インフルエンザの流行が気になる季節になってきましたね。今年はどんな型のインフルエンザが流行るのか、新型インフルエンザの流行はあるのか、といった話題に加え、毎年のように聞くのがインフルエンザの検査に関する質問です。 インフルエンザかもしれない、と思ったら、感染を広げない様に迅速に対処したいですよね。 インフルエンザの検査は発熱後何時間経ったころに受けるのが適当なのでしょうか。 この時間に検査をするメリットは大きく; 数式ではP(D+|T+)と記載します。, 陰性的中率は、『検査が陰性であった場合(T-)、疾患にかかっていない(D-)確率』をいいます。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 生理前にうつ状態になるのは月経前症候群(PMS)が原因だった!服薬での治療体験談!. この場合、RT-PCRでの検査が”ゴールド・スタンダード”となり、これが陽性であればインフルエンザに罹患している、陰性であれば罹患していないと判断をします。, この判定に、迅速検査キットがどれだけ一致しているか、をみて感度・特異度を計算します。, 感度とは『とある疾患を有している時(D+)に、検査陽性となる(T+)確率』のことを言います。 データが示す通り、発症してから24〜48時間後に検査をされると良いでしょう。 (具合が悪くなければ、夜間に慌てて受診する必要はありません) 発症24〜48時間に検査をするメリットを知りましょう. これをまとめると、以下の表になります;, H1N1 pandemicのインフルエンザウイルスですと、感度が低くなるようです。, 12時間未満の検査は感度35%・陰性的中率66%と非常に低いです。 2011年のEuropean Journal of Pediatrics (欧州小児科学会の英文誌)に掲載された論文です。(スイスで行われた研究のようです), なかには『お子さんのインフルエンザの検査は、発症後〇〇時間くらい経過していないと検査できません』と言われた方もいると思います。, インフルエンザキットは、クリニックの外来でも簡便に行える有用な検査です。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。, 陽性的中率(Positive Predictive Value (PPV))とは?, 陰性的中率(Negative Predictive Value (NPV))とは?, https://www.dr-kid.net/wp-content/uploads/2018/12/logo.png. RT-PCRでインフルエンザに罹っていないと証明された人のうち、迅速検査で陰性と判断された人の割合です。 簡便に検査を行えるため、インフルエンザの診断を客観的に評価でき、診断に基づいた治療も行えます。, 感度・特異度などの妥当性を検討する場合(Validation study)、2つの検査が必要で、今回は;, の両者を使って比較しています。 (具合が悪くなければ、夜間に慌てて受診する必要はありません), 日本では毎年かなりの数の迅速検査がされて、抗インフルエンザ薬が処方されています。 このため、サンプル数が非常に多く、臨床研究をできる土台は整っていると思います, 限りある資源の有効活用する、日本発のエビデンスを整えるという意味でも、せっかくこれだけ多くの検査するのであれば、今回のような妥当性をチェックした論文が今後、多数出てくればいいな、と思いました。, Validation studyでは、迅速検査がゴールドスタンダード(PCR)と比較して、どのくらい正確か、判定してくれます。, 感度と特異度は疾患の頻度が変わっても変化しませんが、的中率は流行状況によって変化します。, このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 【医師監修】インフルエンザの正しい検査結果が出るのは発熱してから何時間後なのでしょう。検査するのが早かったり、遅かった場合の検査結果は…?費用なども含めて詳しく解説します。 【医師監修】インフルエンザの正しい検査結果が出るのは発熱してから何時間後なのでしょう。検査� 仮に陰性とでても、真に陰性である確率は66%です。34%の確率で、本当は陽性であった可能性があります。, 一方で、発熱後24〜48時間ですと、感度・特異度・PPV・NPVもすべて非常に高いです。(個人的な予測値より、かなり高い結果でした), スイスと日本ではインフルエンザの流行、医療へのアクセス、検査キットの種類など様々に異なる点が多いため、そのまま日本の小児に当てはめるのは難しく、解釈には注意が必要です。, (診断することの意義、投薬をすることの妥当性は置いておいて)診断を正確に行うという点では、発熱後24〜48時間の感度・特異度は予想より高かったです。, 以上から、発症早期のインフルエンザ検査はオススメしません。 Copyright (C) 2020 健康の気になるあれこれ All Rights Reserved. 早い段階で検査を受けるためには、発熱後6時間未満でもインフルエンザの検査ができる高感度インフルエンザ迅速診断システム「富士ドライケムimmuno ag1」を導入している医療機関を探してみましょう! 今回ですと、迅速検査が陽性であった場合、RT-PCRでインフルエンザと診断される(真に陽性である)確率をいいます。 データが示す通り、発症してから24〜48時間後に検査をされると良いでしょう。 数式ではP(T+|D+)と記載します。, 一方、特異度とは『とある疾患を有していない時(D-)に、検査陰性(T-)となる確率』のことを言います。 現在、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としてい … これは、P(T-|D-)と書きます。, 陽性的中率は、『検査が陽性であった場合(T+)、疾患にかかっている(D+)確率』のことをいいます。  インフルエンザについての知識が無く私のブログにリンク張りましたので、もし差し支えありましたら、連絡ください。 削除します。. 今回の例でいうと、RT-PCRでインフルエンザに罹患していると証明された人のうち、迅速検査で陽性と判断された人の割合を出します。 インフルエンザかもしれない、と思ったら、感染を広げない様に迅速に対処したいですよね。, 生活する地域でインフルエンザが流行していたり、身近な人がすでにインフルエンザにかかっていたら、要注意です。, インフルエンザの検査は、インフルエンザが発症してから12時間から48時間以内に受けることを推奨されています。, 38℃位の発熱から12時間以降に検査をすると、ウイルスが検知されやすく確実な結果が得られる様になっています。, 逆に12時間以前に検査をすると、インフルエンザウイルスに感染しているのに検査結果が陰性になる、偽陰性でることがあり、治療が遅れてしまう可能性があります。, インフルエンザウイルスは、感染してから体内で急増し、1つのウイルスは24時間で百万個にまで増殖します。, しかし12時間と24時間で偽陰性がでる確率は大差があるわけではないので、なるべく早い段階である12時間頃に検査をするのが最適でしょう。, 近年開発されたインフルエンザ検査キットでは、発熱後3時間以内の検査でも93%の陽性一致率が出ているものもあります。, 医院により使用する検査キットが違うので、かかりつけ医の先生に発熱してから何時間経っているかを伝えてから予約を取るようにすると確実でしょう。, 症状が顕著でなくとも、インフルエンザが流行している地域や時期である場合はインフルエンザの可能性があります。, また、インフルエンザの予防接種を受けていてもインフルエンザには感染することがあります。, 検査キット、といっても一般に市販はされていないので、医療機関にて検査をする必要があります。, 細い綿棒のようなもので喉、鼻をこすり、付着した組織や分泌物を処理液に浸してから検査キットに滴下することで、陽性か陰性の判定を行います。, ただし、インフルエンザウイルスの量が少ないと陰性だと誤診してしまう可能性があります。, 一般の医療機関でインフルエンザ検査を受ける時は、発熱直後ではなく、数時間経ってからの方が誤診のない検査結果が得られるでしょう。, 高度な技術を要するために、一般的には行われていないですが、ウイルス分離検査という方法もあります。, 発症してから約72時間以内に喉や鼻の分泌液からウイルスだけを分離して検査を行います。, しかし、高度な技術が必要であることや、検査結果には1週間前後かかることから、一般的には行われていません。, インフルエンザの遺伝子を検出するため、性格で細かいウイルスの型や構造まで判定できます。, PCRを用いた検査は高度な技術を要するため、公的な検査機関で行われる事がほとんどで、一般の病院やクリニックなどで行われる事はほとんどありません。, 私たちが一般の医療機関で受けるインフルエンザの検査は1の「迅速抗原検出キット」です。, 一般の迅速抗原検出キットでは、症状がでてから12時間以降に検査を行う事が推奨されています。, 近年開発された少量でもウイルスを検出できる富士ケミカルの測定方法では発症から6時間でも正確な検査結果が得られる様になってきました。, インフルエンザだと診断された場合に処方される抗インフルエンザ薬にも、適切な服用時間があります。, 抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスの増殖を抑え、症状の悪化を防ぐ効果があります。, そのため、インフルエンザウイルスの増殖がピークに達する48時間以前に使用しないと効果が発揮できないと言われています。, 抗インフルエンザ薬は発症から48時間以内に服用することにより、発熱期間が1~2日間短縮され、鼻やのどからのウイルス排出量も減少させるものです。, インフルエンザかもしれない、という症状が出たら感染を広げない様に迅速に対処したいですよね。, 感染したかもしれない、と感じて大急ぎで病院に行っても、ウイルスの数が増殖していないと誤診断になる可能性があります。, 二度手間にならないように、少し安静にして、発熱が始まってから半日ほどまってから病院にて検査を受ける様にしましょう。, インフルエンザ流行中は人ごみを避ける様にする、といっても通勤、通学などではどうしても避けられないですよね。, 普段から、くしゃみを他の人に向けないようにしたり、咳やくしゃみが出るときはマスクを着用するように心がけましょう。. 迅速検査で陰性であった場合、真にインフルエンザに罹っていない確率といえます。, ①研究患者すべて、②H1N1の研究、③救急外来での研究の3パターンで研究されています。 私が過去にインフルエンザに感染した際、苦い経験をしたことがあります(;_;) 検査のタイミングが適切ではなかったため、インフルエンザ陰性と出てしまったのです!, 早く病院で治療することは大切なことですが、検査で注意すべきことがあります。それは・・・, 検査を受けてインフルエンザ陰性と出て安心していたのに、実際は感染していたとしたら・・・, 体調はもちろんの事、学校や職場でウィルスをまき散らしてしまう可能性があります。そういうことはぜひ避けたいものですね(;_;), 今回はインフルエンザは発熱後何時間で検査をするのがベストなのかを見ていきましょう!, 急な発熱があるとインフルエンザを疑うかもしれませんが、正確な検査のためには発熱後少し時間を置くことが必要です。, インフルエンザ検査の精度が高くなるのは、どのくらいの時間が経過すればよいのでしょうか?それは・・・, 発熱直後はウイルスの量が十分に増えておらず、検査キットに反応しない可能性があるのです!つまり、本来は陽性なのに陰性と出てしまうということ。, 一番確実なのは、発熱して24時間以上経過した段階で検査を行うことです。ほぼ間違いなくインフルエンザかどうかの判断ができます。, あまり早すぎると感染していても陽性が出にくいですが、逆に遅すぎてもダメなのです(^^;) それはどうしてなのでしょうか?, 適切なタイミングでインフルエンザ検査を受けると、どんなメリットがあるのでしょうか?それは・・・, インフルエンザ治療薬の効果は発熱して48時間以内に服用する場合に効果が期待できます。, 治療薬の役割はウイルスの増殖を防ぐこと。そのため、48時間を超えてすでにウイルスが増殖している場合には、それを失くす働きは・・・残念ながら現状ではありません。, 体内でウイルスが増殖する前の段階に薬を服用することで、ウイルスに抵抗する抗体を体内で十分な量作ることができ、早く症状を治めることができるのです。, もちろん薬を飲まなくても、インフルエンザは自然治癒することも可能。しかし、治療薬を効果的に服用すれば、その分早く回復することができ、症状の重症化や合併症のリスクも抑えることができるのです!, 早くインフルエンザだと分かれば、治療薬によって辛い症状を早く回復できます。つまり、学校や職場に早く復帰できるということ。, インフルエンザ感染が陽性かどうかもっと早くわかればいいのに・・・と思われる方もいるかもしれません。, 実は最新の医療技術を用いれば、発熱からそれほど時間が経たないうちに検査することが可能です。, インフルエンザ迅速診断システムを導入している施設であれば、発熱から12時間以上経たなくてもインフルエンザかどうかの判定が可能です。, 有名なのが富士フィルムメディカル(株)が開発した「富士ドライケム IMMUNO AG1」という機器。なんと、発熱後6時間未満でも判定することが可能です!, 高感度検出技術を使用しているため、ウイルスを約100倍に増幅して検出することができます。, 感度は84.6%という検出率になっています。この数字が高いか低いかは気になるところではありますが、発熱後6時間未満で検査を出来ることを考えれば、画期的な検査方法であると言えます。, 早く結果が知りたい方や、発熱が続くうちに体力がなくなってしまう子供や高齢者の方にとっては、特に嬉しい検査ですよね!, 医療機関によっては「富士ドライケム IMMUNO AG1」を導入している旨がインターネットに載っています。気になる方は確認してみてくださいね(^^), インフルエンザは発熱後何時間で検査するのがよいのかについて振り返っておきましょう。, インフルエンザ検査をより正確に行えるのは、発熱して12時間後以降です。その理由は、12時間以前だとウイルスの量が十分に増えていないため、インフルエンザでも陽性と判定できない可能性があるから。, 48時間を超えてしまうと、既にたくさんのウイルスが増殖してしまうため、インフルエンザ治療薬の効果を発揮できなくなるのです。, 最近では、発熱から12時間以上経過していなくても、インフルエンザの検査を受けることも可能となりました。, 早い段階で検査を受けるためには、発熱後6時間未満でもインフルエンザの検査ができる高感度インフルエンザ迅速診断システム「富士ドライケムIMMUNO AG1」を導入している医療機関を探してみましょう!, インフルエンザに感染した際には、早すぎずかつ遅すぎず検査を受けることが大切ですよ(^^), はじめまして、つると申します