現代の異世界ファンタジーもののRPGや漫画やライトノベルは、作中での世界観や作中でのエルフやドワーフといった種族の起源はイギリスのファンタジー小説「指輪物語」です。, 指輪物語が現代の異世界ファンタジー分野に及ぼしている、大きな影響について調査したので分かったことを報告します。, 中つ国に存在する、銀の輝きと鋼以上の硬さを合わせ持つ金属「ミスリル」であったりと、, 各RPGやファンタジー系の創作物の中で登場するアイテム名や地名などは、指輪物語が元ネタになっているものが多々あります。, ドラゴンクエストシリーズやファイナルファンタジーシリーズといった大作RPGシリーズが元ネタになっている場合が非常に多いです。, そのRPGの元ネタをさぐっていくと、ファンタジー小説「指輪物語」の作中設定とストーリーが、異世界ファンタジー分野の全てのルーツであると理解できます。, 物語の舞台である「中つ国(作中でのMiddle-earthの邦訳)」には数万年分もの歴史があり、, トールキンが考えた中つ国の神話・歴史はトールキンの著書「指輪物語」「ホビットの冒険」「シルマリルの物語」「終わらざりし物語」「The History of Middle-earth」のそれぞれで語られます。, 中つ国の神話・歴史を理解するためには、上記の著書を精読したり、ネット上での中つ国の解説サイトの膨大な文章を熟読する必要があり、並々ならぬ労力が求められます。. オーク(Orc、Orkと綴られることもある)は、人間に似た架空の生物。J・R・R・トールキンの中つ国を舞台にした小説で、邪悪な勢力によって兵士として使われる種族の名前として使われた。 異世界ファンタジーモノで定番の「人間以外の種族」。 「エルフ」や「ドワーフ」のような、異世界ファンタジー作品で高人気の種族を紹介します。 長命で穏やかな森の民「エルフ」 異世界ファンタジー作品で... Halfling(ハーフリング、作中で「小さい人」という意味)という種族名で現代の漫画やゲームに登場することが多い, 世界初のテーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」は、その作風に、指輪物語の多大な影響を受けている, 現代のRPGのその多く(DQシリーズやFFシリーズに大きく影響されている)は、原典が「指輪物語」であると言える, ファンタジー小説「指輪物語」の作中設定とストーリーが、異世界ファンタジー分野の全てのルーツであると理解できます。, 指輪物語における、サウロンの指輪をめぐる一連のストーリーは、中つ国の全歴史のうちのほんの一部分でしかない, 身長は成人したホビット族で100cm~120cm程度。身体の造型は人間のそれとほぼ同一。, 種族のほとんどが農民として暮らしていて、食べることが大好きであり、一般的にホビット族は太っている, 秩序立てた集団行動が困難であり、オーク同士での仲間割れや同士討ちをすぐに始めてしまう, 身長は成人したドワーフ族で120cm~150cm程度。身体の造型は人間のそれとほぼ同一。, かつて、「シルマリルという名称の、エルフが創った貴重な宝石」をドワーフ達が私欲で奪い、しかも、シルマリルの所有者であるエルフ族のシンゴル王をドワーフ達が殺害したため, 極めて頑強な身体をしているが、知能が低い。トロルの原点は北欧神話上の魔物であり、その伝承が指輪物語で種族の1つとして利用され、世間でトロルが有名になった。, 1954年から1955年にかけて出版された、イギリス発の「指輪物語」が世界でヒットしたことを受けて、, 日本での有名なRPGである「ドラゴンクエストシリーズ」や「ファイナルファンタジーシリーズ」は、上記の「ダンジョンズ&ドラゴンズ」を参考にして作られているため、, モンスターなどの人間に害を為す怪物や、エルフやドワーフなどの異種族が、1つの世界の中に混在している, サウロンの指輪は世界に残存し、所有者を次々と変えながら、主人公のフロド(ホビット族)の手に偶然指輪が渡る↓, 復活をもくろむサウロンの手に指輪が戻ることを阻止するために、モルドール国にある「滅びの山」の火口へ指輪を投げ入れて指輪を破壊する(これが指輪を破壊する唯一の方法だとされている)ための、フロド達の旅が始まる↓, サウロンの手先であるオークの大軍と戦ったり、サウロンの指輪の力と欲望に目がくらんだ者達と戦いながら、フロド達は国と国の間を渡り歩いていく↓, サウロンを指輪を火口へ投げ入れて指輪を破壊し、それによってサウロンの魂とサウロンが率いる軍勢が完全に消滅する↓, それまでの旅路で闇の魔力にむしばまれていたフロドは命が尽き、神の国ヴァリノールへと旅立った(終わり), しかも、第一次世界大戦時にイギリス陸軍に少尉として従軍して、戦争の激戦地から生還した, 指輪物語の作中でのエルフ語を、言語の文法からいちから作り、現代でも物好きな人達がエルフ語の研究を続けている, トールキンが指輪物語を執筆した動機は「自身が発明したエルフ語が使用されるに至った、その背景となる異世界を創ってみよう」という部分が大きい、と言われている. 「指輪物語」のオーク 「トンネルズ&トロールズ」のオーク 「シャドウラン」のオーク 「ソウルサクリファイス」のオーク; ドラゴンクエストのオーク; ゴブリンスレイヤーのオーク; 千年戦争アイギスのオーク; 余談; 由来. しかしオークが種族として作られたのは遥か古代(指輪物語の年より約2万7千年前)であり、それ以降に登場するオークは新たに作り出されたものではなく、原初のオークの子孫である。 『指輪物語』をより深く理解し、楽しんでいただくための必読書。アラゴルンの先祖たちの年代記や、『指輪物語』以前の歴史に関する記述、およびその年表などを収録。本編では言及されなかった事実や、指輪の仲間のその後にも触れられている。 指輪物語における「オーク」の特徴 非常に好戦的かつ粗野な性格で、無法者的な気質をもっている 秩序立てた集団行動が困難であり、オーク同士での仲間割れや同士討ちをすぐに始めてしまう 以来オーク はイルーヴァ ... 相当する英語はゴブリンだが、その語は『ホビットの冒険』に多用されているのみで、『指輪物語 』などではあまり使われていない。 ↑ 特徴 † 外見. 2019.05.07 洋画 『ロード・オブ・ザ・リング』キャラクター&キャストのまとめ. 『ロード・オブ・ザ・リング』といえば、世界中で愛されたj・r・r・トールキンの長編ファンタジー小説『指輪物語』を映像化し、名だたる映画賞を総なめにした不朽の名作映画です。多種多様な登場人物と、綿密に練られた精巧な世界設定が特徴です。主だった登場人物はトールキンが発明した創作言語を由来にした名前が多く、似たような名前があ 『ロード・オブ・ザ・リング』といえば、世界中で愛されたj・r・r・トールキンの長編ファンタジー小説『指輪物語』を映像化し、名だたる映画賞を総なめにした不朽の名作映画です。多種多様な登場人物と、綿密に練られた精巧な世界設定が特徴です。 ­シリーズ累計発行部数が4億部を超える世界的なベストセラー小説『指輪物語』を原作として、2001年に映画化されたファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』!