「窒素」「リン」「カリウム」が豊富に含まれているからです。, 良く酸味が強いコーヒー、 コーヒーの生産国を多い順にランキング形式でご紹介。それぞれの特徴を徹底比較しながら、最後に一覧で分かりやすくお伝えします!コーヒーの生産国はコーヒー豆の輸出も多いと思われがちですが、実は違います。フェアトレードなども意識しながら見ていきましょう。 今度はカビが発生したり腐敗したりなど深刻な被害を受けてしまいます。, ○水はけが良い コーヒー豆をただ購入するのではなく ホンジュラス(137位)

世界コーヒー文化の始まりと言われている。, モカ・・・アラビア半島に富みをもたらしたコーヒー。 ランキングの3位はブラジルサントスでした。ブラジルは世界最大のコーヒー豆の生産国であり、日本が最も多く輸入しているコーヒー豆の産地もブラ …

結果としてコーヒーの実をひきしめ味わい深くさせるからです。, とはいっても、 近年は高品質コーヒー産出国としての地位を高めようとしている 19世紀後半・・・増産しすぎが原因となりコーヒー品質の低下を招く サビ病から奇跡的に生き残ったわずかなアラビカ種が現在のマンデリン, 1815年・・・ポルトガル人の東ティモール植民地総督がブラジルから苗を持ち込む 22.ベネズエラ いろんな国で生産されたコーヒー豆を買って、自宅で挽いて飲む楽しみを覚えて約 3年になりますが、2017年末で 45か国になりました。, そんな中、どんな国が、どのくらいコーヒー豆を生産しているかを知るときに参考にしてきたのが国際統計・国別統計専門サイトの「GLOBAL NOTE」です。, その「GLOBAL NOTE」が昨年末にランキングページの表示デザインを変えて棒グラフ表示を追加しました。, そして2017年12月21日に 2016年の直近データに更新された「世界のコーヒー豆 生産量 国別ランキング」がこちら。, 棒グラフを見て、あらためて 1位ブラジルの生産量の凄さが分かります。2位ベトナムの倍以上なんですね。, 15位のコートジボワールがブラジルの約 30分の 1で、それ以下はもう「その他」で括れそうな生産量です。, 残り 3か国はネット検索しても探し出せませんでした。マダガスカルとベネズエラはぜひ一度は飲んでみたいのですが…。, 15.コートジボワール 79位 ブラジル ※コナコーヒー100%はかなりの高額商品となり高嶺の花 ・ なにしろパソコン Facebookページ, 32型で解像度 2560×1440 の「HP Pavilion 32 QHD」を追加購入でリビングもデュアルディスプレイ環境に, 「ゲーミングローデスク」と「HUANUO モニターアーム」でリビングでも快適なパソコン環境を構築, ホンジュラスの女性生産者農園「ラ フォルトゥーナ」のコーヒー豆を味わう(UCCカフェメルカード), 中国・雲南省「瑞麗(ずいれい)」で採れたコーヒー豆「翡翠(ひすい)」を味わう(カフェ・バッハ), フィリピン産のフェアトレードコーヒー「シサムコーヒー(SISAM COFFEE)」を深煎りで味わう, 99銘柄目に 43か国目となるスリランカ産のコーヒー豆「スリパーダ」を味わう(ナチュラルコーヒー), レユニオン島(フランス)のコーヒー豆「ブルボンポワントゥ」をいただく(UCCカフェメルカード), 浅煎りで仕上げたコスタリカ産のコーヒー豆「カンデリージャ」をいただく(LIGHT UP COFFEE), ウガンダ産のコーヒー豆「ブルーナイル マウントエルゴン」をいただく(LIVE COFFEE 吉祥寺), 吉祥寺「COFFEE TALK(コーヒートーク)」の自家製ケーキでコーヒーブレイク, コロンビア産のコーヒー豆「ブエナビスタ農園」を味わう(吉祥寺 自家焙煎「珈琲散歩」), コピス吉祥寺の「カルディコーヒーファーム」で「スペシャルブレンド」を買ってみました, 東小金井自家焙煎「すずのすけの豆」でインドネシア産のコーヒー豆「マンデリン トバコ」を購入, やせたことで肋骨(ろっ骨)の間、みぞおち近くに「しこり」があるのに気づいたけど、これは剣状突起?, Kindle で画面表示のフォントサイズ(文字の大きさ)を素早く拡大/縮小して切り替える方法, Android 端末のホーム画面で日時の数字を大きく見やすく設定できる「DIGI 時計ウィジェット」, GLOBAL NOTE「世界のコーヒー豆 生産量 国別ランキング」に棒グラフが追加され、2016年データに更新. 117位 エクアドル 70位 タイ コーヒー豆の産地と言うとどんな国を思い浮かべますか? だから 1700年・・・イギリス植民地時代にイギリス人によってコーヒー栽培がスタート スノートップは輸出会社が付けたオリジナルの名前, 19世紀・・・ケニアにコーヒーが移植される

栽培の上限としては2000m位までとなります。, 人間でも日光に当たる事でビタミンDが体内でつくられたり、 フォームミルクとは?作り方とコツ3 タンザニアにあるコーヒー農園の背景にそびえる。 33.アンゴラ 主に赤道付近の「コーヒーベルト」と呼ばれている地帯で高地栽培されています。, ○高地・山の斜面であること⇒標高700~2000m

日本でも日頃から親しまれているコーヒー。コーヒーを作るために必要なコーヒー豆はどこで作られているのでしょうか。, 歴史を遡ると、ブラジルは、1727年にブラジルのパラ州にフランス領ギアナから初めて苗木が伝わり、生産されるようになりました。別ルートでインドからリオデジャネイロへ、リオデジャネイロからサンパウロへと伝わり、生産量が急激に増加して、1850年には世界最大のコーヒー生産国となっていました。, 栽培されている種類としては、主にアラビカ種ですが、国土が広大なので、様々な種類のコーヒーが栽培されています。, ベトナムは、1865年に西アフリカのカネフォラ種がフランスによって持ち込まれて生産が始まりました。1990年代には生産量が急激に伸び、第2位のコーヒー生産国にまで成長しました。カネフォラ種以外にアラビカ種の栽培にも近年は力を入れています。, ベトナムでは、深炒りし、粗めに挽いたコーヒーを、あらかじめコンデンスミルクを入れたカップの上に載せたフィルターに入れ、湯を注ぎ、濃いコーヒーがゆっくりとしたたり落ちるのを待って、かき混ぜるという独特の方法で飲まれています。, かつてスペイン領だったコロンビアでは18世紀後半に、コーヒーの栽培が始まりました。長い間世界第2位の生産国だったものの、現在はベトナムにその地位を譲っています。高品質のアラビカ種の生産国として知られています。, 赤道直下に位置しますが、国土の大半が山岳地帯なので、コーヒー栽培に適しています。そして、スペシャルティコーヒーにも積極的に取り組んでいます。, 1699年にオランダ人によってコーヒーが移植されました。第二次大戦以前は、世界第3位の生産量でしたが、大戦中に激減してしまい、現在は世界第4位となっています。, 「ジャワ・ロブスタ」は苦味に特長があり、ブレンドの際の好適品として知られています。アラビカ種も栽培されており、スマトラ島の「マンデリン」、スラウェシ島の「トラジャ」などは評価が高いです。また、ジャコウネコの糞から取れる希少な「コピ・ルアック」も有名です。, インドネシアでは、細挽きのコーヒーの粉と砂糖をグラスに入れ、熱湯を注いで皿で蓋をし、粉が沈むのを待って飲む方法が一般的です。, コーヒーの原産国で現在も野生種が自生しています。国の中央を北緯10度線が通り、その南の高原地帯はコーヒー栽培の適地です。南部のシダモ、南西部のジンマ、東部のハラーが産地として有名です。, コーヒーの作り方は、生豆を鍋で炒って、潰して粉にし、水から煮立て、粉を沈めて上澄みを飲む方法です。砂糖だけでなく、塩やバター、香料を入れて飲むこともあります。, カリブ海に面した中米のホンジュラスは、北緯15度線が国を横断し、大半が高原地帯なので、コーヒー栽培に適しています。, フルーティで酸味が柔らかく、バランスがとれていて、日本でも人気があります。ほとんどが手摘みで、スペシャルティコーヒーの生産にも熱心です。, 世界のコーヒー豆の生産量ランキングは、想像通りでしたか?馴染みのない国もあったかもしれませんね。紹介した国は、世界有数の生産国なので、それぞれのコーヒー豆でコーヒーを作って飲み比べしてみてください。, カフェや喫茶店で、ふあふあのミルクが乗っているラテやカプチーノを飲むと幸せな気分になりますよね。あのふわふわなミルクを「自宅で作れたらいいな。」と思う人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、自宅でフォームミルク を…, あなたは「スチームミルク」という言葉を聞いたことがありますか? カフェラテやカプチーノなどに使われるミルクのことですが、「フォームドミルク」との違いを知らない方も多いと思います。 この記事では、スチームミルクとは何なのか…, 日本でも日頃から親しまれているコーヒー。コーヒーを作るために必要なコーヒー豆はどこで作られているのでしょうか。 コーヒー豆の生産量など世界の状況を見ていきましょう。 世界のコーヒー豆の生産量国別ランキング 世界の国別生産…, 「アイスコーヒーを自分で淹れてみたい」 「どうやって淹れるんだろう…なんだか難しそう」 そんなふうに思っている方もいらっしゃいますよね。しかし、そんなことはありませんよ。アイスコーヒーは作り方さえおさえれば、誰でも美味し…, コーヒー豆の特徴を知りたいけど、豆の種類が多すぎて「どんな違いがあるのか分からない…」と思う方もいるでしょう。 そんな方のために、この記事ではコーヒー豆の産地別に特徴や違いを紹介します。コーヒー豆の生産地として有名な国か…. 各国とも環境が大きく異なりますし、私も事情に詳しいわけではありません。, 以前、あるコーヒー生産国のとある市長の家でランチをご馳走してもらったことがあります。その地域では、コーヒーの収穫作業の1日の賃金は400円とのことでしたでした。そして、その市にあるコーヒー農地の実に7割が、市長一家の所有だとのことでした。. 日本での不動の人気を誇っています。. 世界のコーヒー豆生産量の30%を占めるコーヒー大国ブラジル。 ブラジルのコーヒー豆はNo.2~8と等級が分かれており、数字が小さいほど欠点豆が少なく上質な豆とされています。 味は全体的に酸味が少なくまろやかなテイストです。 アラビアにコーヒーを持ち帰り広めたのが 90位 ペルー ルワンダ(163位), 特に上位のブラジル・コロンビアは素晴らしいですね。人権費があまり安くないのに、日本で手に入るコーヒー豆はそれなりの安さ。大規模農園による機械化が進んでいる証拠です。, それ以外の3国は機械化が進んでいないので、純粋に人権費の安さがコーヒー豆の安さに直結している国々です。コーヒー豆流通の闇が無い・もしくは少ない国々なのかもしれません。笑, いったい、人件費が安い国なのにコーヒー豆が高い国って、その利益はどこに行っているのでしょうか? いろんな国で生産されたコーヒー豆を買って、自宅で挽いて飲む楽しみを覚えて約 3年になりますが、2017年末で 45か国になりました。 GLOBAL NOTE「世界のコーヒー豆 生産量 国別ランキング」に棒グラフが追加され、2016年データに更新 | なにごとも経験 コーヒー豆には銘柄によって、酸味や苦み、香りに様々な違いがあります。でも結局どのコーヒー豆が美味しいのか。そんな疑問を解決するべく、ここでは「本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング」を紹介しているのでぜひチェックしてみてください。 179位 コンゴ 21世紀(近年)・・・特定産地のアンティグアのウエテナンゴ州が 47.赤道ギニア その時にサビ病対策として植えられたのが病害に強いロブスタ 38.中央アフリカ どちらのコーヒー豆も、価格はそれなりに高いです。, GNIとは、GDPと似た指標ですが「国民総所得」です。 120位 インド 20.マダガスカル 50.プエルトリコ, 「ライオンの山」という意味らしいですが「平均寿命が短い国」としても知られているようです。, いずれにせよ、残った国は日本国内での入手はかなり困難な気がします。あったとしてもロブスタ種だとしたら無理してまで飲みたくないし…。, Ewin のタッチパッド搭載ミニワイヤレスキーボードで「楽天マガジン」の画面操作は楽になるか?, 「なにしろパソコン編集長」の 林 俊二 です。2014年5月に「なにしろパソコン」事業を独立運営することとなり、フリーになって経験する様々なことを記録することにしました。それがこの「なにごとも経験」ブログです。, ・ なにしろパソコン・ドットコム

ポロ山の肥沃な土地が育んだコーヒー豆。 コーヒー豆に支払われるお金はいったいどこに消えてしまっているか、気になるところです。, 近年日本にもブルンジのコーヒー豆が入ってきていますが、COEという品評会の受賞豆で、一般のコーヒーよりかなり高い価格で販売されています。これは適正な価格なんでしょうか?COEがマネーゲームの道具に使われてしまっているんじゃないか、と危惧しています。, ブラジル(GNI 79位)

メキシコ産地はSHGが最高ランク キューバのコーヒー公社認定の最上級 高地なので昼夜の寒暖の差が大きくまた通気性の良い事が コーヒーの淹れ方. このような状況になっています。, マイナーな国でもびっくりするくらいの風味を出すことがよくあります。そのようなコーヒー豆は知名度が無いので安く、もっと注目されて欲しいと思います。, どちらの国もコーヒー豆では有名な国です。 コーヒーの木は植民地時代にスペイン人によって植えられその後発展, 「SHG」・・・コーヒー豆が生産された場所の標高1200m以上の時につけられる名前。 POPULAR POSTS.

豆を購入して自宅で淹れるコーヒーには、格別の味わいがあります。すこし手間はかかりますが、その手間もまたおいしいコーヒーを淹れるための楽しさといえるでしょう。, 市販されているコーヒー豆の多くはブレンドですが、製品によって配合や焙煎度が異なりますし、品数の多い販売店ではストレートの種類も豊富。ご自身にとってベストの味を見つけるには、いろいろ試してみるのが一番です。, この記事では、バリスタとして輝かしい経歴を持ち、『COFFEE HOUSEとむとむ』でコーヒーアカデミーを主宰する小池美枝子さんに、おすすめのコーヒー豆をご紹介いただいています。, また、IPPING編集部による「コーヒー豆の基礎知識や選び方」のポイント、「ネットで評価の高いコーヒー豆TOP20」などもご紹介しますので、あなたにとってベストなコーヒー豆に出会うための参考にしてみてください。, ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフォン部門で優勝。現在は地元・茨城で 『コーヒーアカデミードンマイスター』を営みながら、精力的に指導にも従事。, トップバリスタ、小池美枝子さんがおすすめくださったのは、本当に気に入ったコーヒーを見つけられるよう、3種のコーヒー豆を気軽にお試しできるアイテムでした。, このメーカーは焙煎してそのまま販売していますので、手元に届くまでに時間がかからず新鮮な状態で届きます。, しかも、元々がワインカンパニーなので通販のノウハウもあり、安心して購入できますね。, こちらのアイテムは、「グァテマラ エルインヘルト農園 ブルボン」「エチオピア イルガチェフェ G1」「インドネシア ゴールドトップ マンデリン」と、いずれもハイグレードな銘柄の3種セットとなります。, 個性の異なるコーヒー豆を少量の50gずつ味わえるので、お試しにはぴったりです。小池美枝子さんがおっしゃるように、焙煎後、新鮮なうちに届くのも嬉しいですね。, コーヒー豆はコーヒーノキ(コーヒーの木)から採れる果実の種子です。産地は「コーヒーベルト」と呼ばれる赤道付近の地域が中心で、生産国にするとその数およそ60ヵ国。暑い国の涼しい高所ほどじっくりと実が熟し、質の良いコーヒー豆ができるといわれます。, 赤く熟したコーヒーの実は、種子を取りだして乾燥させ、欠点豆(虫食い、カビ、未成熟、貝殻豆など)を取り除いたのち、定めた等級ごとに分類されて、生豆として消費国へ出荷されます。, コーヒーノキには多くの品種がありますが、飲用として3大品種に数えられているのが以下の3つです。, アラビカ種は香りや味わいが優れているため、圧倒的にシェアが大きく(世界の総生産量の70%ほど)、私たちの知っている銘柄の多くがアラビカ種です。, ロブスタ種はカネフォラ種の1品種ですが、一般にはロブスタの名前のほうが有名です。病気や害虫に強く、環境適応力があって収穫時期も早い品種ですが、味はアラビカ種に劣るため、インスタントコーヒーやリキッドコーヒーの材料に多く使われます。, アラビカ種とロブスタ種を合わせて総生産量の100%近くを占めており、リベリカ種はほとんど流通していません。, コーヒー豆の銘柄の多くは、「ブラジル」「コロンビア」など生産国名で呼ばれるほか、「ブルーマウンテン」「キリマンジャロ」のように、国名よりも産地がブランドとして定着しているケースもあります。, また、国名(産地)のあとに、農園名や豆のグレード(品質や大きさの等級)、品種名などが付記されている製品もあり、喫茶店でもコーヒー専門店などではきちんとメニューに表記されていたりします。, これらの基準や表記方法は国や地域によって異なりますが、見方を覚えておくと、購入時の銘柄の指定や、好みの豆を特定するのに役立つでしょう。, 多くの種類、そしてランク付けがあり、国や産地によって味わいが千差万別なのもコーヒー豆の特徴です。, <中南米>ブラジルコロンビアコスタリカホンジュラスメキシコグァテマラジャマイカ(ブルーマウンテンなど), <アフリカ・中東>タンザニア(キリマンジャロなど) エチオピア(モカ ハラーなど)イエメン(モカ マタリなど), <アジア・太平洋>ハワイ(コナコーヒーなど)インドネシア(マンデリン、ジャワ、トラジャなど)ベトナム(ロブスタ種の最大産国), 品種によって特色の異なるコーヒー豆ですが、生豆の焙煎(ロースト)の仕方もまた、酸味・苦味・香りなどを決定づける大きな要素です。同じ銘柄の豆でも、焙煎度によって味わいはまったく別のものになりますから、好みの品を選ぶ際には大切なポイントとなります。, 焙煎度は大まかには浅煎り・中煎り・深煎りと区別されますが、より細分化すると、ローストの浅い順に以下のように呼ばれます。, ライトロースト、シナモンローストは浅煎り、ミディアムローストからハイローストまでが中煎り、フルシティローストからイタリアンローストが深煎りと見なされます。, 焙煎度が深くなるに従って、明るい茶色だった豆の色は濃く暗くなり、深煎りまで進むと黒に近い褐色となって、表面に油分が浮きだしてつやつやしてきます。, コーヒー豆はローストが浅いほど酸味を感じ、焙煎度が深まると苦味が強調されてきます。最もポピュラーな焙煎度は、やはり酸味と苦味のバランスが良い中煎りということになりますが、アイスコーヒやエスプレッソなどは深煎りが向いています。, 種類の豊富なコーヒー豆の販売店では、複数の焙煎度の豆が売られていますから、ご自身の好みに合ったものを選びましょう。もちろん、酸味、苦味、キレやコクの違いには、焙煎度と同時に品種も関係してくるのはいうまでもありません。まずは50g、100gなど、少量で購入して試してみると良いでしょう。, コーヒー豆を購入する際に大事なのは、焙煎してからなるべく新しい豆を選ぶことです。生豆の新しさについては少し事情が違ってくるのでここでは省きますが、焙煎豆に関しては「鮮度が命」といっても過言ではありません。焙煎後の豆は刻々と酸化して風味や香りが落ちていくからです。, 焙煎豆の賞味期限は2週間程度といわれます。一方で、焙煎後3~5日ぐらいが品質が安定して飲みごろという意見もあります。しかし、お店に入荷するまでの時間や、通販なら配送の日にちもありますので、できるだけ新しいものを購入するに越したことはないでしょう。, お店側が焙煎日を教えてくれれば何よりですが、それが無理でも、売れ行きが良く、回転数が早いお店・銘柄は、新しい豆がこまめに補充される傾向があります。反対に、売れ残った豆はどうしても時間が経ってしまいます。, なお、古い豆は表面に油が浮いているといわれることもありますが、深煎りの豆はもともと内部の油分が浮きだしてつやつやしているので、一概にはいえません。, 上記と同じ理由で、もしご自宅で豆を挽くことができるなら、挽いていない豆のままで購入したほうがおいしいコーヒーを淹れられます。粉のコーヒーは水分に敏感ですし、酸素にも触れやすくなります。劣化スピードは豆のままとでは段違いです。, とはいえ、ご自宅にミルがなかったり、ご自身ではムラなくきれいに挽くのが難しいというケースもあるでしょう。そういう場合は、早めに飲みきれる量を挽いてもらって購入しましょう。, 焙煎度と同様、挽き方にも段階があります。大まかには粗挽き・中挽き・細挽き。細かく分けると粗挽き・中挽き・中細挽き・細挽き・極細挽きとなります。中細挽きならペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォンなど、どんな抽出方法でもおいしく淹れられます。, なお、極細挽きまで細かくすると、フィルターが詰まって抽出時間が不要に延びてしまいますから、こちらはエスプレッソマシンなどに適しています。, 焙煎されたコーヒー豆は時間を追って劣化していきます。早めに飲みきるのが第一ですが、保存する場合は、なるべく無駄な空間のない密閉容器に入れ、冷暗所で保管しましょう。酸化を遅らせるためには食品用の脱酸素剤も有効です。, 冷暗所という意味で、冷蔵庫は短期の保存には適しています。長期(長くても1ヵ月ほど)ならば冷凍庫へ。どちらの場合も気をつけたいのは、出し入れする際に結露などの水分が吸着しないようにすることです。あらかじめ小分け保存しておいて、使用するぶんだけ取りだすのがベストです。, ここからは、『プロの逸品』によるコーヒー豆の人気ランキングを「ストレート」「ブレンド」に分けてお伝えします。, 特大サイズはあえて省き、鮮度が良いうちに飲みきれる量の製品を中心にご紹介していますので、これからいろいろな銘柄を味わってみたいという方はぜひ参考にしてみてください。, 第1位は、『しげとしコーヒー』がお届けする『ブラジル・マイルド 200g』です。銘柄は「ブラジル クアトロリオス農園 イエローカツアイ種 パルプドナチュラル」。焙煎度は「中煎り」です。, ブラジルは酸味と苦味のバランスがよく、マイルドでたいへん飲みやすいので人気の品種です。多くのブレンドコーヒーのベースにもなっています。, 標高1300mのクアトロリオス農園で栽培されるコーヒーは、品質が高いことで知られています。本品は、『しげとしコーヒー』によると、「プラムのようなフレーバーの甘みの強いコーヒー」とのこと。ブラジルの長所である親しみやすさと、フルーティな甘さを兼ね備えた逸品です。, ユーザーレビューでも、「甘味と酸味がほどよくておいしい」「挽いたときの香りが素晴らしい」「豆が新鮮で抽出時によく膨らむ」等々、好評でした。, 『広島珈琲』からお届けするのは、7種類のストレートコーヒーのなかから好みの4品(各300g)を選べるお得なセットです。, 選択肢は「コロンビア スプレモ」「ブラジル」「キリマンジャロ」「グァテマラ」「マンデリン」「ホンジュラス」「モカ シダモ」。いずれもメジャーな銘柄かつ、それぞれに個性があるため、飲み比べが楽しいでしょう。同じ銘柄を複数オーダーすることも可能です。, こちらのセットの焙煎度は「中深煎り」が多いようで、レビューを見ると、「酸味がやや物足りない」という方もいらっしゃいました。もっとも、嗜好品の代表格であるコーヒーですから、味の好みは人によって分かれるところです。, 『しげとし珈琲 特選コーヒーセット』は、第1位の「ブラジル・マイルド(クアトロリオス農園  イエローカツアイ種 パルプドナチュラル)」と、「グァテマラ ダーク(ドンアントニオ農園)」の2品に、品変わりする「特選ストレート」を合わせた各200gの3種セットです。, グァテマラは「中深煎り」。コクのあるメリハリの利いた味で、「これを飲めばウチの味の基本がわかる」とメーカーが謳う、一番人気の製品です。, レビューでは「豆が粒ぞろいできれい」という意見が複数見られました。スクリーン(大きさ)が均一であることは適切な焙煎を行なう上で重要な点です。いろいろな銘柄を飲み比べて楽しんでいる方がやはり多いようで、好みの豆を見つけるためにもセット販売はおすすめです。, 従来のコーヒー豆の品質評価の基準は、生産国側が独自に定めていたものでした。そこへ新たに導入されたのが「スペシャルティコーヒー」という概念で、ごく簡単にいえば、こちらは消費国側による「実際に飲んだときの味わいの評価」ということになります。「プレミアムコーヒー」より上位に位置づけられるのが、「スペシャルティコーヒー」です。, 『加藤珈琲店 世界規格Qグレード珈琲福袋』は、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)が定めた高品質Qグレードのコーヒーです。, 本製品は「グァテマラ ケツァールマウンテン」「メキシコ ルーセントカフェ」「インドネシア マンデリン シナブンマウンテンG1」「タンザニア キリマンジャロ」の各200g×4セットとなります。, お試し版というスタンスで販売されていますので、高品質・価格面でリーズナブル。リピーターも多いようです。, 『珈琲屋ほっと 無農薬・有機栽培 3つの農園コーヒー味比べお試しセット』は、品名どおり、無農薬・有機栽培原料100%にこだわったストレートコーヒーです。, 同店では、入荷した生豆に対し、焙煎の前後で二度のハンドピック(欠点豆の排除)を行ない、焙煎後は最長でも24時間以内に発送しています。顧客のもとへ届くころに、焙煎豆の品質が安定し、ちょうどいい飲みごろになっているそうです。, セット内容は「コロンビア」「ペルー」「東ティモール」の3種。鮮度の高い豆を新鮮なうちに味わえる各90gというサイズも良いところ。, 『旭川北珈館 カフェインレスコーヒー(デカフェ) コロンビア 100g』は、スイス式水抽出法という製法で、生豆から安全にカフェインのみを抽出除去した製品です(カフェインレスコーヒーのことを「デカフェ」といいます)。, カフェインの除去率は97%。コーヒー本来の風味は失われていないため、妊娠・授乳中の方や、就寝前でも飲めるコーヒーとして支持されています。, 今回ランクインした銘柄は「コロンビア」ですが、ほかに「モカ シダモ」「グァテマラ」などのデカフェタイプも販売されていますから、ご興味を持たれた方は上記リンク先をご覧ください。, 一般にマンデリンはコク・苦味系の銘柄で、酸味が得意でない方に人気があります。特に『辻本珈琲 マンデリン ラジャ・シボルガ』は、「フルシティロースト」で焙煎されているため、コーヒーの苦味が好きな方や、アイスコーヒー、カフェオレなどに最適です。, レビューでも、酸味がなく、コク深く、香りがよい点が評価されていました。50gのお試しパック(約5杯分)につき、気軽に購入できるのが嬉しいところ。気に入ったらリピートするとよいでしょう。, 『ラジャ・シボルガ』は、スマトラ島の標高1300~1600mの地域で栽培される、厚みのある良質の豆です。, 独特の甘い香りと柑橘系の酸味を持つモカ。イエメン産とエチオピア産に大別され、いくつかの銘柄があります。, エチオピアの「モカ シダモ」は「コーヒーの貴婦人」の異名を持つ高級品。モカの特徴でもある酸味が上品で優しく、香り豊かなコーヒーで、苦味は控えめです。, お試しセットの製品はやはり人気が高いですね。それだけさまざまなタイプのコーヒーを飲んでみたいという方が多い証しでしょう。, こちらの『八月の犬 お試し無農薬コーヒーセット』は、「ホンジュラス JAS&RA」「ペルー チャンチャマイヨ」「ブラジル カラメリッチ」のスペシャルティコーヒー100g×3種セットとなります。, 「ホンジュラス JAS&RA」のアルファベットは、有機JAS認証および、森林保全を目的とした国際NGO団体「レインフォレスト・アライアンス(RA)」の認証を表しています。, また、「チャンチャマイヨ」はあまり見慣れない名前かもしれませんが、ペルーは癖のない上質なコーヒーの産出国で、中部に位置するチャンチャマイヨ渓谷はコーヒーの名産地として知られています。, 「ブラジル カラメリッチ」は、その名のとおりカラメルっぽい甘みを具えた銘柄で、ブラジルの最高グレード「No.2」に該当します。, 日本における人気面でも、アラビカ種の産出量でも、ブラジルと双璧をなすといえるのがコロンビア。そのなかで、全収穫量の3%にも満たない最高級品が「エメラルドマウンテン」です。, 濃厚な甘みと柑橘系を思わせる豊かな香り、そして雑味のない苦味。バランスが良く、「コーヒーの宝石」と称する声があるほどの銘柄です。, 価格的には少々高めですが、レビューでは「コーヒー通も黙らせる味わい」との感想がありました。, 『八月の犬 お試し ブラジルブレンド』は、バランスが良く万人好みの「ブラジル サントス」をベースに、コクと苦味が特徴の「マンデリン」を加えたブレンドコーヒーです。, 全容量は300gですが、鮮度を考慮した150gパックになっているのも嬉しい配慮。焙煎したての新鮮なコーヒー豆が放出する炭酸ガスを逃がすアロマブレスパックに封入してのお届けとなります。, レビューでも、「誰が飲んでもおいしいと思う」「ブラジルのまろやかさとマンデリンの苦さが良いバランス」「価格が安いので心配だったが良い品質だった」と好評です。, 『アンティグアの恋人』と名づけられたこちらの製品は、「ブラジル」「コロンビア」「グァテマラ」「インドネシア」のブレンドです。, 焙煎度のベースは「中深煎り」とのことなので、酸味は抑えめの味わいでしょう。メーカーは「ソフトな苦味と微妙な甘味がマッチした、香り高い」コーヒーと紹介しています。, 実際、レビューでも、「酸味が少ない」「苦いコーヒーが苦手でも飲めた」という声がありましたので、万人受けする飲みやすいコーヒーといえるのではないでしょうか。, 『信州珈琲 自家焙煎焼き立てコーヒー 200g×5種』は、500gでは不便というユーザーの意見から生まれた製品なのだそうです。たしかに鮮度を考えると、こちらのほうがありがたいですね。, さらに特筆すべき点は、5袋それぞれの中身を選べるところ。選択肢は「信濃路(コロンビアベース・深煎り)」「そよ風(ブラジルベース・深煎り)」「白樺(キリマンジャロベース・深煎り)」「上高地(グァテマラベース・浅め焙煎)」「浅間(ブラジルベース・深煎り)」「軽井沢(マンデリンベース・浅め焙煎)」「水出し専用豆(アイス)」と多彩です。, 初めての購入であれば、いろいろ選んで味わってみるのがよいのではないでしょうか。粉に挽いてもらう場合は、挽き方も別々に指定できます。, 『さかい珈琲店 ブレンドお試しセット』は、深煎り系の2種類のブレンド100gずつのセットです。, 「クラシックブレンド」は「グァテマラ SHB」「ブラジル サントス No.2」「キリマンジャロ AA」「ジャワロブスタ WIB」を「フルシティロースト」に焙煎。, 「たかくらブレンド」は「コロンビア スプレモ」「ブラジル サントス No.2」「キリマンジャロ AA」を「シティロースト」に焙煎。, 使用されているのはどれも高品質の豆で、銘柄をしっかり公表してくれているのも嬉しいところです。, どちらも深煎りタイプのブレンドコーヒーですが、レビューでは、強烈な苦味ではなく、ふんわりとした甘みとまろやかなコクを感じたという感想が見られました。, 当ランキングに複数製品が入っている『広島珈琲』。こちらの『朝焼け“レヴェール”』は、「シャキっと目が覚めるコクと苦味」を個性にしたブレンドです。, カフェインの多いロブスタ種をベースに用い、フルシティローストしたコーヒーは、まさに朝のお目覚め用。アイスコーヒーやエスプレッソ、カフェオレ、また、コーヒーゼリー作りにも向いています。, 特徴が明確なブレンドですから、選びやすいと思います。しっかりとした濃い目が好みの方はぜひどうぞ。, 『ゴールド珈琲 4種類楽しめる高級お試しセット』は、「スペシャルブレンド(深煎り)」「モカブレンド(中煎り)」「コロンビアブレンド((中煎り)」「クリスタルマウンテンブレンド(浅煎り)」を100gずつセットにしたお試しセットとなります。, それぞれの味わいの詳細は、リンク先にメーカーがチャート表を掲載してくれていますので、参考になさってください。, レビューには「このセットなら好みの一品が必ず見つかる」との声があり、これこそまさにお試しセット最大のメリットといえます。「値段と比べてクオリティが高い」との意見もありました。, 「キリマンジャロ」は強い酸味と香りを持つ銘柄です。味わいにはシャープな印象がありますが、こちらのブレンドは「キリマンジャロ」をベースに「コロンビア」や「ブラジル」を合わせて、適度な酸味、苦味、コクと香りを引きだしています。, レビューを見ると、それでも「キリマンジャロの爽やかな酸味は健在」とのことですから、一般的な「コロンビア」や「ブラジル」ベースとはひと味違うブレンドコーヒーを楽しめるのではないでしょうか。, 創業1927年の老舗『チモトコーヒー』からは、喫茶店やレストラン、ホテル向けに提供されているコーヒー豆を、自宅で手軽に飲み比べできる100g×8種類のセットがランクインしました。, 8種のブレンドはすべてロースト値(焙煎度)を変え、味の違いをわかりやすくしているそうです。ここでは紹介しきれない個々の特徴をリンク先で説明してくれていますので、ご覧いただければと思います。, 8種類ものセットはあまり見かけませんから、毎日コーヒーを飲むのが楽しくなりそうですね。, 豆の特性に合わせて3種類もの焙煎機を使い分けているという『コーヒーばかの店』。こちらは通常のブレンドと比べて見かけることの少ない「アメリカン・ブレンド」の豆です。, 配合は「ブラジル」「コロンビア」「マンデリン」「ホンジュラス」が2:2:1:1の比率とのこと。焙煎度はもちろん浅煎りで、メーカーからは「リンゴのように甘く爽やか」「木の実のようなマイルドなコクも」と紹介があります。, コーヒーの好みというのは、じつは「慣れ」に左右されるところが大いにあります。例えば、酸味が苦手で炭焼きコーヒーが好きな方が、しばらく酸味の強いコーヒーを飲みつづけていると、炭焼きに戻ったときに酸味のなさを物足りなく感じるといったケースがあるのです。, ブレンドをお湯で薄めただけの「アメリカン」を出す喫茶店もあるなか、すっきりとした浅煎りの「本物のアメリカン」を味わってみてください。, 『コーヒー白豆屋・黒豆屋 石焼焙煎おためしコーヒーセット』は、「コロンビア」「グァテマラ」「ブラジル サントス」の「石焼コーヒーブレンド」と、前記の3種に「モカ」を40%配合した「石焼モカブレンド」、同じく「キリマンジャロ」を40%配合した「石焼キリマンブレンド」の100gずつのセットです。, コーヒーの焙煎方法には、直火式、熱風式、半熱風式があります。このうち直火焙煎は、無数の穴(パンチンメッシュ)の開いた円筒形のドラムを回転させながら、下からバーナーの火で炙る方式です。, 一方、今回ご紹介の製品は、「石焼焙煎」という手法を用いており、直火の強い火力を石が和らげ、コーヒー豆を包むように芯までじっくりと焙煎できるといいます。キレ、コク、のどごしが違うのでブラックで味わってみてくださいというのが、メーカーからのおすすめです。, レビューでは、明確に「石焼」の個性を感じたという感想は見られなかったのですが、味はおおむね好評で、「あっさり」「まろやか」といった印象を持った方が多いようでした。, ご参考までに、コーヒー豆の売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。, Amazonのコーヒー豆売れ筋ランキング楽天のコーヒー豆売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのコーヒー豆売れ筋ランキング.

※農薬を使わない自然栽培が特徴でブルーマウンテンに匹敵するともいわれている, 19世紀半ば・・・コーヒーの栽培始まる 確認できる資料上では2000年から1位を維持し続け、 「生産地」に特化して説明していきます。, コーヒー豆の生産地を知る事で、 世界のコーヒー豆の生産量ランキングは、想像通りでしたか?馴染みのない国もあったかもしれませんね。紹介した国は、世界有数の生産国なので、それぞれのコーヒー豆でコーヒーを作って飲み比べしてみてください。 Tweet. 105位 エルサルバドル このあたりは霧が発生する事が多くその霧が青く見える事から、 125位 東ティモール