平成20年4月1日以後のリース契約締結分からは、契約締結時に消費税の全額を計上する。 但し、延払基準等により売上をリース期間にわたって計上した場合は、売上計上時に消費税を計上する。 保険代理店手数料: : 契約締結業務等の代行手数料であり、課税。 該当する� 課税売上は、委託された商品等の販売代金? それとも委託販売に係る代理店手数料? 販売代理店の課税売上は、 委託者から受け取る代理店手数料となります。 これは、委託された商品等の販売代金は. あくまでも委託者側の課税売上に. その販売代理店の消費税の計算の基礎となる. 保険料は全額非課税か? ... 今後、業界として代理店手数料を明らかにするようになると、従来控除できなかった、代理店手数料に係る消費税は、控除できるようになってくると思いますが、 一方、代理店手数料の金額が公表されることにより、同じ保険でも代理店により保険料が異なる等、保 消費税の簡易課税制度における仲介料、保険代理店収入の事業区分、種類についてご紹介しています。 消費税還付、不動産賃貸、相続等不動産関連の志賀税理士事務所 日本全国の消費税還付、申告手続きに対応致します。 home 自動車の販売、修理を営む者です。この度、保険会社より支払われる代車費用の消費税についての解釈が食い違い、見識者の意見をお聞かせ願えたらと、考えた末に書き込みさせて頂きました。当方の場合これまで、一般的な修理などではお客様 [mixi]生命保険業界 代理店、外交員報酬の消費税 保険は非課税であり、我々報酬を受け取るものは代理店報酬に対し課税される。 本来、消費税は消費者からの預かり消費税を支払消費税を控除して納税するもの。 保険各社によっても違いがあるが、保険会社が我々 消費税の簡易課税制度のみなし仕入率について、次の見直しが行われます。① 金融業及び保険業を第5種事業とし、そのみなし仕入率を 50%(現行60%)とする。② 不動産業を第6種事業とし、そのみなし仕入率を 40%(現行 50%)とする。 保険会社から、手数料と消費税がうちの会社(代理店)に入金されます。外交員がいるため、その人の契約分を支払う必要があります。その時、外交員への支払い額には、うちの会社から消費税を上乗せする必要があるのでしょうか?具体例 保 所謂保険代理店の売上ですので課税取引とされております。 保険手数料は保険料の一部では? しかし通常は保険料と保険手数料は区分されてなく、一括して保険料として支払われております。このような場合は、その全てが非課税と規定されておりますので、すべて非課税とされます。 保険代