Twitterで時々「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」というメッセージが表示されることがありますよね。 見れないのなら仕方ないか…。と諦める方も多いかと思いますが、実は設定をすればツイートが表示されるようになります。

Twitterを使っているとたまに「センシティブな内容が含まれている可能性が含まれているため表示できません」というメッセージが出てくるのをご存知でしょうか。 なんだそれ?センシティブって?と、表示されない画像にイラついている人もいるかもしれません。 Twitterで時々、「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」があります。設定でセンシティブ(不適切)を解除してみました。設定が英語で書かれていたので戸惑いましたが、解除する方法について解説します。 [プライバシーとセキュリティ] の設定に移動します。 [画像/動画] セクションを見つけ、 [ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する] 横のチェックボックスをクリック … こうしたコンテンツをTwitter上で共有する場合は、アカウントをセンシティブな内容として設定する必要があります。 そうすることで、画像や動画の手前に警告メッセージが表示され、ユーザーが同意しない限りメディアは表示されなくなります。 京都マイラーです!今日は、Twitterのセンシティブなお話。「Twitter センシティブ 解除」「Twitter センシティブ 停止」などで検索される方が多いかと思います。この記事は、5分で「Twitterのセンシティブなツイートを解除 Twitterの自分のツイートが『不適切(センシティブ)な内容が含まれている可能性があるため表示できません。』と出てフォロワーさんに表示されない!いままでは表示されていたのになぜ?その原因と解消方法を実体験から書きました。 Twitterのセンシティブな内容のツイートが見たい。 だけど、どうやって解除するの?英語表記で分からない。 解除の仕方は簡単。これを読めばすぐにセンシティブなツイートを解除することができます。 2020年から始まるTwitterのツイートやRTに「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです。」と表示され、動画や画像が非表示になる事。その設定の仕方しだいでアカウント凍結の危険性もあることなどを記事としてまとめました。 Twitterの自分のツイートが『不適切(センシティブ)な内容が含まれている可能性があるため表示できません。』と出てフォロワーさんに表示されない!いままでは表示されていたのになぜ?その原因と解消方法を実体験から書きました。

センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 Twitterに「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示されたことはありませんか?あの意味や解除・変更方法は何のでしょうか?今回はこの『Twitterのセンシティブを変更・解除する設定方法』を解説していきます。 Twitterで時々「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」というメッセージが表示されることがありますよね。 見れないのなら仕方ないか…。と諦める方も多いかと思いますが、実は設定をすればツイートが表示されるようになります。 Twitterを利用している時「センシティブな内容が含まれるツイートです」と表示されて、一部のツイートが閲覧不可能になることがあります。ここでは、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを解除し、閲覧可能にする方法をスマホ・PCごとに紹介します。 注記: セーフサーチ設定では、センシティブな内容が含まれている可能性があるツイートやミュートまたはブロックしているアカウントを検索結果から除外できます。この設定を変更するには、twitter.comでアカウントにログインし、「 twitter.comでの検索 」の手順を行います。