しかしこれを英語で表現しようと思えば状況に応じて適切な表現を選ぶ必要があります。 今回はネイティブが使う「とりあえず」「まずは」に当たる英語表現を、状況別に解説いていきます。 本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 【「音割れ」を英語で言うと?】 英語に超堪能か、音響関係のお仕事をしている方 (というかとにかく正確な情報がほしいのですが)、 「音割れ」を英語で言うとどうなのかを教えてください。よく、 「安いスピーカー買… 「秘書に書類を預けた」と言う時に、「預ける」の表現にどの動詞を使うか迷いました。早速、「(荷物などを)預ける」について調べました。 deposit - - (動詞) 預ける、預金する銀行にお金を預ける。I … 英語で「取り急ぎ」という言葉の表現に悩んだことがある人もいるのではないでしょうか。日本語と比較して敬語が少ない英語には「取り急ぎご報告まで」というフレーズはありません。しかし、似たよう … 会ったことがない人にメールする時、履歴書を書く時など、ビジネスシーン以外でも英文で自己紹介をしなければならない機会はあります。そんな時、皆さんはさらっと自己紹介文を書くことができますか?この記事では、英語でスマートな自己紹介をする方法をご紹介しています。 そこから要点を絞りながら、英語の報告書をまとめてみてほしい。 報告書を作成し終えたら、ミスを減らすためにも、全体を通して読み返すことが大切だ。 英語に自信がない場合は、英語が得意な人に二重チェックをしてもらうことをおすすめしたい。 このページでは、英文のビジネスメールにおける文例集を紹介しています。是非、ビジネスでの英文メール作成に役立てていただければと思います。なお、以下のページも合わせてご覧ください。>>「お世話になっております」は英語にどう訳す?英文メールでの表