富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キットの開発を開始しました。写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅技術を応用した「銀増幅イムノクロマト法 *1 」により、迅速かつ高感度検出が可能な新型コロナウイルス抗原検査キットの早期実用化 …

これまで、インフルエンザ流行時の新型コロナウイルスとの鑑別対応が不安視されているが、本キットにより、新型コロナウイルス抗原およびインフルエンザウイルス抗原の2 検査を同一の鼻咽頭拭い液検体で行うことが可能となった。 9月の頭に10月になったらコロナの相談はかかりつけ医でという方針が厚労省から発表されました。保健所の負担を減らすために…、と。 新体制では、検査ができる診療所などを「診療・検査医療機関(仮称)」として自治体が指定する。感染が疑われる人は、身近な医療機関に電話で相談するのが いただく予定です。また、検査体制の整備に関して、次のインフルエンザ流行を 見据えた検査需要、検査体制、検査(分析)能力等を都道府県毎に計画していた だく予定です。さらに、発熱患者等の診療又は検査可能な医療機関として指定さ Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. https://www.yomiuri.co.jp/medical/20200904-OYT1T50312/. 富士フイルム(株)は,新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キットの開発を開始した。写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅技術を応用した「銀増幅イムノクロマト法」により,迅速かつ高感度検出が可能な新型コロナウイルス抗原検査キットの早期実用化を目指す。 9月の頭に10月になったらコロナの相談はかかりつけ医でという方針が厚労省から発表されました。保健所の負担を減らすために…、と。, 新体制では、検査ができる診療所などを「診療・検査医療機関(仮称)」として自治体が指定する。感染が疑われる人は、身近な医療機関に電話で相談するのが基本となる。相談先が検査可能な場合、そのまま予約して検査を受ける。相談先が検査を行っていない場合は、検査可能な医療機関を案内してもらう。地域の医療機関は、検査できる医療機関の場所や開所時間を把握しておく。地域によっては、検査できる医療機関名を自治体のホームページで見られるようになり。地域の医師会などが設ける地域外来・検査センターでも引き続き検査を受けられる。 https://www.yomiuri.co.jp/medical/20200904-OYT1T50312/, 今年のインフルエンザの発生状況は、従来の1/3000以下とのこと。しかし、ここにきて、インフルエンザと新型コロナの合併が話題になってきています。, コロナ感染症が出現して以来、私どもは予防着を着用の上でなければ、鼻咽腔からの採取検査は許可されておりません。このため、特に個人でやっている開業医は検査が思うように進められません。発熱が無くても症状から疾病を考慮した場合など、予防着まで着用するのは大変。ですから…。現在私達が一般に行えるのは唾液による検査法と限定されます。新型コロナの感染症の診断には我々開業医は「唾液によるPCRの検査法」しか保健上は認められていないと理解しています。コロナの場合、抗原検査はすべて鼻咽腔からの採取キットしか販売されてないと思います。確かに抗原検査の方が、精度は落ちるかもしれませんがすぐに結果が出ます。厚労省も抗原検査で陽性ならPCRの検査は必要ないとしています。, 一方、インフルエンザの検査は、私の認識では今現在、通常に行われている方法は鼻咽腔からの採取による抗原検査しかないはずです。私は、インフルエンザの診断にPCRの検査を導入する必要はないと考えています。インフルエンザは絶対的な治療薬もあり、特に迅速な診断、早期の治療が重要です。そんなことからリアルタイムでの診断は重要と考えます。一般の診療所に高価なPCRの機器を導入するのは大変なこと…。私自身、インフルエンザは流行状況と簡易検査と問診で充分と考えております。しかしながら、感染流行早期の抗原検査(あえてPCRでなく)は、診断を確実にするためにも、やはり行いたいと思っております。そんなわけで、是非ともインフルエンザの抗原検査は必要なツールと思っており、唾液で検査できるキットができればよいと思っております。, 今日の内容は少し難しかったですかね?連休の3日目、やっと久しぶりにこれを書いています。久しぶりなので、勝手気ままに書いてしまいました。次回はもう少しとっつきやすい内容にしましょう。, 新体制では、検査ができる診療所などを「診療・検査医療機関(仮称)」として自治体が指定する。感染が疑われる人は、身近な医療機関に電話で相談するのが基本となる。相談先が検査可能な場合、そのまま予約して検査を受ける。相談先が検査を行っていない場合は、検査可能な医療機関を案内してもらう。地域の医療機関は、検査できる医療機関の場所や開所時間を把握しておく。地域によっては、検査できる医療機関名を自治体のホームページで見られるようになり。地域の医師会などが設ける地域外来・検査センターでも引き続き検査を受けられる。, コロナ感染症が出現して以来、私どもは予防着を着用の上でなければ、鼻咽腔からの採取検査は許可されておりません。このため、特に個人でやっている開業医は検査が思うように進められません。発熱が無くても症状から疾病を考慮した場合など、予防着まで着用するのは大変。ですから…。現在私達が一般に行えるのは唾液による検査法と限定されます。新型コロナの感染症の診断には我々開業医は「唾液によるPCRの検査法」しか保健上は認められていないと理解しています。コロナの場合、抗原検査はすべて鼻咽腔からの採取キットしか販売されてないと思います。確かに抗原検査の方が、精度は落ちるかもしれませんがすぐに結果が出ます。. また、インフルエンザなどの流行に備え、一度の検体採取で本品とインフルエンザ抗原迅速診断キット「クイックナビ™-Flu2」やRSウイルス抗原迅速診断キット「クイックナビ™-RSV2」を同時に検査することが可能となりました。 新型コロナウイルス感染症と、他疾患(季節性インフルエンザなど)とを同時に鑑別できる新たな検査法を7月22日から保険適用する―。 厚生労働省は7月22日に通知「検査料の点数の取扱いについて」を発出し、こうした点を明らかにしました。 2020年8月18日ニュース「新型コロナとインフルの両方の検査を推奨 感染症学会が今冬の同時流行を予想」| 最新の科学技術情報を伝えるポータルサイト。サイエンスポータルが独自に編集した科学技術関連ニュースをご紹介します。 富士フイルム(株)は,新型コロナウイルス(sars-cov-2)抗原検査キットの開発を開始した。写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅技術を応用した「銀増幅イムノクロマト法」により,迅速かつ高感度検出が可能な新型コロナウイルス抗原検査キットの早期実用化を目指す。