島根県選出の竹下登とは年齢が10歳違うが、衆議院同期当選で、多くの共通点があり、次第に盟友となっていった。金丸の長男と竹下の長女は結婚し共通の孫までいる関係なのは有名である。 共に造り酒屋の生まれである。 竹下 直子(たけした なおこ、1926年9月9日 - 2010年9月20日[1])は日本のファーストレディ。旧姓は遠藤。 - ZIP! 竹下 勇造(たけした ゆうぞう、明治33年(1900年)6月25日 - 昭和59年(1984年)3月21日)は、日本の実業家、政治家。元島根県議会議員、元掛合村長。元竹下酒造代表取締役。掛合町名誉町民。旧姓:武永(たけなが)。, 第74代内閣総理大臣・竹下登の実父。漫画家・影木栄貴、ミュージシャン・DAIGOの曾祖父。, 島根県簸川郡今市町(現:出雲市)出身[1]。武永貞一の弟[1]。掛合町(現:雲南市)竹下儀造の養子となった。旧制松江中学(現島根県立松江北高等学校)を経て、大正12年(1923年)早稲田大学専政科(現政治経済学部)卒業[1]。, 竹下家は日本三大山林王の一家として出雲一円に権勢を誇っていた田部家の傘下で庄屋を務めており、掛合一の旧家であった。勇造は家業の酒屋は夫人や番頭に任せきりで政治談議を好んだ。また、女性によくもて、「女性で元気を磨くために」会社の金をよく引き出していたという[2]。, 勇造は、田部家の当主である23代長右衛門と付き合いがあり、県青年団長や田部郡農会会長に推すなど活動する。勇造自身は掛合村の名誉村長、翼賛会役員等をつとめ、昭和17年(1942年)には島根県会議員に選出、1期4年務めた[1][3]。, 勇造はこの時すでに、息子の登を一人前の政治家にすべく長右衛門に頼み込み、長右衛門から協力を引き出している。登も子供の頃から政治家に憧れていた[4]。, 1944年3月、早稲田大学に在学していた登が近隣の素封家である竹内家の娘・政江と学生結婚。7月には登が陸軍に招集されたため、政江は掛合に戻される。1945年3月24日、勇造は妻・唯子を亡くす。その後、勇造は政江に事あるごとに”干渉”するようになる。政江はノイローゼになり、番頭の勧めで東京の登の下に相談に行かせたが、決死の軍務についていた登は一方的に叱りつけた。追い詰められた政江は5月23日、自宅で首つり自殺をして果てた[5]。, 登の復員後暫くの間、親子の間で激しい対立が続き、言い争いが絶えることはなかった。しかし登は政治家になるためには竹下家の看板が必要である、と自らの思いを殺し、人前では対立を表沙汰にすることはなく、この時期の出来事を語ることは生涯なかった。この年の12月、勇造は恕子を後妻に迎え、翌1946年1月には登も親戚筋にあたる遠藤家から直子を娶る。なお、登と直子の長女がこの年の4月29日に生まれているが、二人の子としては計算が合わず、直子は戦時下に竹下家に疎開していたことから、勇造との間の子ではないのか、と噂されたという[6]。, 勇造と登の対立はその後、少なくとも表向きには修復された。登は早大卒業後、中学の代用教員を経て県議、衆議院議員へと転身を遂げる。一方勇造は公職追放されるが、解かれた後は町の教育委員長を17年にわたって務めた。, 昭和59年(1984年)3月21日、心不全により死去。4月21日、掛合町の体育館で町民葬が執り行われ、登と犬猿の仲になりつつあった田中角栄が田中派の議員68人を引き連れて参列した。この翌年、登は権力闘争を経て田中派を奪取し、2年後には首相の座に上り詰める[7]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=竹下勇造&oldid=79815910. 竹下儀造 父: 母: 妻: 養子:竹下蔵利【竹下儀造】(竹下荘太郎の三男) 竹下蔵利【竹下儀造】 1877年 誕生 父:竹下荘太郎 母: 養父:竹下儀造 養母: 妻:永田テナ(永田憲蔵の二女) 長女… - 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - 全国高等学校クイズ選手権 - カンニングのDAI安吉日! 妻:竹下一子(内閣総理大臣 竹下登の長女) 長男:金丸滋 長女:金丸優子.

なお、登と直子の長女がこの年の4月29日に生まれているが、二人の子としては計算が合わず、直子は戦時下に竹下家に疎開していたことから、勇造との間の子ではないのか、と噂されたという 。 勇造と登の対立はその後、少なくとも表向きには修復された。 - 天才!志村どうぶつ園, 竹下登 - 影木栄貴 - 北川景子 - 内藤武宣 - 内藤用一郎 - 竹下亘 - 金丸信 - 小沢一郎 - 佐野瑞樹 - 椿原慶子 - 小澤陽子 - 堤礼実 - 小嶋陽菜 - 白石麻衣 - 松村沙友理 - 神部美咲 - 生駒里奈 - 武田玲奈 - カンニング竹山 - 安めぐみ - 徳光和夫 - 桝太一 - 水卜麻美 - 徳島えりか - 佐藤梨那 - 志村けん - 相葉雅紀, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=内藤武宣&oldid=79160133. - 笑っていいとも!増刊号 - 笑撃!ワンフレーズ - お宝発信タワー DAI-NAMO - 馬の王子様 - ヴァンガ道 - 新堂本兄弟 - 相葉マナブ - ご対面バラエティー 7時にあいましょう - もしかしてズレてる? 竹下登秘書 kbs京都役員: 政党: 無所属: 運動・動向: 第33回衆議院議員総選挙・福岡1区(落選) 配偶者: 内藤まる子(竹下登次女) 子供: 影木栄貴 - 長女 daigo - 次男: 親: 内藤用一郎 - 父: 家族: 竹下登 - 義父

夫は内閣総理大臣(第74代)、衆議院議員の竹下登。漫画家の影木栄貴、ミュージシャンのDAIGOは孫。, 1926年銀行員遠藤捨次郎の娘として島根県に生まれる。1946年、遠縁で先妻を亡くした竹下登の元に19歳で後妻として嫁ぎ、登との間に三女をもうける。, 近年では孫のDAIGOのブレイクもあり、テレビに出演して夫のエピソードを何度か語ったこともあった。, 2010年6月に肺炎で入院、一旦は回復して退院し、その後は次女まる子が介護をしていたが、同年9月19日に突如発熱して救急搬送され、翌日まる子とその娘影木栄貴、もう1人の孫一家(一般人)が見守る中[2]2010年9月20日の未明死去。84歳没。喪主は長女一子の夫で、金丸信の長男でもある金丸康信がつとめた[1]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=竹下直子&oldid=79408663, 総理大臣夫人としては大変控えめで、夫の在任期間中にメディアで夫に対して激しい批判が繰り返されても黙って耐えており夫同様人の悪口を言うことはなかった。また、自宅に取材に訪れた番記者達にも手料理を自ら振る舞っていた。非常に口が堅く夫の残したメモも「誤解を生むといけない」と処分していた。, 手厳しい一面もあり、かつて孫のDAIGOが交際していた女性を連れてきたとき、彼女が長い付け爪をしていたのを見とがめ「その爪で 料理できるのかしら」と言い放ち、それが元で結局DAIGOと彼女は破局する羽目になった, 次女のまる子と三女の公子に「ママ(直子)はパパ(登)にずっと恋している」と評される程夫への愛情は深かった, 曾孫:4人の存在が影木栄貴の著書やDAIGOのブログで明かされている(うち2人は未成年の兄妹、1人はDAIGOの子供)。. 竹下 登(たけした のぼる、1924年〈大正13年〉2月26日 - 2000年〈平成12年〉6月19日)は、日本の政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。 竹下登(第74代内閣総理大臣)家系図・家族・子 祖父:儀造(掛合村の村会議員で、島根県で多額納税者であった) 父親:竹下勇造(竹下酒造代表取締役、島根県議会議員などを歴任) 母親:唯子 前妻:政江 後妻:直子(銀行員遠藤捨次郎の娘) 異母弟 内藤 武宣(ないとう たけのぶ、1938年7月17日 - )は、日本の政治家秘書、新聞記者。稲門空手会顧問。福岡県出身。, 福岡県立修猷館高等学校から早稲田大学教育学部に入学。同大時代は空手部に在籍していた。卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者となる。記者時代に早大OBで読売新聞出身の政治評論家である宮崎吉政と知遇を得る。宮崎から竹下登を紹介され、目を掛けられた。竹下の次女まる子と結婚し2男1女をもうける。, 1972年7月に毎日新聞社を退社。同年12月の第33回衆議院議員総選挙で福岡1区から立候補をするが落選。同選挙区では山崎拓が初当選している。, その後、竹下の私設秘書となる。1985年2月に竹下が創政会を結成。その機関紙『創政』の編集長となる。同誌は竹下が首相に就任した際に誌名を『経世』と変更。奥田敬和が名目上、編集長を務めるが実際に編集を取り仕切ったのは内藤であった。『経世』は途中から電通が入ってきて手伝うようになるが、竹下が首相を辞めた際に、電通に断って発行をやめた。『創政』は電通が入るまで、内藤が1人で編集を手掛け、表紙から編集後記まで全部1人で10年以上担当していた[1]。, 1989年にKBS京都の社長に就任した福本邦雄に従い、常務社長室長に就任。1991年に役員総退陣の方針によって役員から退任[2]。, 早大講師及び同大空手部の監督を務め、同部の後援組織「稲門空手会」の会長を2003年から2006年にかけて務めた[3]。また空手に関する著作を多く上梓している。, 子供たち(影木栄貴、DAIGO)によると、昔は厳格な父親であったが子供たちにはやりたいことをやらせる主義であり、年を取るにつれ「フンワリ系」になっていったという。ただし30を過ぎた子供たちに対してもピアスをあけることだけは未だに認めない昔気質な一面もある[4]。, 父は建設会社社長であり福岡県PTA連合会会長も務めた内藤用一郎。中学修猷館在学中の1920年には、京都の大日本武徳会が主催し始められた「第一回全国中等学校柔道大会」に修猷館柔道部の大将として出場し全国優勝を成し遂げている。長姉は野見山暁治(画家)の最初の妻であった[6]。, 義父は政治家で第74代内閣総理大臣の竹下登、長女(長子)は漫画家の影木栄貴、次男(末子)は歌手のDAIGO。, 長男(中間子)は一般企業の会社員[7]であり、彼の家庭に1男(内藤にとっては初孫)1女がいる[8]。, 1.いつも抱きしめて/無限∞REBIRTH - 2.BUTTERFLY/いま逢いたくて…, 火曜サプライズ - 幸せ!ボンビーガール - 馬好王国〜UmazuKingdom〜 - みんなのKEIBA - eGG - ラストキス〜最後にキスするデート - 今夜解禁!ザ・因縁 - 3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100, DAI★安BSフジNAVI - 検定ジャポン - 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。 - 森田一義アワー 笑っていいとも! - ひるおび! 盟友・竹下登.