・開花 啓蒙, 日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis ・啓蒙

言い換えるなら?「啓発」の類語 「啓発」という言葉は、どこか堅苦しいイメージを与えることがあります。別のフレーズで言い換えたいという場合には、類語が便利です。 「教育・開発」の使い方. ・教え導く, 「啓発」の語源は、論語の中にある孔子の言葉が元になっています。「憤せずんば啓せず、悱せざれば発せず」という言葉が「啓発」の語源となっています。「啓発」とは、答えがもう少しで出かかっているのに、そのもう少しがなかなか出てこないという者に対して「これは、こう考えてみたら」とヒントを与えることで、自力で答えに辿りつくよう導くことを意味します。, 「啓発」とは、辞書に載っている内容によれば、「人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識や理解に導くこと」を意味します。, 「啓発」とは、その人が気づけずにいるところを教え諭されることでより高いレベルの認識や理解に導くことです。漢字でみると、「啓(けい)」とは、わからないことを教え導くということを意味し、「発(はつ)」とは、内側から外側に開くということを意味します。, 「啓発」の意味をご説明しましたが、簡単な意味としては、以下のようになります。 ・教育 ここで注意する点は、「啓発」とは誰が誰にという点が特定されておらず、地位的なものも囚われていないというところです。能力を高めたり、なるほどと気づかせてくれる人は自分(自己啓発)であったり、自分以外の人であったりしますが、上下関係は意識されません。. ©Copyright TRANS.,Inc..All Rights Reserved. ・分からせる (10/17更新). 1.「今まで気付かなかった事柄に対して「なるほど」と自発的に気づかされ、一歩前に前進させること」 啓発(けいはつ)の類語・言い換え。[共通する意味] ★知識を与え、教え導くこと。[英] enlightenment[使い方]〔啓発〕スル 彼には啓発されるところが大だ 啓発を受ける〔啓蒙〕スル 大衆を啓蒙する 啓蒙書 啓蒙思想[使い分け]【1】「啓発」は、一般に自分一人の力では気づかないような点について教え、より高い知性や理解を身につけるように導くこと。 ・刺激 Bond ・作用 enlightenment, 国語辞書で調べる ・感化・触発 2.「人々が気づかずにいる事に対して、教えわからせること」 ・諭す ビジネス書でもよく目にすることのある「啓発」という言葉。つい読み過ごしがちですが、この「啓発」という言葉にはどんな意味があるのでしょう。今回は、使い方の一例として、啓発活動や自己啓発など、「啓発」のつく言葉の意味もまとめて解説します。, 「啓発」は「けいはつ」と読みます。実は、「啓発」の語源は孔子の論語にあるとされていて、歴史ある言葉のひとつです。, 「啓発」には、人が気づかないこと(気づいていないこと)を教え示し、より高い認識や理解に導く、という意味があります。ただ新しい知識を得るだけでなく、知識を深めたり、理解を高めたりという意味が含まれている言葉です。, 「今まで気づいていなかったことを知る」ことで、立ち止まっていたところから前進する、成長するというようなポジティブなニュアンスを含むのが特徴です。また、成長を促すような意味で使われることもあります。, 「啓蒙」とは、新しい知識を与え、教え導くという意味の言葉です。知識や認識をより深めるという点では「啓発」と似ていますが、「啓蒙」はより限定的な使い方がされます。, たとえば、「啓蒙」には、偉い人が無知の人に教えるという意味があり、立場が上の人が下の人に向けて行うものです。「啓蒙セミナー」というと、専門家がその分野の知識のない人に向けて行うセミナーを差します。, 一方の「啓発」は、「誰に」と限定されておらず、立場を問わず広く使うことができる言葉です。使い方にも差が出るので、「啓発」と「啓蒙」の違いはぜひ覚えておきたいポイントです。, 「啓発」は、「この本には大変啓発された」や「スタッフを啓発するためにセミナーを用意する」という風に使うことができます。, 他にも「啓発」は、自己啓発や啓発活動など単語として用いられることが多いのも特徴です。「啓発」のつく言葉をいくつかピックアップして解説します。, 「啓発」を含む単語で一番よく見聞きする「自己啓発」という言葉。「自己啓発」は、自分の知らない物事に対して、もっと知識を得たいという思いで自ら行動し、自分の知識や能力を高めることを言います。, 「自己啓発本」や「自己啓発セミナー」というように、本を読んだり、セミナーに参加したりすることが一般的です。もちろん、ビジネスに関してだけでなく、分野を問わず知識や認識を深め、「一歩前進」できるようなものは、自己啓発に当たります。, 「啓発活動」とは、文字通り啓発のための活動のことです。ある事柄(分野)に対して、認識を高めてもらうことを目的とした活動を言います。, 認識や理解を深めてもらうことはもちろん、「気づいてもらう」ことに重きを置いた活動が多いのも特徴です。たとえば、「人権啓発活動」というと、人権に関する理解を深めることはもちろん、人権そのものを見直す・気づくという目的もあります。, ただ気づいてもらうだけでなく、「意識」をより高めるために行われるものには、「意識啓発」という言い方が使われることもあります。たとえば、「特許庁による知的財産に関する意識啓発」というと、知的財産制度について知り、さらに知的財産権への配慮を促すための施策や活動のことです。, 自分の能力を高めようとすることを自己啓発と言いますが、複数の人が集まってお互いに啓発しあうことは「相互啓発」と呼ばれています。有志を募った勉強会は、相互啓発の良い例です。お互いが持つ知識が共有できるだけでなく、やる気にも相乗効果が期待できるとして「相互啓発」の場も増えているようです。, 広く知ってもらうという「周知」に重きを置いた啓発活動の場合には、「周知啓発」という言い方をします。「環境保護の周知啓発」というと、環境保護に関して広く周知をし、多くの人に認識を深めてもらうことです。, 単なる周知活動というよりは、さらに一歩考えたり、意識したりしてほしいという意図がある場合に、「周知啓発」という言葉が用いられることが多いようです。, 「啓発」という言葉は、どこか堅苦しいイメージを与えることがあります。別のフレーズで言い換えたいという場合には、類語が便利です。, 気づきを与え、結果として良い方向へと導くという意味を持つ「啓発」は、教育や開発といった言葉に通ずるものがあります。文脈や使用シーンにもよりますが、学校など教育現場での「啓発」は、教育・開発といった言葉へ置き換えられるケースも多いものです。たとえば、「人権啓発」は「人権教育」と言い換えることが可能です。, 「自己啓発」という言葉に表れているように、啓発は成長のプロセスです。気づいていなかったことを知り、認識を深め一歩前進することは、大きな成長につながります。, 「啓発」の言い換えとして「成長」という言葉が使えるシーンは限られますが、その意味をイメージする際に役立つキーワードです。, 何かの影響を受け、気持ちや考えが変化させられたことを「感化された」と言いますが、これもまた「啓発」の類語のひとつです。, 「インスパイア(inspire)」には、「感化」と似た意味があります。本来、インスパイアには思想を吹き込むといった意味があり、転じて、影響を受けたという意味で使われています。最近では、カタカナ英語として「インスパイアされた」という言い方がされることがありますが、「啓発された」の言い換えとして使うことも可能です。, 「啓発」とは、今まで気づいていなかったことを知り、認識や知識を深めることを意味します。ただ知識が深まるだけでなく、結果として、良い方向へと前進したという意味合いのある、ポジティブな表現として使われます。「自己啓発」だけでなく、官公庁や企業のCSRなど、様々なシーンで活用されているので、ぜひ覚えておきたい言葉です。. 「啓発」という言葉を聞いたことがあるでしょう。この「啓発」とはどういう意味で、どのように使う言葉なのでしょうか。「自己啓発」などの言葉をよく耳にしますが、この言葉の意味や使い方、例文などをみていきますので、ご参照ください。 and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 検索ランキング

英語表現 <「啓発」の類語> 啓蒙と啓発の違いを分かりやすく言うと、啓蒙とは目上の人から目下の人に対して使う言葉、啓発とは誰に対しても使える言葉という違いです。 一つ目の啓蒙を使った分かりやすい例としては、「啓蒙思想を取り入れる人は多い」「大衆を啓蒙することにした」「省エネやリサイクルに対しての関心を高めるために啓蒙活動を行っている」などがあります。 二つ目の啓発を使った分かりやすい例としては、「路上喫煙のマナー向上のために啓発活動を実施しました」「自己啓発セミナーに騙されてはいけない … 意識を高めるために社会人は「自己啓発本」を読むことがあります。「啓発」という言葉は一見難しく現実離れした意味だと思いがちで、説明できる方は少ないのではないでしょうか。この記事では「啓発」の意味や使い方について解説いたします。 啓発 普及(ふきゅう)とは。意味や解説、類語。[名](スル)広く行き渡ること。また、行き渡らせること。「一般家庭にクーラーが普及する」「新理論を普及する」「普及率」 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 記載されている内容は2017年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 「啓発」という言葉を聞いたことがあるでしょう。この「啓発」とはどういう意味で、どのように使う言葉なのでしょうか。「自己啓発」などの言葉をよく耳にしますが、この言葉の意味や使い方、例文などをみていきますので、ご参照ください。, 「啓発」とは、「けいはつ」と読みます。「自己啓発」など、よく耳にする言葉ですので聞いたことがあるでしょうが、どういった意味かわかりますか。ここでは、「啓発」の意味と類語などについてみていきます。, 「啓発」とは、「人が気づかないところを教え示し、より高い認識や理解に導くこと」を指します。例えば、「先生の意見に啓発された」「自己啓発として、習い事を始めた」「お坊さんの話を聞き、啓発された」などのように使います。, 「啓発」の類語にはどのようなものがあるでしょうか。「啓発」とは、何かしらの問題に取り組む人に影響を与えて良い方向へ導くことをさしますので、以下のような類語があります。 ・インスパイア

社長秘書や中途採用の現場を経て、今では2児の母。ビジネスに欠かせない知識からコミュニケーションに役立つ便利ネタまで、わかりやすく情報提供します。.

・開眼