▼, 定休日: 閉じる, パサパサした感じが口に残り余り美味しいとは思えませんでした。ウィーン市庁舎地下にあ...  僕らは、4人で大皿のサラダを2皿、シュニッシェルはポークとビーフを1皿ずつ・・・ビール(500ml. 12月25日 8時~24時 22時過ぎでしたが、お客さんで賑わっていました。 ここのウエハースチョコは、オーストリアのスーパーではどこでも売っていますが、ここシュテファン寺院そばにあるのが直営店なので、いろいろな種類が揃っており、観光客も大勢訪れていました。 サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

ワインとアインシュペンナーをオーダー オプションで卵料理やベーコン、サラダなども付けられますが、基本セットでパンが3個なので、十分お腹いっぱいでした♪ Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved. ラントマンに限った事ではないのですが『朝ごはんをカフェで♪』、お勧めです (^^) 100年以上の歴史のある名店で、雰囲気も良い。 確かに内装も素晴らしいですね。 1月1日 8時~24時 確かに内装も素晴らしいですね。 基本メニュー(1人分)は、パン・3種類, ジャム(一日目はアプリコット,2日目はブルーベリー)とバター, ゆで卵と飲み物(コーヒー, Tea)です。 440円/日~. 続きを読む 閉じる, オペラ座の隣の、ホテルザッハーにあるお菓子販売コーナー。 ウィーンは塩味がしっかりしているので

ウィーンを訪れたら必ず食べたいメイン料理である。 ツヴィーベルローストブラーテン(Zwieberlrostbraten) ツヴィーベルローストブラーテンは、ローストビーフを焼いたウィーン風のビーフステーキであり、香ばしく揚げた玉ねぎが添えられる。 ここのウエハースチョコは、オーストリアのスーパーではどこでも売っていますが、ここシュテファン寺院そばにあるのが直営店なので、いろいろな種類が揃っており、観光客も大勢訪れていました。, 。訪問の3週間前に店のホームページからネット予約した。予約確定までに2日掛かると言う。2日後に予約確認のメールが来た。予約当日、シュテファンプラッツから歩いて行った。予約は8時からだったが、20分ほど早めに着いてしまった。まだ席が用意できていないと言う。しかし外は雨だし、寒いので中で待たせてもらうことにした。店員はバーで待っていろと言う。しかしバーには椅子が二客しかなく既に使われていたので、通路の邪魔にならないところで待った。後で気づいたのだが、バーは立ち飲みも可能なようだった。それに妻に寄ればお金を払っている様子がないと言う。無料なのだろうか?アメリカのローストビーフの名店ロウリーズは予約できない代わりに、待っている間のバーは無料だったから、それもありうるかもしれない。予約時刻よりも早めに席を用意してくれた。ピルスナー二杯と、バイスシュパーゲル(ホワイトアスパラ)、ターフェルシュピッツを注文した。余りお腹が空いていなかったので、各一人前をシェアすることにした。ターフェルシュピッツはヌードル入りをお勧めというので、それにしたが、後で値段を見たら高かった。ホワイトアスパラは太いのが三本来た。以前ミュンヘンで食べたソテーよりもシャキッとした冷製だった。おいしい。この時期しか食べられないので価値がある。何語を話す?とウェータが訊くのでジャパニーズと答えたら、日本語で書かれたターフェルシュピッツの食べ方カードをくれた。ターフェルシュピッツというのは、牛の肉の部位らしく、サーロインに当たると言う。大きな鍋が二つ来た。一つには肉と野菜のスープ、もう一つにはベーコンとマッシュポテトの炒め物が入っている。まずはスープを頂く。旨い!これは絶品、今までにこんなに美味しいスープは経験がない。お替りする。たっぷり入っているが全部飲み干したい気分。次に食べ方に従って、骨の髄のなかの油をパンに塗って食べる。これは不味い。健康にも悪そう。最後に肉を頂く。シチュー肉のようにほろほろに柔らかい。妻は美味しいと言うが、私はかすかすに感じた。リンゴのソースの味がもう少し強ければよかったかもしれない。そもそも肉を焼かないで煮ると言うのが許せない。すき焼きでも関西人なので肉を焼いてから砂糖醤油で食べるが、東京のように割り下で煮るなんてもってのほか。その意識が強いからか、肉を煮るのは許せない。ターフェルシュピッツでも肉は美味しく感じなかったので食べ残した。分量は二人でシェアしても多いくらいだった。料金は席料@3.2、ターフェルシュピッツ38.6、ヌードル@3.1、白アスパラ14.4、ビール@4.5、合計74.6、チップ含めて80ユーロ支払った。ヌードルは高い割には大したことなく、注文すべきではなかった。, スプーン、フォークを落とす(謝りもしない)。オーダーを取る際に、客の顔を見ないし、中空を見つめてる、などなど。話し方は、丁寧なような気もしたが(ただし接客する気持ちがない)、、、こんなサービスあるの??って感じでした。 100年以上の歴史のある名店で、雰囲気も良い。

トイレはこの上の階にあります。, 入出来ます。奥に進むとお菓子作る工房、カフェがあります。人気がある店という事で寄ってみましたが、ケーキは美味しくないし、サービスもお粗末。黙っていても観光客が来ると思っているウェイトレスに偶然当たってしまっただけかもしれませんが、接客の感じが悪すぎです。トイレ休憩にはなるかもしれませんが、家族友達には絶対すすめない店です。, 美術史美術館にはブリューゲル展を見に来ました。ブリューゲルの没後450年にあたる特別展で世界各地から作品が集まっています。世界各地から来館者も多くて満員御礼状態でした。 店内は大理石の柱と高い天井の宮殿内らしい雰囲気が漂っているカフェで、オリジナルのツェントラル・トルテは、オレンジリキュールを加えたフルーティな香りが味わえるお勧めのスイーツです。 但し、ウィーンっ子や観光客の訪問も多く、混み合うので、予約するか5時ごろ(少し早めに)訪問したい (^^) 隣のテーブルのイギリス人家族4人は、それぞれ一皿ずつ食べていた(笑) これからいらっしゃる皆さん、参考にしてください。  全てが、有り得ない!!!でも、せめて、すぐに「チップは現金で支払う」と言えなかった、自分にも情けない、、、チップなんて払えるようなサービスではなかった。現金で、自分の思い通りにチップを支払いたかった。黒いおひげのウェイターには、、要注意!!! 作曲家のグスタフ・マーラー,女優のマレーネ・ディートリッヒ,など著名人も常連でした。

...  入口を入ると売店でその奥にカウンターがあり6~7人食べられます。 優雅な内装、ゆったりした気分で過ごせます (^^) リンク沿いで市庁舎にも近く、ブルグ劇場の隣、リンクを挟んで『ウィーン大学』。 さらにお会計では、クレジットカードで支払うと言ったら、「20%のチップ含めておくね」と言って、そそくさと立ち去った。