No reproduction or republication without written permission. 2002年に、アラム語で「ヤコブ、ヨセフの息子、イエスの兄弟」と記されている 骨箱 (英語版) が見つかったとして注目をあびたが、この骨箱は巧妙な偽造品であるとして、偽造の疑いのある収集家と骨董商がイスラエル当局から起訴された。 参考文献. ヨセフの兄弟たちは,ヨセフの夢のことやヨセフが父親のヤコブから大変かわいがられていることに腹を立てました。ヨセフは殺されてしまうのでしょうか。 ?年 - 62年)は、ナザレのイエスの異母兄または従兄あるいは実弟とされる人物である。日本ハリストス正教会では主の兄弟イヤコフと呼ぶ。義人ヤコブ(ぎじんヤコブ)とも呼ばれる。聖人の概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬されている。4世紀の歴史家エピファニウスによれば、イエス昇天後にエルサレムで活動した弟子たちの教団であるエルサレム教会の初代教会長を、紀元38年から、石打ちの刑で殺された紀元62年まで、24年間つとめたとされる。, 共観福音書によれば生前のイエスの行動についてはまったく理解できなかったようであるが(マルコ6:1-6並行)、十字架刑の後に復活のイエスに出会い(第1コリント15:7)豹変し、母マリアや他の兄弟らとともにエルサレムにおける初期キリスト教団ないしユダヤ教ナザレ派(エルサレム教団)に参加したようである(使徒行伝1:14)。, さらには、少なくともエルサレム使徒会議(48年頃か?)までにはペトロに代わって、教団の最高指導者となった。同会議では、結論をまとめる役割を果たしている(使徒行伝15:13-21)。伝承によればエルサレム教会の初代総主教であり、文献に名前が残る最初のエルサレム教会司教ヤコブと同一視される。, パウロ書簡および使徒行伝からエルサレムにおいて指導的立場にあり、またヘブライストの代表者であったことが知られる。パウロ書簡からは使徒と呼ばれていた形跡も窺われる。, 伝統的には新約聖書文書『ヤコブの手紙』の筆者とされる。これは今日の(自由主義プロテスタントの)近代聖書学の立場からは否定され、保守的プロテスタント、カトリック教会、正教会ではいまも肯定される。, 62年に処刑され、殉教した。ヨセフスに「義人ヤコブ」の殺害について「キリストと呼ばれたイエスの兄弟ヤコブ」が石打ちの刑に処せられたことの記事があり、ユダヤ人からも尊敬されていたことが分かる。エルサレムの城壁から投げ落とされたと記録される。, 2002年に、アラム語で「ヤコブ、ヨセフの息子、イエスの兄弟」と記されている骨箱(英語版)が見つかったとして注目をあびたが、この骨箱は巧妙な偽造品であるとして、偽造の疑いのある収集家と骨董商がイスラエル当局から起訴された。, 「主の兄弟イヤコフの聖体礼儀」といわれる聖体礼儀(聖体祭儀)の典礼文は、今日でもエルサレムの聖墳墓教会において、正教会の聖大金曜日の聖体礼儀に用いられている。, 「主の兄弟」はパウロ書簡および使徒行伝にみられる呼称である。ここから、ヤコブは間違いなくイエスの近親者であったことが明らかになる。しかし聖母マリアの処女性の解釈をめぐり、イエスとヤコブの関係には三つの説がある。, これらのどの説にも、聖書外の史料や考古学上の証拠があるわけではなく、どれも結局は推測の域を出ない。信仰の範疇の問題であるといえる。, 正教会では「七十門徒」のひとりとして、「使徒」の称号をもつ。固有の記憶日としては10月23日(グレゴリオ暦の12月5日)。ほか、12月26日(1月8日)にダビデ(聖王ダウィド)・ナザレのヨセフ(義人イオシフ)とともに記憶されるほか、1月4日(1月17日)に「七十門徒の会聚祭」で記憶される。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヤコブ_(イエスの兄弟)&oldid=75472760, イエスの弟。プロテスタントで主に支持される説。イエスを産んだ後、自然な出産により、ヨセフとマリアから生まれたとする。, イエスの異父弟。上記のクロパとクロパの妻マリアの子。クロパはイエスの養父ヨセフの兄弟であり、クロパの妻マリアを、ヨセフの死後にクロパと再婚したイエスの母マリアと解釈する。. アシェル

©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 48:1 これらのことの後で、ヨセフに、「お父上が御病気です」との知らせが入ったので、ヨセフは二人の息子マナセとエフライムを連れて行った。, 48:2 ある人がヤコブに、「御子息のヨセフさまが、ただいまお見えになりました」と知らせると、イスラエルは力を奮い起こして、寝台の上に座った。, 48:3 ヤコブはヨセフに言った。「全能の神がカナン地方のルズでわたしに現れて、わたしを祝福してくださったとき、, 48:4 こう言われた。『あなたの子孫を繁栄させ、数を増やし/あなたを諸国民の群れとしよう。この土地をあなたに続く子孫に/永遠の所有地として与えよう。』, 48:5 今、わたしがエジプトのお前のところに来る前に、エジプトの国で生まれたお前の二人の息子をわたしの子供にしたい。エフライムとマナセは、ルベンやシメオンと同じように、わたしの子となるが、, 48:6 その後に生まれる者はお前のものとしてよい。しかし、彼らの嗣業の土地は兄たちの名で呼ばれるであろう。, いよいよヤコブが天に召される時がやってきました。ヨセフは父ヤコブが病気であるとの知らせを受けて、その息子マナセとエフライムを連れてヨセフのところに行きました。, この時ヤコブは、「今、わたしがエジプトのお前のところに来る前に、エジプトの国で生まれたお前の二人の息子をわたしの子供にしたい。エフライムとマナセは、ルベンやシメオンと同じように、わたしの子となる」と宣言しました。, このため、実際にはマナセとエフライムはヨセフの子供でしたが、この二人の息子はヤコブの息子として加えられるのです。やがてのちの時代になると、レビ族は祭司として領地は与えられませんが、レビを除く10人+マナセとエフライムがそれぞれの領地を与えられていくことになります。, 天の父なる神様、ヤコブの人生を守り導いてくださったように、私たち一人一人の歩みを見守り、導いてくださるあなたの御手を信じ委ねて生きることが出来ますように。. ヨセフ物語(37~50章) ヨセフは、ヤコブが愛した妻ラケルから生まれた、ヤコブの11番目の子どもです。ヤコブは高齢になってから生まれたヨセフをかわいがっていました。

イッサカル NIV訳のヘブル語コンコルダンスと日本コンピュータ聖書研究会のヘブル語のソフトでは「ハーヴァー」(חָוַה)で統一しています。, 創世記47章31節の後半の部分は「イスラエルは床に寝たまま、おじぎをした」と訳されていますが、ヘブル語の原文を直訳すると、「そしてひれ伏した、イスラエルは、~の前で、頭(かしら)、ベッド(寝台、床)の」となります。ですから、ここは「イスラエルは寝台の頭の方に向かってひれ伏した」と訳せます。「ひれ伏す」は礼拝行為を表わす動詞です。, ヘブル語では「床、寝台」は「ミッター」(מִטָּה)で女性名詞です。ところが、同じ子音で「マッテ」と発音すると男性名詞の「杖」(מַטֶּה)という意味になります。モーセが手にしていた「杖」はこれです。, 70人訳聖書はこの創世記47:31の箇所を「床」としないで、「杖」を意味する「ラブドス」ραβδοςと訳しました。ヘブル人への手紙11章21節でも「信仰によって、ヤコブは死ぬとき、ヨセフの子どもたちをひとりひとり祝福し、また自分の杖のかしら(先)に寄りかかって礼拝しました」と記しています。, したがって、「床」も「杖」も、発音表記が異なっていたとしても本来は同じ語根を持つ語彙だということです。「床(寝台、ベッド)の頭のほうに向かってひれ伏す」行為においても、「杖の先に寄りかかって礼拝する」ことにおいても、共通していることは、神に向かって、神に寄りかかって感謝を表わす礼拝をしているということです。ヤコブの信仰の総決算はまさにこの「床のかしら」に向かって、「杖のかしら」に寄りかかって、神を礼拝しているのです。, 聖書において「杖」は重要な意味をもっています。有名な詩篇23篇4節には「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。・・・あなたの杖が、それが私の慰めです」というダビデの告白があります。(ただし、ここでの「杖」は「ミシュエネット」(מִשְׁעֶנֶת)で原語が異なります), 新約時代においては、神の国へと安全に導いてくれる「杖」はイエス・キリストただ一人です。そのイエスが「旅のためには、杖一本のほかは、何も持っては行ってはいけません。」(マルコ6:8)と言われましたが、人生の旅路において必要なものは「杖一本」―それは主イエス・キリストとその方が語られるみことばだけーを持って生きる生活をすることなのです。そこに満足する生き方を見出すことなのです。, 険しい人生の旅路を送ってきたヤコブの最期の姿、それはまさに神を唯一の「杖」として寄り頼む姿です。それがヤコブの生涯の総決算とは、「祝福の器」として選ばれた者としてなんと麗しい姿であったことでしょうか。, トップ|空知太栄光キリスト教会| 詩篇の世界 | 霊性の回復セミナー| ヘブル語コラム |ヘブル語のキーワード|ヘブル語デイリー・ブレッド|ヘブル・ミドゥラーシュ例会|ヨハネの黙示録を味わう | 再臨と終末預言 |主の例祭における預言的意味 |キリストの花嫁 |「光」についての神学的瞑想| 神の住まい(幕屋)|マタイの福音書1|マタイの福音書2|創世記1~3章の原語に基づく瞑想|主の受難24(改定)|The Hebrew Bible|A Hebrew-English Bible|The Greek Bible |Living Bible | Hebrew New Testament|Bible Hub|eBible Japan|原語で聖書検索|, Copyright © 2020 Hidenori Meigata All Rights Reserved.