クリ(栗、学名:Castanea crenata〉は、韓国~日本原産で、ブナ科クリ属の落葉高木とその果実のことです。樹皮は淡褐黒色をしており、縦に裂け目があります。花被による分類では、花弁 (花冠) がない単花被花で、花弁に似た萼片だけがあります。花は雌雄同株で、1つの株に雄蕊だけの雄花と、雌蕊だけの雌花が咲きます。薄黄色の長く垂下して目立つ雄花の花序の根元に、小さな白い雌花が咲きます。花は5月下旬~6月上旬に咲きます。虫媒花なので虫が付きやすいです。イガ(堅果)で覆われた中に、相対した2個の実がなり、秋になると熟します。イガから取り出した果実の硬い皮を剥いた後、煮る、焼く、菓子などに成形して食べます。イガの形状は、様々なものの固有名詞に使われ、例えば、ケガニ(毛蟹)は 別称をオオクリガニ(大栗蟹)とも言います。, 一般名:クリ(栗)、学名:Castanea crenata、別名:シバグリ、Japanese Chestnut、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ブナ目ブナ科クリ属、樹高:15~20m、葉質:やや薄く光沢有、葉形:細長く中央が太い卵形/長楕円形、葉長:10 cm、葉縁:鋸歯有、雌雄同株、開花期:5月下旬~6月上旬、雄花色(実際は萼):薄黄、雄花花序:尾状(穂状)花序、雄花長:20cm、雌花色(実際は萼):白、雌花径:0.5cm、花の付き方:長く垂れた雄花の花序の根元に小さな雌花を咲かせる、結実期:9月~11月(9月出荷が多い)、果実型:殻斗の中に堅果有、果実形:イガイガの球形、果実径:10cm、調理法:栗ご飯、栗おこわ、煮しめ、栗きんとん、焼き栗、栗の渋皮煮、栗ようかんや栗虫羊羹、栗しぼりなどの和菓子、マロングラッセやモンブラン(ケーキ)など洋菓子、らくがんなどの干菓子 、備考:蜜源植物。, Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved. クリ(栗、学名: Castanea crenata )は、ブナ科 クリ属の木の一種。 クリのうち、各栽培品種の原種で山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれる、栽培品種はシバグリに比べて果実が大粒である。 また、シバグリもごく一部では栽培される。 クリ(栗) とは、ブナ目ブナ科クリ属の落葉高木とその果実のことです。 樹皮は淡褐黒色をしており、縦に裂け目があります。 花は雌雄同株で、白っぽく長く垂れて目立つ雄花の花序の根元に、小さな雌花を … クリ(栗、学名:Castanea crenata〉は、韓国~日本原産で、ブナ科クリ属の落葉高木とその果実のことです。樹皮は淡褐黒色をしており、縦に裂け目があります。花被による分類では、花弁 (花冠) がない単花被花で、花弁に似た萼片だけがあります。 栗の名前の由来 秋の味覚として栗ごはん、焼き栗、甘露煮、お正月には栗きんとんとなじみ深い「栗」は、日本では古くから山に生えるシバグリ(ヤマグリ)という種類を大粒に改良した品種だよ。 備考: 雌雄異花で、いずれも5月から6月に開花する。 花の香りは芳香成分としてスペルミンを含むため、ヒトの精液の臭いに似た独特の香りを放つ。香りの主成分はメチオナール(サツマイモの香りの主成分)とフラノン(他にはイチゴやパイナップルに含まれている)。