加持リョウジは、ネルフの諜報員(スパイ)で、ミサトの元恋人でした。 劇場版では、エヴァ破からの登場になります。 彼は、ネルフからのミッションで、第3使徒と仮設5号機を破壊し、碇ゲンドウの元に「ネブカドネザルの鍵」を届けました。 年齢30歳。特務機関NERV特殊監査部所属の諜報員で、階級は一尉。元々はドイツ支部の所属だったが、EVA弐号機操縦者の惣流・アスカ・ラングレーの随伴者として来日、彼女の保護観察役を務める傍ら、NERV総司令・碇ゲンドウの下で様々な諜報活動を行う。が、実は同時に日本政府内務省のスパイでもあり、更にゼーレから遣わされたゲンドウの監視役でもあるという三重スパイを演じていた(更に、その特殊な立場を利用して独自にセカンドインパクトや人類補完計画を巡る陰謀を追ってもいた)。 戦 … 新世紀エヴァンゲリオン > 新世紀エヴァンゲリオンの登場人物 . このフィクションに関する記事は、全体として物語世界内の観点に立って記述されています。 関連するスタイルマニュアルを参考に、現実世界の観点を基準とした記事に修正してください。 ( 2013年12月 ) (使い方) 加持リョウジとは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の登場人物です。顔には無精髭を生やし、少しだらしない印象を与えますが、人当たりが良く、柔和な笑顔を浮かべた伊達男です。好意的に見えるその姿ですが、彼には秘密めいた部分が多くあります。

「こんな時に、もう。何?」 苦しい予算カットのシーンの後に、加持が薬のカプセルみたいなものをミサト渡すシーンがあるね。 ミサトはさらに加持から情報を得ようとするね。 しかも彼とフ〇ックもする …