ザナミビル (Zanamivir) は、世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬。ザナミビル 水和物としてグラクソ・スミスクライン社により商品名「リレンザ」が販売されている。A型 インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルスに効果を示すが、C型 ... リレンザとは?ザナミビルの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:病気別版), 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群もしくはtoxic epidermal necrolysis:TEN)、多形紅斑, https://meddic.jp/index.php?title=ザナミビル&oldid=12612, インフルエンザ感染症の症状が出現したのち24-36時間以内に投与で、インフルエンザ感染症の症状を軽減できる。, 1989年 - オーストラリアのビオタ (Biota) 社が、初めてのノイラミニダーゼ阻害薬としてザナミビルを開発, 1990年 - ビオタ社がグラクソ(現在のグラクソ・スミスクライン)に独占的にライセンス提供し、リレンザとして販売, 2013年2月 - 日本の厚生労働省は、2009年から2012年にリレンザを投与された患者3人にアレルギー性ショックが発生し、そのうちの1人(30代女性、予防投与)が死亡したことを発表, 本剤を治療に用いる場合には、抗ウイルス薬の投与が全てのA型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療には必須ではないことを踏まえ、本剤の使用の必要性を慎重に検討すること。, 本剤を治療に用いる場合、インフルエンザ様症状の発現から2日以内に投与を開始すること。, 本剤を予防に用いる場合には、原則として、インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である下記の者を対象とする。, 通常、成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日2回、5日間、専用の吸入器を用いて吸入する。, 通常、成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日1回、10日間、専用の吸入器を用いて吸入する。, 本剤を治療に用いる場合、発症後、可能な限り速やかに投与を開始することが望ましい(症状発現から48時間経過後に投与を開始した患者における有効性を裏付けるデータは得られていない)。, インフルエンザウイルス感染症患者に接触後1.5日以内に投与を開始すること(接触後 36時間経過後に投与を開始した患者における有効性を裏付けるデータは得られていない)。, インフルエンザウイルス感染症に対する予防効果は、本剤を連続して服用している期間のみ持続する。, 気管支喘息及び慢性閉塞性肺疾患等の慢性呼吸器疾患のある患者に対し、慢性呼吸器疾患の治療に用いる吸入薬(短時間作用発現型気管支拡張剤等)を併用する場合には、本剤を投与する前に使用するよう指導すること(「重要な基本的注意」参照)。, 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群・TEN)、多形紅斑(いずれも頻度不明, A型あるいはB型インフルエンザウイルスを感染させたMadin Darbyイヌ腎臓細胞に対して、ザナミビルは用量依存的な抗ウイルス作用を示し、そのIC, A型あるいはB型インフルエンザウイルスを鼻腔内に接種し感染させたマウスに対し、ザナミビルの鼻腔内投与はマウス肺中のウイルス力価を用量依存的に低下させた, ザナミビルは、インフルエンザウイルス表面に存在する酵素ノイラミニダーゼの選択的な阻害薬であり, ハイリスク群(高齢者、乳児、慢性基礎疾患(心臓疾患、気管支拡張症、腎臓疾患、糖尿病):, 全身症状(発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛)→局所症状(咳、咽頭痛)→鼻汁、結膜充血、流涙→局所症状の始まりから2-3日で回復, 感染力は発症直前から発症後3日までが最も強い。発症から7日間はウイルスを排出する。, ウイルス分離:MDCK細胞に接種しCPEの観察。発育鶏卵を利用した羊膜amniotic cavity内接種。尿膜allantoic cavity内培養. リレンザの一般名は、ザナミビル(zanamivir)と言います。 ザナミビルは、A、B型のインフルエンザに効果があると、報告されております。 特に、B型のインフルエンザに関しては、タミフルよりも効果が期待出来ると言われております。 ビルと同じような作用機序を持ち,ペラミビル はオセルタミビルと,ラニナミビルはザナミビ ルと交叉感受性並びに交叉耐性を有するが,体 内での作用が長時間持続する点が大きく異なっ ており,ペラミビルは点滴静注を,ラニナミビ 抗インフルエンザ薬としては、ノイラミニダーゼ阻害作用を持つザナミビル(商品名 リレンザ)が2000年に、オセルタミビル(商品名 タミフル)が2001年に発売され、以降同様の作用機序を持つ薬剤が発売され … 抗インフルエンザウイルス薬の服用の有無又は種類にかかわらず、インフルエンザ罹患時には、異常行動を発現した例が報告されている(「重大な副作用」参照)。

そのため、リレンザはザナミビル水和物ドライパウダーを吸入投与して用いられる。 インフルエンザウイルスは、主に上気道に感染・増殖し、発症する。 1. イナビル(ラニナミビル)の作用機序:抗インフルエンザ薬 . UpToDate Contents. ザナミビルは、インフルエンザノイラミニダーゼ酵素の保存領域に結合するが、該酵素は、糖脂質及び糖タンパク質に結合した末端シアル酸の切断を主に触媒する。 ザナミビルの製造方法は、最初に欧州特許第0526543号に記載された。 成人における季節性インフルエンザの治療 treatment of seasonal influenza in adults; 2.

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/15 23:55:00」(JST), ザナミビル (Zanamivir) は、世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬。ザナミビル水和物としてグラクソ・スミスクライン社により商品名「リレンザ」が販売されている。A型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルスに効果を示すが、C型インフルエンザウイルスには無効である。, ノイラミニダーゼ (NA) と呼ばれる酵素によりウイルスが感染細胞表面から遊離することを阻害し、他の細胞への感染・増殖を抑制する。そのため、ノイラミニダーゼを持たないC型インフルエンザウイルスには無効。インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用を持つ薬剤であるため、感染初期(発症後48時間以内)における治療開始が有効である。インフルエンザ症状が発症後48時間以降に治療を開始した際の有用性は確立されていない。同様の作用機序を持つ薬剤としてオセルタミビル(リン酸オセルタミビル、タミフル)がある。, 経口での絶対的生物学的利用能が2%程度と低いため、経口投与はできず、非経口経路投与に限られる。そのため、リレンザはザナミビル水和物ドライパウダーを吸入投与して用いられる。インフルエンザウイルスは、主に上気道より感染し、ウイルスは増殖し、発症する。リレンザは、薬物を吸入法により使用するため、薬物が迅速に上気道に到達する。そのため、経口投与する薬剤よりも即効性がある。, 同剤は「ディスクへラー」という専用の吸入器によって吸入投与するが、吸入投与法が一般的に、小児、高齢者には難しい。そのため、簡単に経口投与できるタミフルの発売後、ノイラミニダーゼ阻害薬におけるリレンザのシェアが激減した。ところが2006年 - 2007年のインフルエンザシーズンにおいてタミフル投与例での異常行動が世間の注目を浴びたこと(薬剤との因果関係は不明。)により、本剤が見直された。また、タミフルに比べて耐性が起きにくいことが分かった[1]。, 2008年-2009年の季節性インフルエンザシーズンにおいてオセルタミビルの耐性ウイルスの出現により、リレンザの使用量は、前シーズンより大幅に増大した。.