンザ等対策ガイドラインについて 本ガイドラインは、新型インフルエンザ等対策政府行動計画(以下「政府行動計画」 という。)を踏まえ、各分野における対策の具体的な内容・実施方法、関係者の役割 分担等を示したものである。 本ガイドライン第1版が作成された時,本書は医師の裁量を奪うものになるのではないかと多く 診療ガイドライン産科編2017 産婦人科診療ガイドライン―産科編 2017 季節性インフルエンザに対する抗インフルエンザ薬の有効性に関する知見は、有熱期 間の短縮のほか、抗インフルエンザ薬の早期投与による重症化予防効果が示されている 1)-3)。引き続き、以下の考え方を継続する。 治療対象について (4)曝露後予防 ・病棟内や透析室内等でインフルエンザ患者が出た場合、曝露後予防を考慮するが、適応や対象範囲は 個々のケースで考慮する必要があり、感染症管理室または感染症科に連絡する。 ・予防での投与量や投与期間は表2、3に示す。 抗インフルエンザウイルス剤予防投与の説明と承諾書 1、目的 インフルエンザ発生者と濃厚な接触があったと考えられる場合、48時間以内に抗インフルエ ンザウイルス剤の投与をすることで発症の確立を下げるとこが証明されていています。 [Epub ahead of print](推奨48-58) 2018 Dec 19. doi: 10.1093/cid/ciy866. インフルエンザの予防にタミフルやイナビルなどの抗インフルエンザ薬を使うことができます。 そうは言っても誰でも使えるわけではありません。 この記事では、抗インフルエンザ薬の予防目的での使用 予防が重要.