航空規制に関してEU域内の統合が図られたことにより、厳しい競争が始まりましたが、現在までの大手エアラインの状況は以下の通りです;, 1.ブリティッシュエアウェイズ:1987年に民営化 ② 日本航空の完全民営化(日本航空株式会社法の廃止、政府保有株の放出)③ 国内線に於ける競争促進施策の推進 山下 徳夫(やました とくお、1919年10月7日 - 2014年1月1日)とは、日本の政治家。衆議院議員(自由民主党)。, 佐賀県伊万里市出身。山下徳次郎の長男として誕生。福岡中学校(現・福岡県立福岡高等学校)卒業後、明治大学専門部法科を経て、1944年、専修大学法学部卒業。, 父、徳次郎は1926年に炭鉱向け材木店(現・ヤマシタ)を創業。大学卒業後の1947年に佐賀県議会議員に初当選。1949年に父の家業である山下徳次郎商店の代表取締役に就任する。その後、日本杭木協会理事や全国木材協会理事、佐賀県木材協会会長を歴任し佐賀県議会にて議員4期・議長2選を経て、1969年、旧佐賀県全県区から第32回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・林義郎・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。連続当選は10回。自民党内では最小派閥の三木→河本派に所属した。, 第2次中曽根内閣では運輸大臣として初入閣。運輸相在任中の1985年8月12日、三光汽船が翌日会社更生法の適用を申請することを受けて佐賀から急遽帰京し担当官庁の長として同社の対応をするために福岡発羽田行日本航空366便に搭乗し、17時過ぎに羽田に到着した。その機体JA8119番機は羽田到着後同123便として18時過ぎに大阪へ向かったが、18時56分に群馬県多野郡上野村の高天原山の山中(御巣鷹の尾根)に墜落する事故に遭難した。, 第3次中曽根内閣では総務庁長官に就任する。第1次海部内閣で内閣官房長官に就任する。河本派の情報通で海部俊樹とのフロコミュニケーションを通じての「ツーといえばカーと仲だった」という[1]。40歳も年下の元愛人に口止め料を渡したという買春スキャンダルが発覚して在職期間16日間で辞任した。氏の手帳には日航客室乗務員の名前がずらりと書き込まれ、それを見た記者が客室乗務員の自宅に押しかけて大騒ぎになったこともあった[2]。その後、宮澤内閣の厚生大臣に就任する。最小派閥ながら閣僚ポストに恵まれたのは、金丸信と親交が深く、経世会との連絡役を務めていたからという側面もあった。2000年に政界引退、自民党佐賀県連で顧問を務める。また、1988年より2003年まで学校法人専修大学理事長も務めた。, 2014年1月1日午前1時30分、老衰のため佐賀県伊万里市の自宅で死去[3]。94歳没。叙正三位。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=山下徳夫&oldid=79720078, 2001年、運輸大臣、建設大臣、国務大臣国土庁長官は国土交通大臣に統合された。長官は国務大臣としての長官を表記。.     三男:三塚博, ◆三塚博 45-47体制の中で力を蓄えてきた全日空が、国際線への進出を強力に要請していく中で、以下のように徐々に規制緩和の動きが始まりました。ただ、全日空の国際線進出については、航空大国である米国との条約、航空協定などの厳しい交渉(⇔交渉は常に“Give & Take”)が必要となると同時に、国際線の権益をほぼ独占してきた日本航空の反対があった為、そう簡単ではありませんでした; *発着枠の回収・再配分 ⇒ 後発の航空会社にも一定程度発着枠を配分することができるようになりました, <チャーター便規制関連> ⑤ 国内線競争促進施策の推進:後発企業への一定の便数の確保     男:三塚学   母:いさみ エアライン(約40年)⇒原子力分野(約10年)⇒大学での先生(7年). 日米貿易摩擦の深刻化を打破するためプラザ合意が結ばれ、この年は円高不況となった。 ④ 近距離国際線チャーター便は日本航空と全日空が運航する, 2.昭和47年運輸大臣通達(1972年7月1日) 1985年(昭和60年)2月、「田中曽根内閣」「直角内閣」と揶揄される ほど政権への影響力があった田中角栄が脳梗塞で長期入院。 これによりポスト中曽根を狙う「 ニューリーダー 」らのパワーバランスの上に中曽根が立つ形となり中曽根のリーダーシップが強化された。 歴代の運輸大臣. * 外国社による複数国の包括旅行を催行する場合、その外国社の所属国で50%以上の日程を消化すること(50%ルール)

  父:三塚博 * 1985年5月 日本貨物航空、東京=サンフランシスコ線開設 C. 企業の買収、経営統合を行うケースも目立ちます, 1.デルタ航空; 「A」により業績が急速に悪化し、2005年に「B」を申請しました。この結果2006年以降は業績を回復させています   父:三塚勇之助 ノースウェスト航空は、「A」により業績が急速に悪化し、2005年に「B」を申請しました。この結果2007年以降業績を回復させましたが、2010年にはデルタ航空に買収「C)されています(買収金額:177億ドル), 3.ユナイテッド航空; ① 路線参入は1930年代に免許を受けた者に限る( “祖父条項/Grandfather Clause”と言います) ① 日本国内航空と東亜航空を合併させ、東亜国内航空を発足させる。この会社には当面ローカル線のみの運航を認める
 1989年 外務大臣(-1989年)
しかし、その後もLCCにシェアを奪われたことなどにより、2017年5月に再び経営破綻に陥り、売却手続きを開始しましたが、人員整理・賃金削減を従業員組合が拒否していること、ルフトハンザ航空など出資に興味を示す航空会社との条件の折り合いがつかないことなどにより、2018年現在、未だ決着していません。また、2018年3月の総選挙で第一党に躍進したポピュリズム政党「五つ星運動」の党首が、外国企業への売却に対して反対の立場を表明しており2018年現在再建の行方は混沌としています, <45-47体制:1970年代> 3.運賃規制:路線毎の運賃に対して国による規制を行うこと(航空会社は需要、及び競争環境に応じた運賃の自由な設定が出来ません) 歴代の運輸大臣 [編集]. ③ 東亜国内航空:国内ローカルル線、一部路線のジェット化の認可  1951年 本間俊一衆議院議員秘書 [協力関係] 2012年に、USエアとの合併交渉を開始しましたが、米司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで提訴し交渉は一旦頓挫しましたが、その後、ニューヨーク、ワシントン等の混雑空港で LCC (格安航空)に二社の発着枠を譲ることで司法省との和解が成立したため、2013年に合併完了「C」しました, 5.サウスウェスト航空; 1.1940年代から“CAB/Civil Aviation Bureau”によって行われていた規制; でありまた、これを乗り切るために殆どの会社が; ⑥ 国内幹線への大型ジェット機の投入制限(日本航空と全日空の大型ジェット機の投入は1974年以降とする。但し沖縄線は1972年から投入する) 6.航空会社設立認可:航空会社設立に一定の条件を課すこと(航空会社に運送責任を全うさせる為に必要と考えられる規制は容認されます)。また、外国資本による航空会社設立については、国家間の互恵平等の原則が適用され、少なくとも出資率の制限が加わる(日本の場合、外資は3分の1未満)ことはどこの国でも行われています(⇔国益優先), 航空規制緩和とは、こうした規制項目毎に、企業間の競争状況(著しく競争が歪められないように)、空港、航空管制のシステムの整備状況、などを勘案しつつ徐々に自由競争に近づけていくことです, 第二次世界大戦終了後、米国は圧倒的な経済力と航空機開発・生産能力を背景に、民間航空輸送の最先端を走っていました。従って、国内線だけでなく国際線においても、以下のように航空規制緩和を先導してきました, <国内線における規制緩和の流れ> 運輸政策審議会「今後の航空企業の運営体制のあり方について」の審議経過に合わせ、以下の様に規制緩和⇒競争促進に政策の転換が始まりました;, [運輸政策審議会中間答申](1985年12月)  1927年 誕生 A.2001年の同時多発テロ以降の航空需要の低迷と燃油費の高騰 [事業分野] 2010年にはコンチネンタル航空との経営統合「C」を行っています, 4.アメリカン航空; こうしたことから、各国の規制当局(日本の場合は国土交通大臣)は以下の分野毎に規制緩和を慎重に行ってきました, <航空規制の分類>     長男:三塚英介 2.ルフトハンザ航空:規制緩和、航空不況、等の厳しい経営環境の中で競争力を強化し、破綻に瀕した航空会社を吸収し現在に至っています, 3.スイス航空:2001年の同時多発テロ以降の航空需要の低迷と燃油費の高騰で業績が急速に悪化し、2002年に倒産。スイス航空の子会社だったクロスエアが、スイス政府などの援助により、スイス航空の資産を受け継ぎました ③ 包括旅行(Inclusive Tour):地上手配を含め旅行会社などが航空機を貸し切りにすること, 2007年年5月16日に閣議決定された「アジアゲートウェイ構想」を受け、包括旅行について以下のルールの撤廃を行いました(⇒定期便以外にチャーター便を設定することにより、より柔軟に旅客需要の積み取りが可能となりました); ② 全日空:国内線、近距離国際チャーター便 B. 第2次中曽根内閣では運輸大臣として初入閣。 運輸相在任中の 1985年 8月12日 、 三光汽船 が翌日 会社更生法 の適用を申請することを受けて佐賀から急遽帰京し担当官庁の長として同社の対応をするために 福岡 発 羽田 行 日本航空 366便に搭乗し、17時過ぎに羽田に到着した。 その後も自民党幹事長、第2次橋本内閣で大蔵大臣を務めるなど、首相・総裁候補として、申し分のないキャリアを積んだ。, 1997年には、第2次橋本内閣の蔵相であり、清和会21世紀を考える会の会長であったが、4月の衆議院本会議では、大蔵大臣として外国為替及び外国貿易管理法の改正法案の趣旨説明を行った[3]。同改正法案は、日本国が他国に対し、国際連合の決議に基づかずとも独自に経済制裁等の措置を講ずることを可能とするものであった[4]。, しかし同年、山一證券・北海道拓殖銀行の経営破綻といった、未曾有の金融危機に見舞われた際に、目立った指導力を発揮出来ず、北海道拓殖銀行の資金繰りが行き詰まり、北洋銀行への営業譲渡に追い込まれたのが1997年(平成9年)11月17日。大蔵省は「護送船団方式」の維持を北海道銀行との合併に賭けたが道銀側の反対が根強く、「大手20行は1行たりともつぶさない」とする国際公約は脆くも崩れ去り、1997年(平成9年)11月24日に山一證券が経営破綻し、三塚も「マーケットを無視することはできない」と敗北を認めた[5]。大蔵省接待汚職事件の責任を取って大蔵大臣を辞任した。, また、1997年の宮城県知事選挙で自民党推薦の市川一朗が敗北するなど宮城政界への影響力も低下した。結果、内閣総理大臣への夢は叶わず、翌年には森に派閥会長の座を譲って三塚派から森派とし、政界の第一線から退く形になった[6][7]。, その後、清和政策研究会の名誉会長となる。2001年の自由民主党総裁選挙では三塚と当選同期の小泉純一郎を支持した。2003年の第43回衆議院議員総選挙には出馬せず政界を引退し、2004年4月25日に死去した。発表されている死因は肺炎(一説には肺がんを発病していたという)。76歳没。, 幸福の科学の刊行物によれば、1991年に妻の寿子が同教団に入会し、その後本人も正会員になったとされる[11]。幸福の科学は三塚を会員と認識していたが、1995年8月14日時点の本人側の見解を報じた報道には、「幸福の科学からの一方的支持であり、ただただ困惑している」との三塚代議士事務所のコメントおよび「書籍は購読しているが、正会員という認識はない」という本人の発言がある[12]。, また1996年に本人は「ほめ殺しだろうと、私のスタッフはガードした。代表の大川(隆法)さんとは会ったことはない」と述べている[13]。, 一方、1995年7月10日の東京ドームでの幸福の科学の祭典「御生誕祭」で大川隆法の講演「新生日本の指針」に参加し、会場の舞台の画面に三塚の映像メッセージが示され[12]、集まった5万人に紹介された[14]。この大川の講演では、当時発生した松本サリン事件や地下鉄サリン事件に代表される「オウム事件」の解決に尽力したのは三塚であり「事実上の内閣総理大臣」として国家危機管理に獅子奮迅の努力をされたと評価された[15]。, また当時の経済運営や、日米貿易摩擦などの外交問題での政治手腕なども評価をし「次期総理大臣に推薦」[16]との大川隆法の言葉があり、それに賛同する東京ドームの観衆から大きな拍手で評価された。この祭典の状況はマスコミに報道され、書籍『新生日本の指針』[17]やVHSビデオで頒布された。, 幸福の科学は書籍『三塚博総理大臣待望論』を1995年8月に発刊したり、雑誌「ザ・リバティ」1995年10月号で、「首相候補を採点する」などの特集で、三塚を最高点で評価した。1995年8月8日には東京日比谷の野外音楽堂を中心に日比谷公園に約10万人が集まり、「三塚総理実現のための集い」が開かれたりした[18]。, 書籍『三塚博総理大臣待望論』小川空城 編纂共著、幸福の科学出版、1995年8月10日発行、, 元自民党政調会長 亀井静香さん(1936年~)、<13> 橋龍のウインク 入閣拒否 説得され建設相に, http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/101/0380/10102140380003a.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=三塚博&oldid=78431850, 『三塚博 黒い履歴書 ゼネコン疑惑の主役 汚れた領袖の悪行を暴く』(菊池久著 ポケットブック社 1993年). 運輸大臣(うんゆだいじん)は、2001年(平成13年)1月6日の中央省庁再編前まで存在した日本の運輸省の長である。 国務大臣をもって充てられた。 ④ 国内幹線: 搭乗率65%以上

チャプター11(通称“破産法”;日本では“会社更生法”、“民事再生法”がこれに相当しますが、内容は日本と同じではありません)に基づく再建を米連邦政府に申請しました。米国ではパイロット、CA(客室乗務員)、整備士は極めて強力な職種別組合に加盟しており、労働条件の変更は極めて難しく、これがチャプター11による再建(⇔コスト削減)を目指す原因になっています  ロイヤルグレイスパートナーズ会長  1988年 通商産業大臣(-1989年) 1977年 11月 運輸政務次官(福田改造内閣)に就任。 1985年 12月 運輸大臣(第2次中曽根第2次改造内閣)に就任。 1987年 11月 衆議院議院運営委員長に就任; 1988年 12月 通産大臣(竹下改造内閣)に就任。 1989年 6月 外務大臣(宇野内閣)に就任。 * 1983年8月 日本貨物航空株式会社の設立認可(出資会社:全日空、川崎汽船、山下新日本汽船、日本通運、昭和海運、ジャパンライン)

1982年に制定されたルールでは、以下の3種類のみが認可の対象となっていました; *1986年7月 日本エアシステムの羽田=那覇線、東京=ソウル線開設認可, <規制の原則撤廃への道:1990年代> * 1986年3月 全日空の東京=グアム線定期便開設認可, [運輸政策審議会答申“今後の航空企業の運営体制のあり方について”](1986年6月) ② 多様な運航形態の導入:外国人パイロットの導入促進;運航委託;ウェットリース;コードシェア;チェンジ・オブ・ゲージ, [航空審議会答申“我が国航空企業に於ける競争促進政策の推進について”](1994年)  前田建設工業入社

 衆議院議員三塚博秘書 4.混雑空港における発着枠の規制:空港の時間帯別の発着可能便数以内に収まる様、発着時刻に制限を課すこと(競争制限にはなるものの安全上容認される規制ですが、定期便に関しては、お客様の利便性を勘案し、過去保有している発着枠の権利がある程度認められます) 三塚 博(みつづか ひろし、1927年(昭和2年)8月1日 - 2004年(平成16年)4月25日)は、日本の政治家。, 衆議院議員(10期)、運輸大臣(第57代)、通産大臣(第50代)、外務大臣(第116代)、大蔵大臣(第102代)、衆議院議院運営委員長(第44代)、自民党政務調査会長(第35代、第38代)、自民党幹事長(第31代)を歴任。正三位旭日大綬章。血液型O型。, 宮城県遠田郡北浦村(現美里町)で、男6人、女8人の14人兄弟の7番目として誕生。宮城県立小牛田農林学校(現宮城県小牛田農林高等学校)、東京高等獣医学校(現日本大学生物資源科学部)を経て早稲田大学第一法学部へ学士入学し、1951年に卒業。在学中は雄弁会に所属。, 大学卒業後は本間俊一、保科善四郎両衆院議員秘書を経て1959年の宮城県議会議員選挙に立候補するも落選。捲土重来を期した次の1963年に宮城県議会議員に初当選。2期務める。1970年には自由民主党宮城県連の一方的な要請により仙台市長選挙に立候補し落選するが、1972年の第33回衆議院議員総選挙に自民党公認で立候補し初当選を飾る。以降10期連続当選(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。派閥は福田派→安倍派に属した。, 新人議員の頃、青嵐会の結成に参加。中川一郎の信用を得て、福田派議員でありながら1979年に設立された中川派の幹事長を務める。政策通であり、同じ派閥の加藤六月などと共に「運輸族」の有力議員として知られ、1985年に運輸大臣として初入閣。国鉄分割民営化、財政構造改革路線の推進に尽力した。, 1986年、安倍が福田派を継承すると三塚も派内事務総長に就任し加藤、森喜朗、塩川正十郎と共に「安倍派四天王」のひとりに数えられる実力者へと成長する。派内の後継者候補と目されるライバルが四天王として並び立つ構図は、1988年のリクルート事件の発覚により加藤と森が謹慎を余儀なくされた事で崩れ、事件に無関与だった三塚は通産大臣、外務大臣、自民党政調会長をたて続けに歴任。異例のスピードで重要役職をこなす。, 1991年に安倍晋太郎が死去すると、加藤六月との「三六戦争」に勝利し、安倍派を継承。三塚派とした。亀井静香によると安倍の後は森が派閥会長を引き継ぐ予定だったが、三塚に比べては森は影が薄く、それを察した小泉が総会で「三塚の方が人気あるし、あれを先に会長させようよ。」、森も「三塚、お前が会長やれよ。」と言い三塚が会長になった経緯を明かしている[1]。派閥を率いて自民党総裁選挙に出馬し、落選。三塚派は森と小泉に実効支配されていた[2]。 1971年に創業。「A」のインパクトに対しても社員のレイオフを行っていません。従業員の給与水準は大手エアラインと比べ高い水準を維持しており、また事故率の極めて低い会社として有名です。路線網の拡大の為に「C」も行っています, 欧州の航空規制緩和は、欧州共同体の統合の深度(EC/European Community⇒EU/European Union)に合わせて以下のように行われました;, 1.ローマ条約(1958年)で 欧州委員会による「欧州共通の航空政策の提言」が行われたものの、 航空、海運は当面除外されました, 2.1979年の第一次メモランダム、1984年の第二次メモランダム、1988年のパッケージ-Ⅰ、1990年のパッケージ-Ⅱ、によって二国間協定下での規制の柔軟化、競争の促進が徐々に行われてゆきました, 3.1993年のパッケージ-Ⅲによって、①二国間の輸送力割り当ての完全自由化、②運賃規制は二重不承認主義(double disapproval/少なくともどちらかの国が承認すれば申請された運賃は認められる)、③参入規制が完全に撤廃、が実現しました, 4.1997年より、④国内路線参入規制(カボタージュ)が撤廃され、これによってEU域内の完全自由化が完了しました。また同時に、共通免許規定(パイロット資格、航空機の型式証明、等)が制定され、技術規制に関してもEU域内では完全に一国と同じ扱いになりました 45-47体制とは以下の政府方針を意味しており、一般にどの航空会社も犯すことができないという意味で「航空憲法」と言われてきました。以下をご覧になるとわかると思いますが、実質的に厳しく競争を制限する内容となっており、まだ歩き始めたばかりのエアラインの健全な育成を政府として強力にバックアップする内容となっています;, 1.昭和45年閣議了解(1972年7月1日/主に参入規制) [運輸政策審議会・航空部会答申](1998年4月) 5.オーストリア航空:2009年9月、ルフトハンザ航空が株式の90%を取得しその傘下にはいりました, 6.エールフランス・KLMオランダ航空:2004年に両社の間で持株会社方式で経営統合が実現しました * 1984年6月 全日空ハワイチャーター便の認可(ハワイ路線は日本航空のドル箱路線であった) *1986年7月 日本航空の羽田=鹿児島線開設認可, [航空局長通達(航空企業の運営体制について)] また、利益性の高い路線権の獲得、重複する路線の整理統合などの目的で; 5.技術規制:航空機の安全確保のために規制を行うこと(過度の規制でない限り、安全最優先の観点から容認されます) ⑥ 運賃規制の緩和:一定の範囲内の営業割引運賃の届け出制, [運輸省見解発表(1996年12月)  1985年 運輸大臣(-1986年)

米国や欧州に於ける大幅な航空規制緩和の流れを受けて、日本の航空政策も規制全般に当たって規制緩和の方向に大きく舵を切りました。また、羽田空港、成田空港、関西空港など基幹空港の整備が進み、発着枠の余裕が生まれてきたことも規制緩和の動きに拍車をかけました;, [運輸政策審議会答申“今後の国際航空政策のあり方について”](1991年) ⑫ 継続的に競争させる為のあり方を公開で検討 ③ 国際線定期便は日本航空が一元的に運航する  1979年 文部政務次官(-1980年) ① 新運賃制度の導入:新Yクラス運賃(Y2);国際乗り継ぎ運賃;ゾーン運賃;基準運賃改定方式;国際貨物運賃につき包括的に幅を持って認可する制度の導入  1955年 誕生  1977年 運輸政務次官(-1978年) 増便の認可基準を以下の通りとする; ⑤ 国内ローカル線:搭乗率70%以上 三塚勇之助 父: 母: 妻:いさみ 男:三塚学 三男:三塚博 三塚学 1924年 誕生 父:三塚勇之助 母:いさみ 三塚博 1927年 誕生 1951年 本間俊一衆議院議員秘書 1959年 宮城県土地改良協会事務局長 * 1985年9月 運輸大臣は「今後の航空企業の運営体制のあり方について」運輸政策審議会に諮問:, <45-47体制の崩壊:1980年代後半> ④ 運航形態規制の見直し:ウェットリース、共同運送、コードシェア ⑦ 幹線に於ける運賃のプール制と先発企業による後発企業(東亜国内航空)の育成, <45-47体制の修正の動き:1983年~85年> ① 団体貸切(Own Use ):団体が一括して費用負担(⇔単一用機者要件) ② 団体貸切(Affinity):団体構成員が費用負担(⇔単一用機者要件) * 1985年6月 国内線新規旅客割引運賃の導入 ◆三塚勇之助 第2次中曽根第1次改造内閣(だいにじなかそねだいいちじかいぞうないかく)は、中曽根康弘が第72代内閣総理大臣に任命され、1984年(昭和59年)11月1日から1985年(昭和60年)12月28日まで続いた日本の内閣である。

 2004年 死去 * 1985年7月 臨時行政改革推進審議会で事業分野の見直しを含め、競争政策導入を答申  1972年 衆議院議員(-2003年) ① 日本航空:国際線、国内幹線(札幌、東京、大阪、福岡、那覇)

⑪ 生活路線の運航費補助   母: