錆兎(さびと)炭治郎の兄弟子。右頬に大きな傷跡が描かれた狐面をつけた、宍色の髪の少年。素顔も狐面と同じ位置に傷跡がある。厳格だが正義感が強く、心優しい性格。大岩斬りの課題が難航している炭治郎の前に現れ、半年間剣の訓練を施した。炭治郎からも絶 「錆兎」と「真菰」は鬼滅の刃の序盤に登場する重要な登場人物です。 今回は錆兎と真菰の正体について、さらに錆兎が残した名言までを余すことなくご紹介させていただきます。 錆兎は炭治郎が修行していた狭霧山(さぎりやま)で初めて登場しました。炭治郎が強くなれたのは間違いなく錆兎との修行のおかげですが、錆兎自身の強さも気になります。結局生き残っていないということは、やはり実力的に弱いということになるんでしょうか?

」という思いを抱き続けていました。姉の蔦子や、親友の錆兎が義勇を庇って死んだという過去に縛られていたのです。 そのため、 目的を達成するまでは、何が何でも生き抜こうとする強い意志が、ほかの柱より弱いように感じます 。 実際無惨戦で、刀を取り落とした義勇は、一瞬、生をあ�

錆兎がイラスト付きでわかる! 吾峠呼世晴による漫画・アニメ「鬼滅の刃」の登場人物。主人公・炭治郎の兄弟子。 「鈍い 弱い 未熟 そんなものは男では無い」 cv:梶裕貴 概要 竈門炭治郎と同じ水の呼吸の使い手。鱗滝左近次の弟子。登場時13歳。 宍色の髪を持つ謎の少年。