http://en.wikipedia.org/wiki/Religion_in_France#Religion 日本でも差別問題はありますが白人国家は現在でもアジア人を差別しています、中国人とか韓国人と言うととんでもない嫌な思いをさせられます、皆さんこの現実をどう思いますか?, アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。 造物主以外のものを信仰したり、 ・ローマは土木工事等の実学には長けていたが、ギリシアのような哲学や数学は発達しなかったと聞きます。文化面でもだいぶ隔たりがあるように見えます。 当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

メッカには、「神の館」であるカーバ神殿があり、また、預言者モハメッドの生誕地でもあります。 フランス大使館の『フランスの宗教』 外務省のフランス共和国の宗教の比率を見ると、 そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。

古代ギリシアとローマの関係がよくわからないのです。 同じキリスト教を信じるアメリカと エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。 よろしくお願いします。, 下記のオランダの「宗教」に大まかなことが書かれていますよ。

ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む, http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/france/data.html  ギリシアの文明に学び、しかも全域が統一されているローマの国力は急速に伸びて行きました。やがて、国力としては劣り、しかも統一できていないギリシアの都市国家を次々と従わせ、ローマの地方都市として、やがてギリシア全域をローマの領土に組み入れることとなります。 http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/964059/

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。, まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。 『法の精神』で知られるモンテスキュー。 ありがとうございました。, しっかりと宗教別の数値が出ていましたね。。。

フランスの宗教状況を見ていきましょう。カトリック教徒が比較的多いものの、その割合は過去数十年の間に縮小し、現在は無宗教割合が増えているなど世俗化が非常に進んでいます。, フランスが持つ歴史は「現代世界史の幹」とも表現されるなど、近現代のヨーロッパが形成されていく上で、フランスは非常に大きな影響を与えてきました。, このように、ヨーロッパになくてはならない国として存在してきフランスは、他のヨーロッパ諸国と同じく、キリスト教が主な宗教であるという宗教的特徴を持ちます。, この記事では、そんなフランスの宗教について、現在の状況や各宗教の割合などを見ていこうと思います。, 西ヨーロッパ諸国の中にはキリスト教のカトリックの影響を強く受けている国が複数見つかりますが、フランスもまた「カトリック文化の国」であることは否定出来ない事実。, 実際、フランス国内には他のどんな宗教や宗派に属する人々よりもずっと多くのカトリック教徒がいます。, 一方で、フランスの国籍を持つ人の大多数が「自らをカトリック教徒である」と考えていた時代は、今となってはずっと昔のこととなってしまいました。, というのも、1986年には人口の80%以上が自らをローマ・カトリック教徒と考えていたものの、その割合は年々減っていき、2001年には69%、2010年には64%、そして2017年に実施された調査によると47.4%、つまり全人口の半分弱にまで落ち込んでしまったからです。, さらに、日曜日に行われる教会でのミサに参加する人たちの割合は全人口のわずか5%ほどで、言い換えれば、カトリック教徒全体の10%程度。, そして、このカトリック教徒の減少の主な原因は、現在のフランス共和国のアイデンティティの基礎の一要素ともなっている「ライシテ」の影響だと考えられます。, とされるもので、これによって「フランスにおける宗教の立場や役割は、例えばイギリスやアメリカ等と比べると、日常生活の中で限られている」と言える状況となっているのです。, 具体例を挙げると、イギリスやアメリカでは、しばしば宗教指導者がいる中で政治家たちが写真を撮られたり、イギリスでは大きな国家行事が宗教儀式によって特徴付けられることがありますが、フランスではそうではありません。, さらに、フランスの教育分野において宗教とそれにまつわる事柄は、しばしばタブーなテーマであると考えられてきました。, そのため、子どもに宗教教育を受けさせたい場合、親は放課後に宗教教育を受けさせるか、もしくは私立学校(多くはカトリック教会によって運営されている)に子どもを通わるのが一般的です。, このように、フランスのアイデンティティに強く根付くライシテによって、国家もその原則に従い、いわゆる世俗主義的な考えが一般社会に受け入れられていった結果、元々はカトリック教徒の割合が人口の80%近くを占めていたものの、現在は半分弱にまで減ってしまったと考えられるのです。, フランス国内にはまた、カトリック教徒以外のキリスト教宗派や、他の宗教を信仰する人々ももちろんいます。, 上述したPew Research Centerの調査によると、2017年の時点でフランス人口の54.2%にあたる人々がキリスト教に属し、47.4%のカトリック以外は、2.2%のプロテスタント教徒と1%の正教徒、そして、3.6%のその他の宗派を信仰する人々に分かれます。, また、キリスト教徒の次に多いのがイスラム教徒(ムスリム)達で、フランス全体の人口に占める割合は5%。, さらには、0.4%を占めるユダヤ教徒と、その他の宗教を信仰する人々が1.4%ずつとなっています。, 一方で、宗教的にはどこにも属さないとする「無宗教」の人々が37.8%存在し、そのうちの24.8%は無神論者であり、4.8%は人間は神の存在を証明することも反証することもできないと唱える不可知論者、そして8.2%は「特に何もない」と答えています。, 今日のフランスにおける宗教状況から、各宗教の割合までを見てきましたが、ここからはフランスにおける主な宗教グループについて、もう少しだけ見ていきたいと思います。, 全ての宗派を合わせた場合、フランスではキリスト教徒が未だに人口の過半数を占め、他の宗教グループと比較するとその数は圧倒的に多いこともあり、フランスはキリスト教国家と見なされます。, そんなフランスにおけるカトリックは、西暦466年頃から511年までに実在したメロヴィング朝フランク王国の初代国王「クロヴィス1世」が洗礼を受けた時に起源を遡るとされ、11世紀頃には現在のフランスにあたる地域にも大きな影響力を持っていました。, ちなみに、フランク王国は現在のフランス、イタリア北部、ドイツ西部、オランダ、ベルギーなど、西ヨーロッパの相当な範囲を占める大王国でした。, 一方で、他の西洋諸国にはプロテスタントが主流となっている国もありますが、フランスはそうではありません。, これは、1534年に檄文事件(げきぶんじけん)(注1)が起きると、当初はカトリックからプロテスタントへの分離を促す宗教改革運動に寛容だった当時のフランス国王「フランソワ1世」がプロテスタントを脅威だと感じ始め、プロテスタントを弾圧・迫害したことに依ります。, 結果、現在はカトリックがフランスの国中に広まっているのに対し、プロテスタントはほぼ、フランシュ=コンテ地域の北部、アルザス、セヴェンヌ山脈の一帯に限定されることとなりました。, (注釈1)檄文事件とは、「教皇のミサの恐るべき、重大な、耐えがたい弊害について真正な諸箇条」と題する檄文が、パリやオルレアンなどの諸都市に張り出された事件。教皇のミサ、とくに聖餐論における化体説を非難するものであったものの、檄文はアンボワーズの宮殿内のフランソワ1世の寝室の扉にも張られていたため、国王の激怒を招く結果となった。, 上で説明したような理由から、過去の長い歴史の中で、フランスはヨーロッパにおける「カトリック」の主要国の1つとなってきました。, またその後、イギリス、スイス、ドイツやスカンジナビア地域のヨーロッパ諸国がプロテスタントを採用した一方で、フランスはカトリックを主な宗教として維持してきました。, しかし、1789年のフランス革命を経験してからおよそ100年が経った1905年のフランスでは、「政教分離法」が公布され、先述した「ライシテ」の原則が法律で規定されることとなったのです。, これによってカトリックは、法律的には多くある他の宗教と変わらない一宗教という扱いになり、フランスにおいて他の宗派や宗教と比較すると優勢な宗教のままではあるものの、時間の経過とともに社会は世俗化していき、現在はカトリック文化の国でありながらも、世俗的な人がとても多い国へと変貌しました。, 総人口に占める割合は現在のところ、およそ5%を占めており、その大多数はとりわけ、モロッコ、アルジェリア、チュニジアなど、フランスの旧植民地国に所縁がある人々です。, さらに、イスラム教に関する一つのトレンドとして、イスラム教諸国にルーツを持つ移民の受け入れなどによって、少しずつではありますがイスラム教徒の割合が増えているという点を挙げることが出来、また、フランス国内には30校ほどのイスラム教系の学校が存在しています。, 一方で、他の多くの国ではムスリム女性が顔を隠すために着用するスカーフやベールの着用が許されているのに対して、フランスでは身元を隠すとしてセキュリティ対策を理由に、公共の場で顔や頭を覆うスカーフやベールを着けることは禁じられています。, そのため、ムスリムにとても寛容的であるとは言い難く、また、「自由」を標榜するフランスにとっては矛盾と言える状況が生じています。, 無宗教は宗教と言えないため、宗教グループと見なせるかどうかの疑問が生じますが、フランスの宗教状況を理解する上では大切であり、また、大きな人口割合を占めるため、無宗教の人々についても触れておきます。, 19世紀初頭、まだフランスで「政教分離法」が制定される以前、カトリックが国の政治と一体だった時、神の存在に疑問を持ったり無関心を公言する者達は道徳的価値観がないとして、社会的に制裁を受けることもありました。, しかし、20世紀始めに政教分離法が公布されると、主に若い世代を中心に徹底的に無宗教を公言する人々が増えていき、世代が変わるごとにその割合は増えていったのです。, さらに、2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件以降、一部の人々はイスラム教に対して恐怖を抱くようになり、これが世俗化(ライシテの右傾化)を促すことになったとも言われ、より多くの無宗教の人々を生み出したのではないかと考えられています。, フランスは歴史の中でカトリックが主流となっており、また、カトリック文化の影響も強く受けてきましたが、「ライシテ」によって世俗化が進み、現在はカトリック教徒の割合も人口の半分以下にまで減少しています。, ただ、そんな今日のフランスであっても、他の宗教と比較して未だにカトリック教徒の割合は圧倒的で、いくらイスラム教徒の割合が増えていると言っても、その増加速度は非常に緩やかなため、今後もカトリック主流の宗教情勢が長く続いていくと予想出来ます。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。.

17世紀(日本への進出時)にはプロテスタントであったと思います。今日のオランダの国教がプロテスタントでないとき、何時どう変化したのですか。大まかな話で結構です。 トラベルマガジントップ 海外旅行・国内旅行 ヨーロッパ スペイン スペインの宗教 【スペインの宗教】キリスト教とイスラム教の文化融合のあるスペインの信仰割合は? 16世紀の宗教裁判・教会建築・宗教美術と併せて現地在住の筆者が紹介 ノルウェーでは無宗教の人間の割合は90%近いよ アメリカの名無しさん なんで東ヨーロッパはこんなに無宗教者が少ないんだ? 共産主義が宗教を否定したんじゃないのか? ポーランドの名無しさん Šú„ˆÚi‰ß‹Ž50”Nj, ƒCƒMƒŠƒX‚Ì–fˆÕ‘ŠŽè‘‚ÆŠ„‡i—AoE—A“ü•Êj, 4‘åƒ}ƒ“ƒKŽGŽi­”NƒWƒƒƒ“ƒv‚Ȃǁj‚Ì”­s•””„ˆÚ, ‘å’nkik“x5ˆÈãj‚Ì—]kE‘Ok‚ÌŠÔŠu‚Æ‚»‚Ì–@‘¥‚Ì’²¸Œ‹‰Ê. また、キリスト教は、当時のユダヤ教、特に神殿に依拠する特権階級であったサドカイ派を厳しく批判し、庶民の心を少しずつ捉えていきました。 武力ということではないにしても、要は実力で認めさせるほかはないと考えます。, アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。 ・それなのに同じ12神を信奉していますし、使用するアルファベットも似ています  周が衰えて、他の国家が力を得て行った春秋時代は、中原ではまだ都市国家連合がひとまとまりとなった国家が多く、非常に多数の小国が乱立していました。小国とはいえ、文明・文化が発達しているので、その周辺地域の領土的に統一された国家から尊敬を受けていました。 人間は好き嫌いのほかに生理的嫌悪ということもあります。戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。 別の統計に因れば、カトリック以外の比率はほぼ同じなのに対し、カトリックの比率が83~88%となっています。よって、「30%」には無神論、積極的な無宗教の人も含まれるでしょうが、多くは宗教的意識が高くない人たちでしょう。現代フランス人の宗教意識にはばらつきがあり、不熱心な人たちの答えにより数値が変わってくるのだと思います。

残り30%が不明ですが、 しかし、キリスト教が...続きを読む, イスラム教の聖地とはエルサレム、メッカ、どちらなのでしょうか?

メッカ、メディナ、エルサレムの3つの都市が、イスラム教の三大聖地とされているようです。 第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許 あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。 また、もう一つありますが、 >日本人の君はまだマシな方だ 国際問題や社会問題などに対する『海外の反応』を紹介していきます。あとは雑談・アニメの感想などもやろうかな, 日本は仏教方式で埋葬されるなど仏教が生活に影響しているので完全に宗教を捨てているわけではないでしょう, 信仰の度合いとコロナ感染者の比率はどうなのか?さらにキリスト教徒の場合、カトリックとプロテスタントの感染率は?もちろんムスリムのシーア派とスンニ派は?大乗仏教と小乗仏教では?どうでも良いが創価学会と立正佼成会では?さらにどうでも良いが進歩派と保守では?, キリスト教を過去の侵略と結びつけて否定するものも多いが欧米人は何かしら戒律のある宗教を信じた方がいい金しか信じられなければ中国人と同じケダモノと一緒, 日本は先祖供養としての仏教と自然信仰としての神道が浸透しているが、宗教指導者の影響力は小さい。神が人間を創造したのではなく、人間が神を想像したと知っている。知った上でそれでも、便宜上、宗教が心の安定に有効だと理解しているから、生活習慣に根付いている。バルト三国と一括りにされてもエストニア(80%)とリトアニア(25%)では、こんなに違うのが興味深い。リトアニアはポーランド(17%)の影響を受けていると読み取れる。ラトビアのデータはないのかな。, 法律よりもキリスト教の教義を優先する日本以外の先進国の国民の多くは、自分達の生命と財産は神が守ってくれると信じ、他人の財布を拾うと神に感謝し警察に届けない。日本人の多くは、自分達の生命と財産は法律が守ってくれると信じているので、交番に届ける。, 日本は少なくとも5割ほど何らかの宗教を信じているらしいけどな若者がそれに入っているかは知らん, 不勉強な日本人は勘違いしてるが、日本には土着の『宗教』はないが『信仰心』はある。また宗教を非科学的なものを信仰すると定義した場合、日本人はむしろ西洋人より信仰心が強い。物を大切にする→物には魂が宿る→八百万の神和を大切にする→民ではなく天皇を端とした権威者が説いた思想→17条の憲法から明文化まあ要は、日本人の道徳心の根本は原始的な古代中国の儒教と神道がミックスされて発展したようなものでできている。それはどれも非科学的だろ?, 物は言いようだな物を大切にする→ケチだから和を大切にする→事なかれ主義で争いごとに労力を使うのがもったいないと考えるケチだからこんな風にだって言える, そもそも一つの宗教にこだわる意味が分からない。宗教の教えが良いなら色んな宗教の良い所取りして、納得できなちってのは切り捨てたら良いだろ。一つの宗教だけ信じるのは自分で考える脳みそが無い頭の悪い人のする事。そういう人が宗教を信じる方が害悪。, 宗教という概念そのものが舶来品じゃなかったっけ?日本は文化として生活に溶け込みすぎて分離すらできない地鎮祭なくしてはビル一つ建設できないし、食事には感謝の礼をする未だに田舎じゃ大きな災害があると今の政権が悪いから神様が怒ってんとちゃうか?とか言う人は一定水準数いる私もそう思う冷静に考えると世界一信仰心にはあついとおもう, 日本の宗教感は殆どが子供時代からの刷り込みで自意識からの物じゃないしねいただきますだって仏教の教えだけど親や学校の教師がやれって言うからやってただけの話で, 未成年でありながらパーティーに行って無駄に時間を過ごしているのはほとんどが宗教を信じない連中だ, あるいはろくに考えも持たずにメディアを浪費し、何に対しも意見を持っていない人たちだ, 【海外の反応】フランス人「アジア人の血が4分の1流れている。僕は白人か?それともアジア人なのか?」, 【海外の反応】日本人「これがヨーロッパで宗教を信じていない若者の割合なわけだが…」. 統治者が国教として採用したと想うのですが、どういうメリットがあったのでしょう。

まさかヨーロッパにそのようなことが有るとは それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか? ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。 てっきりキリスト教徒というものは オバマ大統領はなぜ黒人なのか。ハーフではないのか。白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 よろしくお願いします。, どっちもです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95 第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。 ヨーロッパの多くの国は一神教のキリスト教を信じると思いますが、

大変参考になりました。 この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。   >http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj9369/mystery/Jewish(3).htm 明日までに必要なのですが、   >ユダヤ人について(3) ありがとうございました。, 驚きました。 http://www.ambafrance-jp.org/IMG/pdf/religion.pdf

-------------------- http://www.oranda.or.jp/index/japanese/netherlands/country.html, 10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。, 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。 ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。

イスラム教徒(ムスリム)は、フランスで二番目に信徒数の多い宗教。 総人口に占める割合は現在のところ、およそ5%を占めており、その大多数はとりわけ、モロッコ、アルジェリア、チュニジアなど、フランスの旧植民地国に所縁がある人々です。 ヨーロッパ各国の人々がどの宗教を信じるかの割合を知りたいです。

フランスやイギリス、ドイツ等で結構です。 またユダヤ人にとってキリストは異端にすぎないのでしょうか?  

肝に銘じておきます。 まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。   ところで、この「割礼」の話は、『創世記』において、アブラハムが、神の命令に従って旅を初めて、ある所で、神の聖なる領域に近寄った時、神がアブラハムを殺そうとしたので、妻サライが、彼の「前の皮」を取って、これを神に示した所、神は満足してアブラハムを殺さなかったというような挿話が入っています。この話は、『レヴィ紀』が成文化される前の話で、当然、ユダヤ人のこの古い習慣を、彼らの大いなる「父祖」であるアブラハムに根拠付けようと言う話なのです。アブラハムは、知らなかったということになります。しかし、妻が機転をきかして、彼に割礼を施し、神に示したので、神は「契約」を結ぶことをアブラハムが確かに確認したという意味で、アブラハムに害せず、これを認めたのだとも云えます。  しかし、ローマはギリシアの文明・文化を超えるような独自なことはできませんでした。巨大な建築はできたけど、基本はギリシアのものです。それだけ、ギリシアの文明・文化は発達していたわけです。宗教も、ローマ独自のものはあったのでしょうが、ギリシアの神々と同じものだとしてしまいました。 世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。 また、p.113「④ヨーロッパの宗教分布と宗教別 人口の割合」や地図帳p.46「③ヨーロッパの宗教」 と比較すると、ゲルマン語派はプロテスタントの 多い地域とラテン語派はカトリックの多い地域と スラブ語派は正教会の多い地域とほぼ重なること がわかる。 道路交通法 一神教とは言いがたい所もありますね。