2009年の新型インフルエンザ そうすると、まず、 who(世界保健機関)の2018年の報告によれば、こうした季節性インフルエンザの流行においては、.

世界中で毎年、300万人から500万人にもおよぶ重症の患者が発生していると推計されていて、そのうち … 死者と経済. 新型コロナウイルスの感染者数が世界約1000万人、日本2万人、死亡者数が世界約50万人、日本1000人に達しました。一方で、株価はかなり高いところまで戻って来ています。死ぬ人が増えても、経済にはあまり影響がないのでしょうか。 死者数:774人 *2002年~2003年に中国を中心に流行. 死者数も「ただの肺炎による死亡」とされた人が実は新型コロナウイルスだった可能性もあり、実際はもっと多いと思われる。 sarsウイルス(who発表) 感染者数:8,096人. whoのデータに基づく季節性インフルエンザの死者数と感染者数. 季節性インフルエンザの死亡者数が注目されないのはなぜでしょう。新型コロナのニュースがあふれていますが、毎年の季節性インフルエンザの死亡者の数も調べてみると結構いるのに気が付きます。 新型コロナウイルスによる死亡者よりはるかに多いと思うのですが、こちらのほうはほとんど話題になりません。この差はなんなんでしょう。

通常のインフルエンザでも年間50万~100万人は死亡していると考えられているので、パンデミックが起きても、通常のインフルエンザと大きく死者数が変わらない場合もあれば、通常のインフルエンザをはるかに超えるような非常に高い死亡率のパンデミックになる場合もあるということになります。