タミフル登場(2001年2月)よりも前、1999年に日本でインフルエンザ脳症について調査したレポートがあります。ここにはこの様に報告されています。 インフルエンザ脳症は若年者に多い。 インフルエンザ発病早期(平均1.4日)に発生する。 ã«é£›ã³è¾¼ã‚‚うとした, 高いところから、飛び降りようとした, 夜間に母親を包丁をもって襲おうとした, 「リレンザなら安全!」はウソ。リレンザにもタミフルと同等の異常行動報告がある。, マスコミが「リレンザは安全」と言っていたのは、異常行動の発生, イナビルも全く同等である。重大例の「件数」だけ言ったらタミフルより多いくらい。, マスコミ流に「件数」だけを比較するならば、「薬を使わないのが一番危険である」という結論にならなければおかしい。, でも、マスコミは新型登場以来、「異常行動」の件を全然報道しないし、こういった「その後の分析」についても全く何も言わない。それまであんなに騒いでたのに。, そもそも「異常行動」が多いのは1ケタ年齢の児たちである。マスコミの言うような10歳代ではなくて。, つまり、マスコミはタミフルがらみの報道についても、やはりマスコミだった。, くしゃみ飛沫は大体1~2mは飛ぶので、他人とは最低1~2m離れるようにしましょう, 65歳未満の健常者については、インフルエンザの発症を70~90%減らす, 65歳以上の一般高齢者では肺炎やインフルエンザによる入院を30~70%減らす, 老人施設の入居者は、インフルエンザの発症を30~40%、肺炎やインフルエンザによる入院を50~60%、死亡する危険を80%、それぞれ減少させる, この「予測」はなかなか困難で、大きくはずれた場合は、ワクチン接種をしても実際に流行するウィルスに対しては大した効果を持てない。, 一般に不活化ワクチンによって得られる免疫は時間とともに減弱するが、インフルエンザワクチンの場合もまた然りで、且つ他ワクチンと比べても比較的短い。いわゆる“賞味期限”、即ち, 特にA型インフルエンザは、ヒト以外にトリ、ブタ、ウマなどを自然宿主とする人獣共通感染症なので、ヒトだけが予防をしまくっても、トリやブタから新たなインフルエンザが登場してくることを防ぎ得ない。つまり根絶はできない。, インフルエンザの確実な感染防御には、気道粘膜免疫に直接免疫を持たせる事が合理的であり、また発病からの回復過程には細胞性免疫が重要であるが、(日本で)現在使われている皮下接種ワクチンでは、これらの免疫はほとんど誘導する事ができない。. 抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ、ラピアクタ、イナビル)は脳症に効くか? 抗インフルエンザ薬を使用すれば速やかに解熱しますが、抗インフルエンザ薬はインフルエンザウイルスの増殖を抑える働きはあるものの、直接免疫反応に働きかけることはありません。 過去に感染の既往が無くても、ウィルスは毎年種類や形を変えているので今後感染する可能性は十分にあります。, 特にタイトルにもなっているロキソニンに関しては、比較的身近な薬であるにも関わらず、基本的に禁忌薬とされているのは意外と知られていません。, 発熱や関節痛、咳や喉の痛みなどのインフルエンザの症状が出た場合は、速やかに受診する事が望ましいです。, しかし、中には40℃以上の熱で動く体力がない、病院が遠い、時間が無いなどの理由ですぐに受診せず自己対処しようとする人もいます。, インフルエンザは症状が悪化すると、インフルエンザ脳症という病気を引き起こし、痙攣や脳浮腫、異常行動などの症状が見られ、場合によっては死亡する例もあります。, そのインフルエンザ脳症を誘発すると言われているのが、ロキソニンを含むNSAIDSです。, インフルエンザ脳症を発症するのは主に乳幼児ですが、成人の方への投与も極力控えられています。, ただし、状況に応じて処方する医師もいるので、受診の際に処方薬についての確認はしっかり行いましょう。, NSAIDSは非ステロイド性解熱鎮痛剤と呼ばれるもので、ロキソニンの他にも下記の薬が該当します。, 市販で購入できる身近な解熱鎮痛薬や総合感冒薬として処方されるPL顆粒も該当します。, 特にバファリンなどのアスピリン製剤は、インフルエンザの際に内服してしまうと、ライ症候群という病気を引き起こす事が有り注意が必要です。, これは前述したNSAIDSとは別の解熱鎮痛剤となるため、インフルエンザ脳症の危険はありません。, アセトアミノフェンには、こどもへの薬としてよく処方されるカロナールやアンヒバ座薬が該当します。, ドラッグストアなどて購入できる市販のアセトアミノフェン製剤としては、タイレノールが挙げられます。, 日本臨床内科医会インフルエンザ研究班が行ったデータで、タミフル、リレンザ、麻黄湯では、投与開始から解熱までの時間に差はみられませんでした。, 麻黄湯は、タミフルやリレンザのようにインフルエンザウイルスに直接作用するわけではなく、気道の上皮細胞の炎症を抑え、体の防御機能を高めることでウイルスに抵抗すると考えられています。, 麻黄湯の特長は、インフルエンザの初期症状や、悪寒、発熱、頭痛、腰痛といった症状がみられる風邪に効果があるということで、小児から高齢者まで幅広い年齢層に対して使用することができます。, 麻黄湯も市販で買えるので、近くの病院が休みなどの緊急時に使用する薬としても優れています。, 過去に「タミフルが異常行動を起こす原因になる」とニュースで話題になり、2007年以降は未成年へのタミフルの摂取は禁じられていました。, しかし、2018年8月にタミフルとの因果関係は証明できないとされ、投与可能になりました。, そして「重要な基本的注意」の記載が「抗インフルエンザウイルス薬の服用の有無または種類にかかわらず、インフルエンザ罹患時には異常行動を発現した例が報告されている」と改められ、「重大な副作用」の欄には因果関係は不明としつつ「異常行動」が追加されました。, インフルエンザが流行し始める11月〜3月にかけては、熱が出ても安易にロキソニンなどの解熱剤を内服するのは極力避けましょう。, どうしても病院に行くことが難しい場合や、緊急時はカロナール(タイレノール)や麻黄湯で対処する事が推奨されています。, また、2018年に発売されたばかりの新薬ゾフルーザも、まだまだデータが少ないため今後の報告には注意が必要です。, Twitter(@nurse84_memo)でも情報発信をしているため、この記事が参考になったら、Twitterも見て頂けると嬉しいです。, 北海道出身で都内に住んでます。 看護師としては消化器外科、慢性期内科、回復期、訪問看護を経験。 ワークライフ・バランスを重視して時短勤務で働いた経験も含め、働き方について発信しています。 Twitterやインスタでも仕事や勉強に関する事を毎日投稿中。 2020年9月【予防医学指導士】を取得しました★.
冬に流行するインフルエンザ。その合併症のなかで「インフルエンザ脳症」というものがあり、命に危険が及んだり後遺症が残ったりする恐れがあります。今回はインフルエンザ脳症の症状や診断方法、治療法、予防法などをご紹介します。 インフルエンザ脳症とは?

インフルエンザ脳症 痙攣・意識障害・異常行動を起こす場合があり、後遺症や死亡する場合もある。 ライ症候群 急性脳症や、肝臓への脂肪浸潤を起こし、死亡する場合もある。 インフルエンザ脳炎・脳症、ライ症候群の罹患や死亡との関連については、結論的なことは言えない状況です。 し� インフルエンザは症状が悪化すると、インフルエンザ脳症 ... 麻黄湯は、タミフルやリレンザのようにインフルエンザウイルスに直接作用するわけではなく、気道の上皮細胞の炎症を抑え、体の防御機能を高めることでウイルスに抵抗すると考えられています。 麻黄湯は風邪とインフルエンザの