上記の通り、日の呼吸は各流派の呼吸とは一線を画す存在であることは明白です。 また、日の呼吸と似たものとして炎の呼吸がありますが炎の呼吸を火の呼吸と呼ぶ事で この2つを混在してはならないという決まりが設けられています。 何故このような決まりがあるのか?それは、日の呼吸と鬼舞辻無惨の間にある因縁が関係しているのです。次項にて説明したいと思います。 炭治郎が見た夢での剣士たちの会話。 炭治郎にそっくりな男性と話しています。 おそらく炭治郎の先祖かと推測されています。 顔に痣がある剣士は、「炭吉」と話しかけ … 主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)が家族を殺した鬼や鬼と化した妹を人間に戻す方法を求めて戦う姿を描きます。 『鬼滅の刃』は2013年の第70回JUMPトレジャー新人漫画賞で佳作を受賞した「過狩り狩り」を元にしています。� 炭治郎は現在の鬼殺隊で唯一『日の呼吸』を使える剣士です。そのため「炭治郎は始まりの呼吸の剣士”縁壱”の子孫なのでは?」という噂もネットでちらほら見かけます。日の呼吸以外にも、”痣”や”透き通る世界”などの共通点が多い2人ですが、血縁的に何ら 炭治郎の父親・炭十郎と炭吉と剣士. 炭治郎の父親の名前は「 竈門炭十郎(かまど たんじゅうろう) 」といいます。 出典:鬼滅の刃 年齢については連載が始まった時点で既に故人であったため詳細は分かりませんが、おそらく30代半ばくらいで亡くなったのではないかと推測されます。