」, 芥川竜之介「トロッコ 」, ・・・りに矢来から江戸川の終点へ出ると、明き地にアセチリン瓦斯をともし・・・ 芥川竜之介「田端日記 「従来」の意味は「以前から今まで・これまで」と多くの辞書にあります。結論から言うと、「以前から」は特に定義はなく、重要なのは終点の「いつまで」の定義で、これは「今」を指しています。

この2つの漢字を組み合わせた「従来」は、「あとについて行って今に至る」という意味になり、そこから「過去から続いて今に至るまで」の意味を指す言葉となりました。, 「従来」はよく使われる言葉と言いましたが、この言葉にはあとに説明する類義語とは意味的に違った、大きな特徴があります。それは「従来」の意味のところで説明した、時間的なことによる特徴です。「従来」の意味における特徴について、類義語を挙げてその違いを紹介します。, ビジネスにおいて「従来」という言葉が多く使われるのは、商品開発の場面や改善活動の報告など、新しい物や局面についての説明・プレゼンテーションなど多くの場面があるからです。

終点を「今」とした場合は「従来」と同じ意味になるので、「以前は」、「以前から」などと「従来」と同じ使い方がされます。ただし、ビジネスにおいては「以前」はあまり使われず、「従来」が使われるのが普通です。, 「従来」の対義語にはどのようなものがあるでしょう。「従来」の対義語は「今後」です。「今後」の意味と「従来」の意味の対比は「起点」と「終点」を使うとよくわかります。 そんなときに今までの現状を引き合いに出せば、何ができなかったために新機能が追加され、できるようになったのか、また、何が悪くて改善するに至り、その結果が前と比べてどう良くなったのかがより効果的に伝わります。 ただし、英語の文章を日本語に翻訳するときに「従来」という言葉を使う方がしっくりする場合があり、必ずしも上の2つではありません。 こんばんわ!今数学Bのベクトル(平面)でどうしても分からない部分があります・・・ それは「ベクトルの終点の存在範囲」です。 参考書の解説には以下のように記載されいます。 S+T... EDTA滴定でカルシウムの定量をしています。終点の色判断(赤紫→青)がなかなかわからなくて困っています。何か良い方法はないでしょうか?, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 芥川竜之介「たね子の憂鬱 多くの辞書を見ても、上のような意味の説明しかなく、それでもただ何となくわかったような気がして今まで使っていたという人が多いようなので、今回、正しい意味や使い方、類義語や対義語についても紹介します。, 「従来」を一つずつ漢字の意味で調べると、「従」は「したがう」で「あとについて行く」の意味があります。「来」は「くる」で、「距離的・時間的に近くに移動する」の意味ともうひとつ「ある状態に立ち至る」という意味もあります。 例文として、「新開発の製品のひとつ前の製品」は「従来の製品」と置き換えられます。この場合の「従来の」の英語訳は、"previous"や、"original"で、この方が相手に伝わりやすい表現です。 」, 円弧の始点座標、終点座標及び回り角度から円弧の中心点座標を求めることは可能でしょうか? よろしくお願いいたします。. 新商品についての説明でただ新しい機能を紹介しただけでは今ひとつ訴えるものが不足しがちです。また、改善活動についても現状が分からなくては改善して何が良くなるのかこちらも説得力に欠けます。 日本語の「従来」と同じ意味に使われる英語の「従来」は、いろいろなシーンにより変わってきます。どのようなシーンにどのような英語が使われるのか、使われる場面によって比較しながら説明します。, ただ「従来」という日本語を英語に置き換えるのであれば、"conventional"や"traditional"などが意味としては適切です。 「従来」という言葉の意味には、過去のさまざまな状態を引き合いに出す効果があって、それゆえにビジネスシーンでより大きな効果を示すために多く使われているのです。, 「従来」の類義語に「従前」、「以前」があります。それぞれの類義語の意味は「従前」は「今より前」、「以前」は「ある時点を起点にそれよりも前」ですが、これだけでは「従来」との意味の違いはよく分かりません。

婚約指輪はダイヤモンド等をつかうため購入費用の面から必要か、必要でないか婚約指輪の意味が議論されます。そんな婚約指輪が結婚... 時は金なり(Time is money)は良く耳にすることわざです。時間は大切という意味で何気なく使うことが多いのですが、... 許嫁という言葉の意味と読み方をご存知ですか?今回は、許嫁の関係性や結婚や婚約とのつながりについて詳しく解説していきましょう... 手紙の時には気にしませんがビジネスなどで封筒を扱う時に、封筒のしめ方にマナーがあることを知らずにいると、大失敗の原因になり... 「期待に添える」の使い方とは?沿えるや応えるとはどう違うの?丁寧な敬語が知りたい!英語で言いたい場合ってどう言ったらいいん... 日常の生活でもときおりでてくる「カオス」という言葉。その意味をご存知ですか。混沌を意味するカオス。カオスとはどういう意味だ... 「知識を深める」の意味はどんな意味があるのでしょうか?今回は、「知識を深める」の別の言い方・同義語・対義語・例文・別の言い... ポンコツの意味を詳しくご存知でしょうか?今回は、ポンコツの意味や由来・特徴・いい意味・例文について詳しくご紹介します。また... 普段の生活でもよく使われる王道。みなさんはその由来を知っていますか。ここでは「王道」の意味や語源、対義語や使い方をまとめま... 皆さんは、「金持ち喧嘩せず」ということわざをご存知でしょうか。「金持ち喧嘩せず」は、会話の中で何気なく使われ、よく耳にする... 「座右の銘」の意味とは、一体どのような意味があるのかご存知でしょうか。今回は、「座右の銘」について、意味とは・かっこいい座... 職場等のビジネスの場で使用される用語として、「発足」があります。この「発足」という用語は、ビジネス環境での使用が多いだけに... 日常生活の会話の中では、使うことが少ない「至らない」とは、どんな意味があるのでしょうか。至らないは、自分の自己紹介などで、... 取り柄がない人の特徴はどういったものがあるのでしょうか?今回は、取り柄がない人が、改善する方法や向いている仕事について詳し... 慕情という言葉の読み方や使い方、意味などを考えたことがあるでしょうか。生活の中ではあまり使いませんが歌詞にも出て来ます。そ... 内輪ネタは、本当につまらないと感じないでしょうか?どうしてわざわざ飲み会で内輪ネタを話すのか、話す人の特徴や意味について解... 「生かす」と「活かす」の違いや使い方を正確にご存知でしょうか。今回は「生かす」と「活かす」について就活の履歴書での使用法や... 「花金」という言葉を知っていますか?日本の景気が最高潮だった時に、好んで使われていた言葉です。今、若者を中心にSNSで復活... 波長が合うの意味にはどんな意味があるのでしょうか?今回は波長が合う相手の見つけ方・男性・女性・カップルごとに特徴をご紹介し... 神経質の意味とは?その意味をポジティブな面・ネガティブな面で解説します。また、神経質になってしまう原因や治す方法までをご紹... かっこいい二字熟語を学業やスポーツ、部活などで眺めては生活の目標に役立てることをしてみませんか。今回はかっこいい二字熟語を... 依存心が強い人の特徴にはどんな特徴があるのでしょうか。また、どんな心理で依存心を強くしているのか詳しく解説していきます。依... 「むっつり」や「むっつりスケベという言葉を時々聞きますが、「むっつり」の意味を知らないのに「あいつはむっつりだ」などと言っ... レズビアン(レズ)という言葉をテレビなどで時々聞くことがありますが、レズビアン(レズ)とは具体的にはどのような意味なのか、... アットマークとは記号「@」の意味です。単価や場所などを表す時、アットマークは使われます。便利に使えるアットマークですが、ど... 「お気をつけて」は、実は使うシチュエーションによっては、適切ではない場合もある言葉です。今回は「道中お気をつけて」の使い方... 学生の頃四字熟語の小テストなどがありましたが、四字熟語の中にはかっこいいものも多いです。高い目標を持って日々努力をするスポ... 「那」という漢字は最近よく名前に使われます。「那」には、どんな意味や由来があるのでしょう。漢字の意味や由来を知ることは、名... 「健闘を祈る」という言葉を、使ったことがあるという人も多いでしょう。仲間や同僚などに贈る、「健闘を祈る」の正しい使い方や類... クレジットカードを申し込む際の同一生計者、生計を同一とする世帯人数という項目。「何人で回答すればいいのか?」と疑問をお持ち... 皆さんが普段使っている「お元気ですか」という言葉について、使い方は間違っていませんか?「お元気ですか」という一言でも、様々... モテる女性の特徴として挙げられることが多い「清楚」の意味をまとめました。言葉の意味やイメージ、類義語や対義語、英語への言い... 皆さんは酒言葉(カクテル言葉)って聞いたことはありますか?実はカクテルには花言葉や宝石言葉のように酒言葉というものが存在し... 「当て馬」の意味を正しく理解しているでしょうか。「当て馬」の意味について詳しく解説していきます。「当て馬」と「かませ犬」と... 情報格差とは、デジタル機器やインターネットを使用できるかどうかによって生じる格差のことです。何故、情報格差は起こるのか?そ... 飄々としている人とはどんな人なのかなんとなくわかるようなわかりにくいようなそんな感じではないでしょうか?でもあなたの周りに... 「背徳感」とはどういう意味があるのかご説明していきます。「背徳感」の使い方や例文についても詳しくご紹介していきましょう。「... 「心の機微」はビジネスなどフォーマルな場面でよく使われますが、その意味と使い方は本当に合っていますか?「心の機微」の意味や... おしゃれとして何気なく付けている指輪ですが、付けている指によって意味が違うのをご存知ですか?中指に指輪を付けいる人もいます... 「従来」の意味と正しい使い方を解説!類義語・対義語・英語表現もチェック!のページです。Kuraneo[クラネオ]は暮らしの知識やファッション・恋愛や生活雑貨に関するライフスタイルメディアです。. 「従来」の起点は「これまで」や「以前」で、特に「いつから」は具体的に決まっていません。また、終点は「今」です。 3つの意味の違いをうまく説明するのはなかなか難しいのですが、微妙な意味の違いは「起点」と「終点」の定義にあります。「従前」は「現在を起点にしてそれよりも前」と起点は「現在」です。 また、「従前」は日常ではあまり使わない言葉で、役所などの公的機関で主に使われています。具体的な使われ方としては、見たことがある人もいるかもしれませんが、住民票で以前住んでいた家の住所を記入する欄に「従前の住所」と書かれています。 終点(しゅうてん)とは。意味や解説、類語。1 物事の終わりのところ。特に、ある路線の終わる地点や、ある路線を走る列車・電車・バスなどが最後に行き着く駅・停留所。「東海道本線の終点」⇔起点。2 数学で、ベクトルまたは向きをもった線分abの点b。 「従前」はお役所などの公的機関で使われることが多く、文章としては「従前より」、「従前から」、「従前通り」など「従来」と同じような使われ方をします。, 「従来」のもうひとつの類語である「以前」は、起点の区切りを入れることができるのが、「従来」の意味と違う大きな特徴です。 対義語反対の意味をもつ二語のことを対義語、または反対語といいいます。対義語には、次の3つのパターンがあります。対義語の種類一次が対義しているパターンです。 朝日と夕日 正常と異常 起点と終点 往信と返信 偶然と必然否定の字が上につ 利根川(河川)の起点(茨城県 神栖市) 河川の起点は河口になる。 川上に向かって分岐する河川は、分岐点を起点とする。 脚注. 「従来」は新商品のアピールで旧製品と比較する時や、規則や制度の変更で、それ迄との違いを説明する際に使われるなど、様々なシーンで目にします。そんな「従来」ですが、正しい意味と使い方を知っていますか?改めて「従来」の正しい意味と使い方、英語表現について紹介します。, 「従来」という言葉は普段から結構耳にしたり目にします。よく使われる言葉ではありますが、正確な意味はと聞かれると「以前から」などという答えが返ってきます。

「従来」は新商品のアピールで旧製品と比較する時や、規則や制度の変更で、それ迄との違いを説明する際に使われるなど、様々なシーンで目にします。そんな「従来」ですが、正しい意味と使い方を知っていますか?改めて「従来」の正しい意味と使い方、英語表現について紹介します。 これに対して「従来」の対義語である「今後」は起点が「今」で、終点は「未来」です。時間的には「従来」と「今後」はまるっきり対称形になります。 1 物事の終わりのところ。特に、ある路線の終わる地点や、ある路線を走る列車・電車・バスなどが最後に行き着く駅・停留所。「東海道本線の終点」⇔起点。, ・・・彼等はある電車の終点から細い横町を曲って行った。夫はかなり酔って・・・ 芥川竜之介「たね子の憂鬱 」, 検索ランキング

「従来は旅行者でホテルを予約していましたが、今後はインターネットで予約します」など、今までしていたことをこれから先は変えていくような場合にこの対義語が使われます。, 「従来」は英語で何というのでしょうか。また、日本語の「従来」と英語の「従来」ととは、意味や使われ方は同じなのでしょうか。 この他にも「従来通り」という意味で使う場合には、"as usual"や、"before"の方が意味としてはピッタリです。. この例文では「以前」の時間軸は2段階になっています。これに対して、「従来」はこのような使い方はしません。あくまでも終点が「今」を意味するため、この例で言うと、「従来から△△の問題がありましたが、無事解決しました」のように今回解決した事柄のみに使用されます。 しかし、ここで疑問がわきます。「以前から」は「いつが起点なのか?」、また、終点は「いつまで?」なのでしょうか。安易に使っていて間違った使い方をしていませんか。

関連項目.