【医師監修】女性で微熱が続いている場合、考えられる原因について解説。原因不明の微熱は、ホルモンバランスの影響や妊娠など、様々な要因で生じます。長く続く場合は病気の可能性も。 女性の場合には、生理の周期(排卵から生理がくるまでの2週間)、妊娠、更年期障害などで微熱が続くことがあります。

微熱が続く原因は? 微熱が続く原因は、大きく3つに分けられます。 1.更年期障害による自律神経の乱れ. 扁桃腺炎には急性と慢性とがあり、慢性扁桃腺炎になると、微熱が続く、体がだるい、のどに違和感がある、などの症状があらわれます。 扁桃腺炎は正しくは「扁桃炎(へんとうえん)」。 微熱が続く場合、女性で疑われる病気は風邪・肺結核・自律神経失調症・乳がんと様々です。 女性は基本的には体温の高温期と低温期が二週間毎に入れ替わる体質なので、 3週間経っても微熱が続くようであれば 病気を疑った方がいいでしょう。