それではここからはシン・ゴジラとナウシカ原作どちらもネタバレ含めた考察というか妄想を垂れ流していきます. ブログを報告する. まずはおさらい、ゴジラの進化。 第1形態 海面からシッポが出てくるだけで全容は不明 第2形態 蒲田に上陸したときの形態、通称「蒲田くん」 第3形態 直立歩行形態、品川付近で進化したことから通称「品川くん」 第4形態 鎌倉から再び上陸したときの形態、通称「鎌倉くん」 第5形態 尻尾に見えたヒト型の形態。実際この進化は凍結作戦により未遂に終わっている 僕は1回目に映画を見たとき、てっきり蒲田くんが第1形態だと … シン・ゴジラの第5形態とは? 「エヴァンゲリオン」で知られる庵野秀明氏が総監督と脚本、監督・特技監督を樋口真嗣氏が務めた映画「シン・ゴジラ」。 「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」というキャッピコピーで2016年7月29日に公開された本作が、地上波初放送となりました。 | 2018年締めくくりに2回目のテレビ放送される「シン・ゴジラ」のラストシーンで進化しようとしていた第5形態のフィギュアを通販で探している方。第5形態の情報と、形態変化してきた状態別のフィギュアの通販を紹介。お部屋のディスプレイとして全種類コレクションしてみませんか? アマプラに来たときソッコーで観て、劇場に行けなかったのをめちゃくちゃ後悔したのを思い出しましたよ…, あれから何回か観たんですけど、地上波はみんなでワイワイしながら観られるのでそれもまた良き…ってことでうちでも垂れ流してました, アマゾンズみてからだと、会長とか橘さんとか加納とか出てるやんけ!って発見することができましたよ~, いい機会なのでわたしも個人的な思いを一度吐き出しときたいなということで書きなぐります, それではここからはシン・ゴジラとナウシカ原作どちらもネタバレ含めた考察というか妄想を垂れ流していきます, まず、大前提として「ゴジラ第5形態は後の巨神兵なのか?」っていう本筋についての個人的な見解なんですが, 庵野さんは…なんていうかこう…「いつまでも公式解を出さないくせに思わせぶりな演出大好きおじさん」であり、良く捉えれば「ファンサービスに溢れたおじさん」だと思っているので, なので、「こうだったら面白いよな」っていう…解釈というか…そういうのを書きますよ、わたしは…, ここで重要なのはナウシカがこの時点で唯一巨神兵と密にコンタクトをとった人間てことです(クシャナのお兄ちゃんとかパパも喋ったけど、巨神兵の存在意義について知ったのはナウシカだけかな), ・破壊兵器としての役割の他に人類の「裁定者」として振舞っている(この理由により、巨神兵は「旧文明人類の行いを裁くため、もしくは人類を不要と判断し滅ぼしたのではないか?」という仮説がたてられる), ・身体から毒の光を出す(放射線かもしれないし、そうじゃないかもしれない。作中で名言はされてない), ・牧博士はゴジラ出現を予測しておきながら、核をめぐる人間への恨みつらみから調査データをあえて不完全な状態で残した(と劇中で推測されている), 放射性廃棄物がなければゴジラは生まれなかったかもしれないので、ゴジラ(後の巨神兵)はある意味「人間が作った」存在。終盤で矢口の「核の使用も含めて人間がどう行動するか試したのかもしれない」的な台詞から、「裁定者」の役割はゴジラであり、牧博士のことでもある, ・身体の中に原子炉のようなシステムを持っており、活動するたびに放射性元素を撒き散らす。第5形態以降では飛翔する可能性も語られている, 巨神兵も体内に膨大なエネルギーを生み出すシステムを有しており、空を飛ぶこともできる。周囲にいる者の身体に有害な影響を及ぼしている。ビームの破壊力も同程度と思われる, 両作品、作中で明言されてないこともいっぱいあるし、もちろん説明のつかないところも多々あるのですが…, というわけで、ここまでこじつけた2つを我々現生人類とナウシカたちの世界に(無理矢理)当てはめていくぞ, ちなみに劇中で牧博士の生死は不明扱いだけど、ゴジラは「人間も体内に取り込む」という設定がある(ソース未確認。設定資料かパンフレットかな?)みたいなのでそれ採用します, ・人類vsゴジラにおいて核兵器の使用が決まる(ヤシオリ作戦が選ばれない、もしくはヤシオリ作戦後にゴジラが再び動き始める), ・ゴジラが核兵器の攻撃に耐えて(という可能性はシン・ゴジラの劇中で示唆されている)第5形態へ, ・再び核の力に頼った人類に見切りをつけたゴジラ(が取り込んだ牧博士)、「火の七日間」で世界を滅ぼす(後に巨神兵と呼ばれる存在へ)→ナウシカアナザールート, 「アナザー」をつけたのは、ナウシカ原作では明らかに「巨神兵は旧文明人類による人工物(概念ではなく、実際に人間の技術が使用されている)」であるという無視しきれない描写があるためです, でも「巨神兵東京に現る」の巨神兵と第5形態のビジュアルが似てるというかわざと似せてるというか, こんなん抜きにしても、シン・ゴジラって作品はそれ単体でホント素晴らしい映画なんだけどね, 一番好きなシーンは夜の街をビームで破壊して(ここめっちゃ綺麗だよねほんと神様っぽい)、燃え盛る炎の中佇んでるゴジラ, このシーンを見て最初に思ったのが「アニメ版ナウシカの巨神兵が炎の中歩いてるシーンと雰囲気似てんなぁ…」ってことなんです, ヤシオリ作戦に赴く矢口に対して「幹事長は任せろ」って言い方したのが彼らしくてグッときた, llooyllさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog まず、大前提として「ゴジラ第5形態は後の巨神兵なのか?」っていう本筋についての個人的な見解なんですが そんなわけないだろ 映画『シン・ゴジラ』の中で、これまでになかったゴジラの形態変化が注目されました。映画では第1形態から第5形態の始まりまでを確認することができますが、巷では第6形態から第8形態の噂も立っています。その真相に迫りました! 映画『シン・ゴジラ』の中で、これまでになかったゴジラの形態変化が注目されました。 映画では第1形態から第5形態の始まりまでを確認することができますが、巷では第6形態から第8形態の噂も立って …