美術人名辞典 - 中曽根康弘の用語解説 - 政治家。大正7年(1918)群馬県生。東大卒後内務省入省。戦後警視庁警視観察官を務めたが、昭和22年総選挙以後連続当選。防衛庁長官・自民党総務会長・通産省・党幹事長等要職を歴任する。元自由民主党総裁、内閣総理大臣。
朝の情報番組「グッド!モーニング」 ニュース検定 中曽根総理の総裁任期は何年延長された? 1974年に連続3選を禁止する規定が導入されて以降、規定の上限まで務めて任期満了に伴い退任した総裁の例は、2例ある。 中曽根康弘 - 1986年に2期4年の任期を全うするも、同年の衆参同日選挙での圧勝などの理由で、特例により1年延長。 計5年の任期を務めた。 中曽根康弘総裁時代. バブル経済が始まった中、中曽根は総裁任期を延長して内閣を運営する。87年の通常国会で売上税を持ち出したことが公約違反ととらえられて支持率を落とすが何とか持ちこたえて総裁任期満了後の次期総裁に竹下昇を指名してその影響力を保つこととなった。 本日のグッドモーニングニュース検定、問題は「中曽根総理の総裁任期は何年延長された?」です。 問題「中曽根総理の総裁任期は何年延長された?」に対する答えの選択肢がこちら ・1年 中曽根裁定(なかそねさいてい)は、1987年10月20日に自由民主党総裁の中曽根康弘が、竹下登幹事長、安倍晋太郎総務会長、宮沢喜一大蔵大臣の3人(安竹宮)の内から竹下幹事長を次期総裁に指名したことを指す。 「グッド!モーニング」 池上彰 ニュース検定 ここでは「 … 第3次中曽根内閣 (だいさんじなかそねないかく)は、 中曽根康弘 が第73代 内閣総理大臣 に任命され、 1986年 (昭和61年) 7月22日 から 1987年 (昭和62年) 11月6日 まで続いた 日本の内閣 である。 本日のグッドモーニングニュース検定、問題は「中曽根総理の総裁任期は何年延長された?」です。 問題「中曽根総理の総裁任期は何年延長された?」に対する答えの選択肢がこちら ・1年

「総裁任期の1年延長」はルール上はイレギュラーだが、かつて中曽根康弘・首相がやったことだ。 中曽根氏は総裁任期満了の3か月前に突然衆院を解散、衆参ダブル選挙に大勝利し、その功績をテコに党内の反対を押し切って総裁任期の1年延長を認めさせた。 「総裁任期の1年延長」はルール上はイレギュラーだが、かつて中曽根康弘・首相がやったことだ。 中曽根氏は総裁任期満了の3か月前に突然衆院を解散、衆参ダブル選挙に大勝利し、その功績をテコに党内の反対を押し切って総裁任期の1年延長を認めさせた。 こうして第三次中曽根内閣が発足しましたが、中曽根総裁のめざましい指導下にかちとられた選挙結果をうけて、九月の党大会に代わる両院議員総会で、中曽根総裁の党総裁としての任期を、翌年十月三十日まで一年間延長することが決定されたのです。 鈴木内閣退陣のあと、四年ぶりに全党員・党友の参加による総裁選挙が行われた結果、中曽根康弘氏が第十一代総裁に選ばれ、清新気鋭の中曽根新内閣が登場しまし … 昭和62年10月31日. 中曽根総理の総裁任期は何年延長された? 中曽根康弘: 2位以下が辞退 1984年10月30日 中曽根康弘: 候補者1人(中曽根総裁の任期満了による総裁選で無投票再選) 50人 詳細: 1986年9月11日 中曽根康弘: 任期1年延長(両院議員総会で中曽根総裁の任期延長を全会一致で再選) - 1987年10月31日 竹下登