iPhoneユーザーの皆さん、定期的に写真の整理はおこなっていますか?写真は撮る機会も多く、放置している溜まってストレージ容量がいっぱいになりがち。今回の記事では、iPhoneの写真整理をおこなう方法についてを紹介していきます。, iPhoneユーザーの皆さん、撮った写真の整理は定期的におこなっていますか?iPhoneは日常生活では欠かすことのない必需品。ちょっとした日常の一コマを写真に撮ったりする方もきっと多いでしょう。

写真をタップすれば、画像が年代別・月別に並べられます。iCloudえの共有は、真ん中の共有アイコンをタップしましょう。

特に、「保存日順」などに設定したカメラロールを表示させると見つけやすいようです。対処法として覚えておきましょう。, 上記では、iPhoneの写真整理方法をそれぞれ紹介しました。しかし、本当に大事な写真はデータでなく「印刷」して保管するのが一番おすすめです。 iPhone

特に写真管理にうってつけのサービスで、人の画像を認識して自動で営利をおこなってくれたり、タグ付けをおこなって整理することができたりします。 最近では、コンビニで簡単にiPhoneで撮影した写真を撮影することができるのをご存知でしたか?セブンイレブンの「ネットプリント」などを利用することで、写真として画像を印刷することができます。

また、ネットプリントによる印刷も管理方法としておすすめ。印刷することで、より写真を美しく感じることができるかもしれません。. ご安心ください、WindowsでもiPhoneの写真を取り込むことはもちろん可能です。下記項目を確認し、iPhoneの写真整理をWindowsパソコンでおこなっていきましょう。, iPhoneをWindowsパソコンに接続させると、iPhoneは外付けHDDとしてWindowsに認識されます。そのため、iPhone内の写真整理はもちろん可能。 iPhoneのカメラロールによって、写真の整理・管理をおこなうことが可能です。方法を確認しましょう。, iPhoneの写真アプリを起動させると、アルバムの画面が表示されます。その中に、「カメラロール」というフォルダがあるかと思います。 また、削除はしたくないものの見返すことの少ない写真はオンラインストレージなどの別の場所に保存しておくことで、iPhone内をすっきりと整理することも可能です。容量をあける対処法としても有効です。 iPhone内に保存されているものは、必ずカメラロールにあるはずなので保存されているものがないということはありません。対処法というには手間がかかるかもしれませんが、こういった事態を避けるためにも日ごろから整理をおこなうのがおすすめ。 また、A3サイズにまで印刷を引き延ばすことも可能ですよ。印刷した写真は光の当たらない場所に保管しておけば100年はもつそうなので、データで保存するよりも安心感があるでしょう。, iPhoneの写真整理をおこなう方法をそれぞれ紹介しました。メリット、デメリットや対処法などはしっかり確認できたでしょうか。

別ツールへの移動ができない方は難しいかもしれませんが、このような問題の対処法としてあげられるのは「バックアップを取る」ことくらいです。 iPhoneの写真アプリには、アルバム機能があります。アルバムによって写真のジャンルや種類を分けることで、iPhoneの写真をきれいに整理することができるでしょう。 15GBもの大容量を利用することができるので、大量のデータを預けたいという方にはおすすめのサービス。Googleアカウントを所持していれば誰でも利用することが可能です。

iPhoneの写真アプリには、「ピープル」という機能があります。追加することで、その写真の人... iPhoneや、iOSの端末を使っているならばご存知かと思いますが便利なAirDrop。Ai... 皆さんはAirDropの使い方を知っていますか?iPhoneをお使いの方であればぜひ使ってい... iPhoneで撮影した写真をMacに送る方法はいくつかあります。その中でも、非常に簡単にiP... Windows7の画像や写真サイズの圧縮方法は知っていますか。日頃パソコンを利用していると画... WindowsパソコンでもAirDropのように簡単にデータ共有ができる?Windows 1... Sign in to iCloud to access your photos, videos, documents, notes, contacts, and more. すべての写真を取り込みたいのであれば、隣にある「すべてを読み込む」をクリックすればOKです。iPhone内の写真をすべて移動させたい!という時には、イメージキャプチャがワンクリックで済むので便利です。 Sign in and put your creative energy to work. 大量のアプリを一度にMac内に取り込みたいという時には特に便利なアプリです。Macのアプリケーションフォルダの中に入っていると思います。探してみましょう。 写真を読み込むことで、Macの写真アプリにiPhoneの写真がコピーされます。写真アプリをうまく使って、写真の整理・管理をおこなっていきましょう。, Macに入っている「イメージキャプチャ」のアプリで、写真をとりこむことが可能です。写真アプリとはまた別の取り込み方法として覚えておくといいでしょう。 まずは、WindowsパソコンにiPhoneを接続させましょう。, Windowsでは、外付けHDDやiPhoneを接続させると「自動再生」が表示されます。「画像とビデオの読み込み」を選択することで、iPhone内の写真や動画が自動的に読み込まれます。 そのメリット・デメリットを把握するにも、実際の整理の仕方を確認する必要があるでしょう。この項目では、iPhoneの写真整理を「Mac」でおこなう方法を紹介します。 Use your Apple ID or create a new account to start using Apple services.

228 Views, 今回は、「iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ」について紹介していきます。, 普段使っているiPhoneには、見慣れていますが、実はあまり理解できていない設定や言葉がたくさんあります。カメラロールもその中の1つです。, 今回は、カメラロールに関して、また便利なカメラロールの設定方法や写真アルバムのカスタマイズについて紹介しています。, 多くのiPhoneユーザーがカメラを使いますので、より便利に管理していくためにも、ぜひ、ご覧ください。, そのため、たとえば同じアカウントでiPadも使っていたとしてiPadで撮影した画像などは、iPhoneのカメラロールに保存されることもありません。, カメラロールとは違い、フォトストリームはAppleのiCloudを使用したものになり、端末内な写真だけでなくiCloudサーバーに保存されている写真がすべて保存されます。, そのため、iPhone以外にもiPadなどを使っている場合は、iPadで撮影した画像もiCloud設定をしているようであれば、フォトストリームに保存されます。, また、Wi-Fiネットワークに接続しているときに同期されるようになっていますので、Wi-Fiネットワークに接続しない限りは、画像がフォトストリームに同期されることはありません。, もちろん各端末内の同じ写真は残ったままです。また、フォトストリームには画像のみの反映で動画は反映されません。, 表示される画像数は上限が1000枚と決まっていますので、1000枚を超えるようだと古いものから自動で削除されていきます。, 時期がくるか、上限に達すると自動で削除されていってしまいますので、各端末で撮影した画像のあくまでバックアップ的な役割となります。, Wi-Fiネットワーク化であれば、iPhone以外にiPadやMacパソコン、AppleTVなどと簡単に写真の共有をおこなうことができる便利なサービスでもあります。, iPhone1台しか使っていない場合は、カメラロールの画像とフォトストリームの画像はほとんど同じになります。, iPhone端末で撮影した画像をWi-Fiネットワーク接続時に自動で、自身のiCloudへアップロードしてくれる設定です。, iCloudにアップロードすることにより、iPadやMacパソコンなど、自分が使っているすべてのデバイスから画像にアクセスできるようになります。, iCloudフォトライブラリの同期設定方法は、設定アイコンを開き、写真とカメラを選択します。, そして、1番上に表示されている「iCloudフォトライブラリ」をオンに設定します。, これにより、Wi-Fiネットワーク接続時に自動でiCloudフォトライブラリへ同期されるようになり、他の端末からも画像にアクセスできるようになります。, iphone x iOS Android Mac Windows 対応 カードリーダー データ転送 iOS Micro USB メモリ拡張 データ共有 | usbメモリ usbメモリー データ移行 sdカードリーダー マイクロsdカードリーダー microsdカードリーダー ipad データ保存 バックアップ スマホ アクセサリー, Wi-Fiネットワークに接続しない限りは、画像がフォトストリームに同期されることはありません。, 全てがテレビになる!ワイヤレステレビチューナーXIT AirBox lite「XIT-AIR50」を徹底レビュー, iPhone/iPadでテレビを見るならこれ!フルセグチューナー「XIT-STK200」を徹底レビュー, 低速通信500kbpsを条件に通信容量無制限の格安SIMと500kbpsできること, Wi-Fiルーターより優秀?ピクセラの格安SIMとUSBドングルで快適な通信環境が実現!. しかし使い勝手のいいオンラインストレージではあるため、おすすめです。iCloudの容量が埋まってしまったという方などはぜひ利用してみてください。, 次におすすめするのは、Googleが提供している「Googleドライブ」。こちらはオンラインストレージの中でも無料で使える容量が多いことで有名です。 iPhoneユーザーであれば、一番利用しやすい・使い勝手のいいオンラインストレージは「iCloud」でしょう。iCloudを用いて写真の整理をおこなうことも可能ですし、その他のオンラインストレージもiPhoneで利用できます。 iPhoneの写真を整理して使いやすくするために、iphoneのカメラロールを参照して、アルバムからフォルダ分け・移動や整理できる「写真」アプリの使い方をご紹介します。 HOME / 未分類 / iPhoneの写真をアルバムからフォルダ分け・移動や整理できる「写真」アプリの使い方. Wi-Fi環境がある方は、iCloudに自動的にバックアップを取ることも可能です。できる時にやっておきましょう。, 「カメラロールのどこを探しても、探している画像がない」という時があります。目的の写真が見つからない時の対処法としては、「時系列」や「保存日順」など表示順を変えるといった方法があります。 企業も利用しているサービスで、フォルダ分けなどの機能もあるので写真整理におすすめ。注意点として、無料だと2GBまでしか利用できないことがあげられます。 下記リンクでiCloudにアクセスすることができます。, 次に紹介するオンラインストレージのサービスは、Drop box。こちらも有名なオンラインストレージのサービス。写真データに限らず、音楽データや動画データなどさまざまなデータをアップロードすることができます。 利用したいコンビにのネットプリンとの詳細を確認し、大事な写真を印刷して手元に保管しておきましょう。コンビニでの印刷は、想像以上にきれいな仕上がりです。 iPhoneでもアルバムごとに写真を分けることができますが、パソコンでもフォルダごとに写真を整理整頓・管理することができます。容量を空ける対処法としても有効です。 容量あける対処法としても有効な手です。後程オンラインストレージの中でもおすすめのものを紹介いたします、ぜひご覧ください。, パソコンを持っておらず、オンラインストレージにデータを預けるのが不安だという方はiPhone本体で写真の整理をおこなうことができるでしょう。 上記画像の、指紋にも似た画像を見たことはありませんか?これがAir Dropの機能になります。灰色の状態だと、Air Dropの機能はオフになっていることになります。

Dropbox is a modern workspace designed to reduce busywork-so you can focus on the things that matter. 特にiPhoneによる設定で簡単にiCloudに写真をアップロードすることもできるので、iPhoneユーザーはまずiCloudを利用するのがおすすめです。 ストレージ容量を空けるにはこまめに不要な写真を確認し、消していくほかありませんが後程iPhone本体での整理方法もご紹介します。ぜひご覧ください。, パソコン、オンラインストレージ、iPhone本体それぞれで写真の管理をおこなうことができますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。